福井「レインボーライン山頂公園」は日本海から神秘の湖まで360度絶景に囲まれた場所だった

2019.07.06 更新

福井県美浜町と若狭町にまたがる観光名所「三方五湖(みかたごこ)」。その美しい景色が一望できる「レインボーライン山頂公園」は、2018年7月に全面リニューアルし、カップルからファミリー、おひとりさまもゆったりとした時間を過ごせる空間が誕生しました。今回は三方五湖の大パノラマとともに、その全貌をご紹介します!

360度まるごと絶景が見えるのは全国でここだけ!

舞鶴若狭自動車道・若狭三方ICから車で約15分、日向(ひるが)料金所に到着しました。三方五湖が一望できる「レインボーライン山頂公園」は、全長11.24kmの「三方五湖有料道路(レインボーライン)」を通り、梅丈岳(ばいじょうだけ)の山麓を登った場所にあります。
▲通行料金は普通自動車で1,040円。若狭町側にある「海山料金所」からも通行できます

料金所から約5分で、駐車場に到着。ここからケーブルカー、もしくはリフトでさらに登っていきます。
行きはリフトをチョイス(小学生以上)。入園料(高校生以上800円、6歳~中学生600円※リフト・ケーブル往復乗車料含む)を支払い、早速乗り込みます!
▲スキー場のリフトのよう

ちょっとスリリングな一人乗りリフト。カタンカタンと登っていくにつれ、真っ青な日本海が少しずつ現れてきました!
▲リフトは1日4,000人近く利用することもあるそう

ちなみにケーブルカーは30名乗り。車内には“幸せをつかむ”ハートのつり革があるので要チェックです。
▲ケーブルカーに一つだけある「ハートのつり革」

リフト、ケーブルカーともに約2分で山頂公園に到着。ここからは日本海や三方五湖、越前岬、敦賀半島、白山や三十三間山も見渡せるそう。絶景を楽しめる施設は沢山ありますが、360度ぐるっと大パノラマを堪能できる場所は全国でもここぐらいだといわれています。期待が高まってきました!
▲リフト乗り場の近くにはレインボーラインにちなんでレインボーの傘が設置。急な雨や日差しが強い時など、自由に使えます
▲カラフルな傘が景色に映えますね

ところで「三方五湖」ってどんな湖?

早速散策……の前に、「三方五湖」について簡単におさらいしましょう。
福井県内でも有数の観光名所である「三方五湖」は、「三方湖(みかたこ)」「水月湖(すいげつこ)」「菅湖(すがこ)」「久々子湖(くぐしこ)」「日向湖(ひるがこ)」の5つの湖の総称です。

湖によって水質(塩分濃度)が異なり、水深も約2m~38mとさまざま。5つの湖がすべて濃さの違う青色に見えることから「五色の湖」とも呼ばれる神秘の湖なのです。
▲淡水、海水、汽水(淡水と海水が混じった状態)によって湖面の色が微妙に異なります

2005年11月には「ラムサール条約湿地」に認定。水鳥をはじめ、海水や淡水に適応したさまざまな生き物が生息しています。
▲三方五湖でもっとも大きな「水月湖」

360度絶景ポイントで堪能する「天空の足湯」

まずは東の展望台に到着。カウンターテラスからは5つの湖が一度にすべて見渡せます。圧倒的な開放感!風も感じて気持ちがいいです。
▲写真におさめ切れないほどパノラマな景色

さらに、こちらの展望台に2018年3月に誕生したのが、「絶景 天空の足湯」。足湯から眺める絶景が評価され、外国人審査員が国際的な視点で日本文化をたたえる「クールジャパンアワード2019」も受賞しました。
絶景と足湯、なんて素晴らしい取り合わせなのでしょう!ほっこり足湯につかりながら眺める景色は格別です。
▲湯加減バッチリ!ずっとこうしていたい~
▲足拭き用のタオルや靴下の上からはいて足湯に入れるビニールソックスもその場で購入可能。手ぶらで来ても大丈夫です

湖だけでなく、海の景色も最高!日本海側にあるウッドデッキテラスにもゆったりとしたソファとテーブルが設置されています。
▲一度座ると離れられなくなるほど居心地がいいんです

絶景のおともに!全部食べたくなるオリジナルメニュー

園内には山麓の第一駐車場にある「レインボーカフェ」と山頂にある「山頂カフェなないろ」「和風カフェ 五湖庵」の3つのカフェがあります。それぞれ地元の食材を使用したオリジナルメニューや季節限定メニューが充実。いくつかご紹介しましょう!
▲「山頂カフェなないろ」ではドリンクやソフトクリームなどを販売

三方五湖の湖の色の変化を表現したという「レインボーブルーティー」(350円)は、一見何の変哲もない青色のハーブティーなのですが……。
▲レモンを入れると……
▲この通り、青からきれいな紫色に!すっきりさわやかなハーブティーです
▲若狭地方名物の梅を使った「青梅ソフト」(350円)も大人気。バニラベースの濃厚な味のなかにも梅のさっぱりした風味が感じられます

山麓(駐車場側)にある「レインボーカフェ」は、焼きたてパンやサンドイッチ、オリジナルキッシュなどランチメニューも充実。
▲テイクアウトもできる「レインボーカフェ」

こちらでは、大人気の「にじランチ」(1,200円)をチョイス。ホットサンドイッチ数種類のなかから選び、好みのランチボックスを注文できます。
▲山頂に上がる前に注文すると、ランチボックスにつめてくれます
▲ソースカツのサンドイッチ、ポテトフライ、梅のチーズタルトとドリンクのセットにしました
足湯に入りながらソフトクリームを食べたり、カウンターテラスやウッドデッキテラスでランチをいただいたり……。この絶景がさらに美味しさを引き立てます!
▲2時間くらい足湯でのんびりしている人もいるそう。その気持ちわかるなぁ

愛を確かめ合う「恋人の聖地」

山頂公園は2006年7月にプロポーズにふさわしいロマンチックな場所「恋人の聖地」として認定されたことから、実は恋のパワースポットとしても有名です。

公園内にある「和合(わごう)神社」は、南と北の両側から一つの社を同時にお参りすることができる、全国でも珍しい神社。男女・夫婦・親子・恋人など多くの人の縁を結びます。
▲両側から参拝できる珍しい神社です

和合神社にお参りした後は、すぐそばにある「幸せの鐘」を鳴らすのを忘れずに。実際にこの日も多くのカップルが鐘を鳴らしていました。
▲スタッフの方いわく、縁結びを願って一人で鳴らすのもあり!とのこと

山頂公園をもっと楽しもう!

山頂公園はまだまだ見どころがたくさんあります。例えばこちらは、美浜町出身の演歌歌手、五木ひろしさんの功績を称えてつくられた舞台「五木の園」。
彼の代表曲の一つ「ふるさと」の歌碑があり、ボタンを押すと三方五湖の絶景に歌が響き渡る仕掛けになっています。
▲ポチッと押してみてください。いい歌なんですよ~

そして、このあたりで願い事を叶えてくれる天狗伝説にちなんだ「かわらけ投げ」。「かわらけ」というお皿に願い事を書き、成就を願って湖の方向に投げます。
▲こちらが「かわらけ」(1枚100円)。商売繁盛、家内安全、入試合格、良縁成就などさまざまな願いを書き入れます
▲「えいっ!」と遠くへ!投げた「かわらけ」は自然にかえるのでご安心を

さらに山頂公園には三方五湖にちなんで5つの花園があり、例年5~6月と10~11月は色とりどりの鮮やかなバラが咲き誇ります。
▲それぞれの花園には三方五湖の名前がつけられています

バラの数はなんと110種・600株。毎年開花のシーズン中は、園内のカフェでバラにちなんだスイーツメニューも登場するそうですよ!
▲バラのいい香りが園内に漂います

お子さんが楽しめるスポットも盛りだくさん!
▲ハンモックがあれば、寝転びますよね
▲地元に伝わる民話「大名だぬき角兵ヱ」のモニュメント。なかに入って記念撮影もできます!

福井にちなんだお土産が充実

山頂で充分楽しんだら再び日本海の景色を眺めながら山麓方面へ。最後は旅の思い出にお土産を選びましょう!

「レインボーショップ にじいろ」はメイドイン福井をテーマにした商品がラインナップ。「羽二重餅」や「越前和紙」といった定番の福井名物から、三方五湖のある若狭町・美浜町のお土産まで充実しています。
▲福井県内のお土産が揃っている「レインボーショップ にじいろ」

若狭町特産の梅干しはほんのり甘めからしっかり酸味のあるものなど、種類が豊富。
▲「福梅ぼし」(各480円)は、うす塩・しそ漬け・はちみつの3種類

美浜町といえば、鯖を塩と糠で漬けた発酵食品「へしこ」が人気!切り身になっているものもあるので、おすそ分けにも便利です。
▲美浜町名物「へしこ」(1本1,300円)

気温や天気によって、その姿を変える三方五湖。「山頂から見る景色は、365日違って見えるんです」とスタッフの方が言っていたのが印象的でした。絶景を眼下にのぞみながら、たまには時間を忘れてのんびりしてみるのはいかがですか?
※記事内の料金はすべて税込。各カフェのメニューは変更する場合があります
石原藍

石原藍

ローカルライター。 大阪、東京、名古屋と都市部での暮らしを経て、現在は縁もゆかりもない「福井」での生活を満喫中。「興味のあることは何でもやり、面白そうな人にはどこにでも会いに行く」をモットーに、自然にやさしく、心地よい生き方、働き方を模索しています。趣味はキャンプと切り絵と古民家観察。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP