群馬「八王子山公園」で美しい芝桜に癒される!2019年の見頃や芝桜まつり情報は?

2019.04.16 更新

群馬県太田市にある「八王子山公園(太田市北部運動公園)」。約18.07haもの広さを誇るこの公園で、毎年4月上旬~5月上旬に「おおた芝桜まつり」が開催されます。公園東側の「見晴らしの丘」では、約50万本の芝桜が咲き誇るほか、公園西側でもネモフィラやポピーなどの美しい花々が楽しめます。冬は150万球の電飾で園内を彩るイベントも開催。今回は、綺麗な花を楽しめる公園についてご紹介します。

50万本の芝桜は壮観!群馬の隠れた名所「八王子山公園」

「八王子山公園」は、群馬県太田市の北部に位置する公園です。北関東自動車道・太田藪塚ICから約20分の場所にあるこの公園は、約18.07haの広大な敷地に、丘陵を活かした全長37mの滑り台やジョギングコース、ピクニック広場なども備わり、アクティブな休日を過ごしたい方におすすめです。
▲公園東エリア南東にある「ピクニックの丘」では、人工芝で作られた滑り台で“芝すべり”が体験できます。全長37m(滑走部分30m)、傾斜20度のスリリングな体験ができます

また、シーズンごとに公園内の至る所で咲く、さまざまな花も見どころのひとつ。特におすすめは、公園の東側(2.4ha)に咲く約50万本の芝桜です。毎年4月上旬~5月上旬の見頃の時期には「おおた芝桜まつり」も開催されます。
▲芝桜まつりのメイン会場は、公園東側の「見晴らしの丘」エリア。広大な敷地に、薄いピンク、濃いピンク、そして白の芝桜が波形を描くように植えられています
▲少し角度を変えて。一面に広がる美しい芝桜の絨毯に、見ているだけで癒されますね
▲天気の良い日は空の青と芝桜のピンクのコントラストも美しい
▲昼間だけでなく夕日に染まった景色もおすすめです
▲近づいてみると、5つの花弁に分かれていて小さな桜のよう。この花弁が何枚も重なることで、美しい花の絨毯を創り出しているのです
▲広大な公園なので、園内マップを事前にチェックしておくのがおすすめです!

「芝桜まつり」はグルメやダンスイベントも必見!

2019年の「おおた芝桜まつり」は、4月5日(金)~5月6日(月・振休)に開催。芝桜の美しい景観はもちろんですが、野外ステージが設けられた中央広場にも注目です。特にゴールデンウィーク期間は、プロ・アマを問わずダンスを披露する「ドリーム・ダンスフェスタ」(4月27日)、太田市が手掛ける「青空マルシェ」(4月28日)、「子どもの日ヒーローショー」(5月5日)などさまざまなイベントが目白押しです。
▲4月29日(月)には「フラダンスフェスティバル」も開催。会場が一挙に南国ムードに包まれます

美しい芝桜や各種ショーを楽しみながら、グルメを堪能するのもお祭りの醍醐味ですよね。
▲お祭りの期間中には、園内にたくさんの出店が並びます
▲「芝桜まつり」に訪れたらぜひ食べてほしいのが、地元の名物「上州太田焼そば」です
▲お祭りの期間中、「中央広場」には鯉のぼりも勢ぞろい。色鮮やかな鯉のぼりが一斉に大空に向かって泳ぐ姿は芸術的です ※強風の際は中止

こちらも注目!鮮やかなブルーカラーが美しい「ネモフィラ」や「ポピー」の咲く丘

公園の西側に広がる「憩いの丘」。ここには東側の芝桜と対比するようにネモフィラ(4月中旬~5月)、ポピー(4月中旬~5月上旬)、菜の花(4月中旬~4月下旬)などのお花が植えられています。
▲約2.2haの敷地いっぱいにネモフィラが咲く「憩いの丘」。青空をバックに写真に収めると、まるで広大に広がる空と海のような美しい風景が撮れますよ
▲ネモフィラは、和名を瑠璃唐草(るりからくさ)と言います。中心が白く、花弁に鮮やかなブルーを纏う美しいお花です
▲ネモフィラの隣にはアイスランドポピーも。黄色、オレンジ、白などの鮮やかなビタミンカラーに、見ているだけで元気をもらえそうですね

それ以外にも、4月初旬には約300本の桜が咲く「花見の丘」、5月には約3,000本のツツジが咲く「ツツジの丘」など、たくさんの見どころがある「八王子山公園」。ここは、知る人ぞ知る群馬の花の名所のひとつと言えるでしょう。

冬は幻想的なイルミネーションに包まれる

「八王子山公園」の魅力は花だけではありません!なんと冬季にも大人気のイベントが開催されます。それが中央広場を中心に園内を150万球の電飾で園内を彩った「おおたイルミネーション」(毎年11月中旬~1月中旬開催)。入場無料というのも嬉しいですね。
▲中央広場を中心に、150万球の電飾で彩られています
▲イルミネーションは本格的!園内各所にフォトスポットが満載です

芝桜をはじめとした美しい花々は、見ているだけでもリラックスできます。その景観に癒されるのもよし、せっかくなら思いっきりダンスイベントを満喫したり、芝すべりでストレス発散するものよいでしょう。「八王子山公園」は、春は豊かな自然の中に咲く花々を楽しむことができ、冬は幻想的なイルミネーションを見られるなど、さまざまな魅力にあふれたスポット。まずは「おおた芝桜まつり」の期間中に、カメラを片手にお出かけしてみてはいかがでしょうか。
※記事中の写真は2017年以前のものです。
takeko

takeko

普段はIT系ディレクター、時々ライター。趣味は美味しいお店開拓(でも方向音痴で、いつも目的地に着くまで一苦労)。学生時代は一人海外旅行が大好きで、現地ですぐ友達を作っちゃうタイプでした。社会人になり、全国各地へ出張に行く度に、その土地の美味しいグルメと人に会う楽しみを覚え、現在も休みがあればどこかしらに旅に出ます。最近のブームは日本酒。いつかマイボトル酒が作りたい!と思う30代女子です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP