小樽観光ならルタオは必ず行くべき!市内6店舗の限定スイーツなど徹底紹介

2019.05.03 更新

小樽へ行くならルタオは絶対外せません!ミルキーで滑らかな口どけのチーズケーキ「ドゥーブルフロマージュ」で有名なルタオは、小樽を中心に主に北海道内で店舗展開している洋菓子店。小樽の街中にはコンセプトの異なる店舗が6つあり、各店ごとに限定商品や絶品スイーツが多数!今回は6つの店舗の特徴と絶対食べたいメニューを徹底紹介します!

▲ルタオの人気NO.1スイーツ「ドゥーブルフロマージュ」(1,728円)

ルタオは正式には「小樽洋菓子舗ルタオ」といいます。もともとはチョコレートの製造卸をしていましたが、1998(平成10)年に小樽観光の中心地、メルヘン交差点に面した一等地に店舗をオープン。チョコレート作りで培った口どけのよさをチーズケーキに応用した「ドゥーブルフロマージュ」が爆発的な人気となり、“小樽のスイーツといえばルタオ”と言われるほどになりました。

2018(平成30)年に20周年を迎え、開店の地は現在も「小樽洋菓子舗ルタオ本店」として営業中。近隣には新たなコンセプトのお店が続々と誕生しています。
▲メルヘン交差点を起点に小樽運河方面へ続く堺町商店街。ルタオをはじめ、硝子工房店や土産物店などが軒を連ねます

小樽洋菓子舗ルタオ本店までは、徒歩でJRの南小樽駅から約7分、小樽駅からは約20分、小樽観光で有名な小樽運河からは歩いて10分強で行くことができます。ちなみに、南小樽駅と小樽駅は札幌駅や新千歳空港駅から発着する快速列車が停車するので、アクセスは便利ですよ。

それでは、小樽の街中にあるルタオ各店をご紹介します。

1.小樽スイーツの聖地「小樽洋菓子舗ルタオ本店」

▲洋風の大きな塔が印象的な「小樽洋菓子舗ルタオ本店」。館内は展望台(塔の上部)まで上がることができ、高い位置から小樽の観光スポットをガラス越しに見下ろせます

ルタオ元祖の店であり、基幹店でもある小樽洋菓子舗ルタオ本店(以下、本店)。1階では、作りたてのケーキや焼菓子などのほか同店限定商品を購入できます。2階は喫茶コーナーで、メルヘン交差点などを眺めながら絶品スイーツや紅茶などを楽しめます。
▲通路が広くゆとりがある1階店舗。日中から夕方にかけて買い物に訪れる人たちで賑わいます
▲店内の一角にある製造室で作られたケーキがショーケースに並びます
▲ショーケースに並ぶケーキと商品サンプル。手前中央はルタオ20周年記念スイーツの「ル コッタ」(1個1,944円)
▲本店限定販売のロールケーキ「ドゥ・フロマージュロール」(1本1,944円)

本店では、1階でお土産用に限定スイーツなどの品定めをしつつ、2階で絶品スイーツを楽しみましょう。
▲2階ではゆったり落ち着いてティーブレイクを楽しめます

本店の喫茶で人気NO.1は「奇跡の口どけセット」(1,404円)。
▲ルタオで大人気のケーキ「ドゥーブルフロマージュ」(左)と「ヴェネチア ランデヴー」(右)の2種類を楽しめるうえ、ドリンクもつきます

ドゥーブルフロマージュは、とろけるような食感のレアチーズケーキと、コクがあるベイクドチーズケーキが2層に重なったケーキ。ひと口食べると、まるで泡がシュワッと溶けるかのように口の中でとろけ、濃厚なミルクの風味とコクが広がります。
▲いただきま~す♪

ヴェネチア ランデヴーは、パイタルト生地にルタオ特製の生クリームとマスカルポーネチーズを合わせたクリーム生地を流して焼いた、チーズブリュレケーキ。ミルキーで濃厚なコクがありつつも軽やかな食感。バニラビーンズの風味がきいています。

添えられた生クリームを食べると、口の中でスーッと溶けてミルクの心地よい風味が舌の上に残り、すっきりとした味わい。ルタオ特製のこの生クリームは、低温殺菌で乳脂肪分42%におさえているため、豊かなミルクの風味がありつつもしつこさがありません。こってり感がないので、チーズケーキにピッタリ!
ドリンクは紅茶やコーヒー、オレンジジュースなどから選べますが、ここはこだわりの紅茶をセレクトするのがおすすめ。

本店限定の「カリヨンの音色」(アイスのみ)というアールグレイやピーチアプリコットなどをブレンドしたオリジナル紅茶か、「季節の紅茶」(ホットとアイスあり)があります。どちらもスリランカのヌワラ・エリヤ地方の茶葉を使用。セイロン紅茶にスイス産フレーバーをブレンドしたという、香り高いフレーバーティーです。
▲店内の一角には暖炉もありステキな雰囲気。優雅な気分に浸りながらティータイムを!

奇跡の口どけセットのほかに「ケーキセット」(972円)もあり、ルタオのケーキ数品の中から一つを紅茶やコーヒーなどとともに楽しめます。小樽観光で歩き疲れたらここでひと息入れつつ、絶品スイーツを堪能しましょう。

2.新感覚のスイーツデニッシュ店「フロマージュデニッシュ デニルタオ」

「フロマージュデニッシュ デニルタオ」は、2018年に本店向かいにオープンした、フロマージュデニッシュ専門店。
▲暖かい時季は店頭にテラス席もあり、心地よい空気に触れながら過ごせます
▲カフェスタイルのお店で、焼きたてのフロマージュデニッシュを店内で食べられます

フロマージュデニッシュ(1個297円)とは、北海道産クリームチーズとイタリア産マスカルポーネチーズを2層にしたミルキーチーズクリームを、デニッシュ生地で包み込んで焼いたもの。
▲デニッシュ生地は北海道産小麦と、白樺樹液と椿酵母で作った自家製天然酵母を使用

デニッシュのザクザクッとした心地よい食感と、チーズクリームの濃厚でとろけるような味わいが絶妙に絡み合います。
▲フロマージュデニッシュには、ミルキーながらすっきりとした味わいの「美瑛ミルク」(400円)が合います。セットだと680円とお得!

フロマージュデニッシュのほか、「クレームグラッセ」もぜひ味わうべし!北海道産のジャージー牛乳をたっぷりと使用したソフトクリームで、ミルク味の「ジャージーミルク」(360円)とチーズ味の「サンクフロマージュ」(390円)、双方をミックスした「マリアージュ」(390円)があります。
▲クレームグラッセの「サンクフロマージュ」(右)。とろける食感とチーズの濃厚な風味をこれでもかってほど楽しめます

チーズ尽くしのデニッシュ店。チーズ好きにはたまらないお店です。

3.チョコレートスイーツを堪能「ヌーベルバーグ ルタオ ショコラティエ 小樽本店」

チーズの次はチョコレート!
本店から堺町商店街を3分ほど小樽駅寄りに歩いたところにある、ルタオのチョコレートスイーツショップ「ヌーベルバーグ ルタオ ショコラティエ 小樽本店」です。
ルタオの原点はチョコレートカンパニー。長年培ってきたノウハウを活かし、見た目が美しく味も絶品なチョコレートの数々を買うことができるほか、ショコラティエによる作りたてのチョコレートスイーツを味わうことができます。
店内にカフェはありませんが、イートイン用に椅子とテーブルが数席分あります。
お土産におすすめなのは、この店限定のケーキ「アデル」(2,160円)と、ハードタイプのチョコレート「サンテリアン」(1個540円)。
▲ダークチョコレートムースの上に、濃さの違う2種類のミルクチョコレートを重ねた「アデル」。芳醇なカカオの香りを楽しめます
▲チョコレートの上にドライフルーツやナッツなどがあしらわれた「サンテリアン」。「クランベリー×フランボワーズ×いちご」(中央ピンク色)など全6種類

作りたてのチョコレートスイーツでは「プティショコラクレープ」(300円、フランボワーズソース入り330円)が必食!
▲オーダーが入ってから目の前で焼いてくれます
▲ルタオ特製チョコクレープ生地に、チョコレートのダイスを散らして熱します
▲とろっと溶けたところへフランボワーズソースをササッと

チョコレートの甘い味わいとフランボワーズの酸味を、コクがありカカオの香りをたっぷり感じるクレープ生地がビシッとしめます。なかなか絶妙なバランス。シンプルなクレープながら味わい深く食べごたえがあります。
▲街歩きしながらでも食べやすいサイズで提供(皿は撮影用、イートインの時も皿はつきません)

クレープのほかに、この店限定のチョコレートソフト「クレームグラッセ」もおすすめ!とてつもなく濃厚なカカオにルタオ特製の口どけのよい生クリームを合わせたオリジナルソフトクリームで、カカオの芳醇な香りとミルキーさを感じつつもすっきりと味わえます。
▲クレームグラッセの「ル ショコラ」(420円)とチーズ味とのミックス「マリアージュショコラ」(420円)。このほかチーズ味の「サンクフロマージュ」(390円)もあります

ルタオ伝統の技と味が活きたチョコレートの数々。これは絶対食べるべき!

4.お土産選びや食事もここで!ルタオ最大級のショップ「ルタオ パトス」

4軒目は、「ヌーベルバーグ ルタオ ショコラティエ 小樽本店」の向かいにある「ルタオ パトス」。1階はドゥーブルフロマージュをはじめ、ルタオの人気商品の数々が並ぶスイーツショップ、2階は広々としたカフェで、スイーツのほかパスタやスープカレーなど食事もいただけます。
▲ルタオ パトスはルタオ各店の中で最大級の大きさ

特におすすめは、1階で販売しているテイクアウト用の「ミニ ヴェネチア ランデヴー」(1個350円)。ちょっとだけ食べてみたいという人や散策ついでに軽く食べたいという人にピッタリです。
▲その場で表面を焼き上げるルタオ パトスの「ミニ ヴェネチア ランデヴー」

5.できたてスイーツを手軽に楽しめる「ルタオ プラス」

5軒目は、「ルタオ パトス」の隣にある「ルタオ プラス」。ルタオの人気商品の買い物とともに、オリジナルソフトクリームや限定のできたてスイーツを楽しめるテイクアウト専門店です。
▲天気が良い日は店頭のカフェチェアに座って食べても気持ちが良い

この店の一押しスイーツは「ふわふわスフレオムレット」(1個350円)。ちょうどよい食べきりサイズなので、おやつにピッタリ!
▲ふわふわなスフレ生地に4種類のチーズとイチゴをトッピング。中にはルタオ特製生クリームを練りこんだカスタードクリームがたっぷり

6.小樽駅前、アクセス便利な「エキモ ルタオ」

小樽観光でゆっくり見て回る時間がなくなった、という人は「エキモ ルタオ」へ行ってみましょう。小樽駅前なので、列車の時間を気にしつつも焦ることなく買い物を楽しめます。
▲小樽駅まで歩いて約1分。アクセス便利なエキモ ルタオ

ドゥーブルフロマージュをはじめルタオの人気商品を購入できます。売れ筋は、お土産や贈答品にピッタリな焼き菓子の詰め合わせ。数種類あるうち、「ルタオデリスL」(5,000円)は数多くの焼き菓子が入っているため特に人気があります。
▲チーズ味のフィナンシェ「パルミジャーニー」(中央手前)、「ガレルタオ」(左右手前4種)、手のひらサイズのパイ「陽気の花」(中央奥)などが入った「ルタオデリスL」
小樽市内にあるルタオの6店舗、みなさんはどこがお好みでしたか?それぞれ特徴が異なるので、いっそ限定スイーツを食べ歩きして全店制覇してみては?スイーツは別腹!さあ、ルタオ巡りにレッツGO!

※本記事に記載している料金はすべて税込です。
川島信広

川島信広

トラベルライター・温泉ソムリエ・イベントオーガナイザー/横浜市出身、札幌市在住。北海道内の全市町村を趣味で訪ね歩くうちに北海道の魔力に惹かれ、都内での雑誌の企画営業と執筆業務を経て北海道へ移住し独立。紙媒体やweb媒体などで主に観光や旅行、地域活性をテーマにした取材執筆と企画・編集を手がける。スイーツ好きの乗り鉄、日光湿疹と闘う露天風呂好き。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP