京都・るり渓温泉「GRAX」でグランピング!準備いらずの贅沢BBQ&温泉で極上のリラックスタイム

2019.07.07 更新

京都府の中部・南丹市の「るり渓温泉」にあるグランピング施設「GRAX PREMIUM CAMP RESORT 京都 るり渓」(以下、GRAX)。京都市内から車で約1時間とアクセスがよく、気軽に贅沢グランピング体験ができると評判です。その様子をレポートすべく、さっそく行ってきました!

▲「シュラスコ」や「ジャンバラヤ」などのメニューが味わえるスペシャルプランの料理

自然のリズムに合わせて過ごす、贅沢なキャンプタイム!

るり渓は、京都市街地へと向かう大堰川(おおいがわ)支流や園部川が流れる全長4kmの渓谷で、国の名勝や府立自然公園にも指定されている緑豊かなスポットです。
京都市内から国道9号線、京都縦貫道路を経由して約1時間。るり渓温泉の敷地内にあり、2016年にオープンした「GRAX」に到着です。関西エリアでも有数の人気を誇り、土・日曜、祝日や夏休みなどは予約でいっぱいになるほどのグランピング施設です。
広大な敷地にはグランピングテントからバンガロー、トレーラーハウスまで46のグランピングサイトを有しています。
施設に到着したのは14:00過ぎ。チェックイン開始は14:00からなので、すでに駐車場には何台もの車が到着していました。

いったん外の駐車場に車を停め、「センターハウス」でチェックインします。チェックイン時に施設の利用方法などの簡単なレクチャーを受けたら、食器や調理器具、食材等を受け取ります。
▲トマト、きゅうり、ピーマン、ズッキーニのほか、新たまねぎやきのこ類など新鮮な野菜が棚に並ぶ

センターハウスには「野菜マルシェ」があり、地元産の新鮮野菜をはじめとしたさまざまな野菜が並べられています。こちらの野菜はなんと食べ放題!グリルで焼いたりサラダにしたりと、思う存分食べられるのが嬉しいですね!
チェックインの際、夕食メニューのレシピ&マニュアルも合せて受け取ります。調理に必要な野菜が書いてあるので、レシピを見ながら野菜を集めていきます。もちろんレシピにない野菜もBBQグリルで焼いてOKなので、気になる野菜はどんどんカゴに詰めてキャンプサイトまで運びましょう。
▲食器・調理器具完備なので、手ぶらで行ってOK。箱の中にひとまとめになっていて便利!
BBQグリル用の燃料も用意されており、運びやすくバケツにセットされています。また、各キャンプサイトはマイカーを横づけできるようになっているので、その他の荷物と一緒にマイカーに乗せて運べます。(※ルミエールキャビンサイトは車の乗り入れは不可)
なお、夕食材や調理器具の受け取りは17:30までなので、時間までに受け取りに行ってください。

ふわふわのカーペットに、快適ベッドやソファ……贅沢テントでくつろいで

荷物を降ろしたら、まずはテントに入ってひと休み。
GRAXのキャンプサイトは対応人数などにより設備や広さが異なりますが、今回利用したのは「GLAMPING TENT HOBBIES(グランピングテントホビーズ)」。2つのセミダブルベッドやハンモックがある定員4名のタイプです。
テントの中は、天井が高いからか入口から見るよりも広く感じます。自然光を透過するコットンテントなので、程よい明るさです。ふわふわのカーペットにソファやリビングテーブルが置かれていてとっても快適。ごろごろしながらゆったりくつろげそう。

電源も確保されているので、冷蔵庫や扇風機、ヒーターなどの電化製品を使用できるのも嬉しいですね。さっそく電気ポットでお湯を沸かして、コーヒータイムを楽しみました。
▲森の風を感じるハンモック。読書をしたり、夜には星空を眺めてのんびり

今回宿泊したタイプ以外にも別タイプのテントやコテージが全部で7種類。グループの人数や一緒に行く人によってピッタリの施設を選んでください。
こちらは「CAMPING JUNIOR SUITE(キャンピングジュニアスイート)」。
シングルベッドが4台にハンモック、室内にはキッズテントも。ファミリーにピッタリの定員6名タイプです。
「TRAILER HOUSE(トレーラーハウス)」はその名の通りキャンピングカーの居住空間に宿泊するタイプ。ダブルベッド1台・2段ベッド1台が設置されています。こちらは定員4名です。

いよいよ豪華BBQの調理スタート!

テントでのリラックスタイムが一段落したら、そろそろ16:00。それではいよいよ料理に取り掛かりましょう!
▲「GRAX SPECIAL BBQ PLAN」の夕食食材※4人前(GLAMPING TENT HOBBIES利用、2食付4名1室時1名税別9,700円~20,200円。ドリンク類は別途)

今回の宿泊プランは、通常のBBQよりもグレードアップした豪華なメニューが味わえる「GRAX SPECIAL BBQ PLAN」。メインはドーンと置かれた「牛イチボのシュラスコ」。他にも「スパイシージャンバラヤ」に「豚バラステーキ」、「野菜マルシェのダッチオーブンのバーニャカウダ」などなど豪快な料理がいっぱいです。

また、先に紹介したセンターハウスでは、地ビール(税込650円~)や肉料理に合う赤白のワイン(税込1,500円~)などの販売もありますので、お酒好きの方は料理に合わせて美味しいお酒を選んでください。
▲ジャンバラヤやバーニャカウダ用の野菜をカット
BBQグリルの火起こしはとっても楽チン。着火剤の上に木片を並べ、その上に炭をピラミッド状に重ねていきます。着火剤に火をつければ、あとは炭が燃えるまで待つだけ。約20分ほどで炭が白くなり、肉を焼く準備が整います。
火起こしや調理はチェックイン時に受け取ったレシピ&マニュアルを見ながらできるので簡単です。
こちらは野菜たっぷりのジャンバラヤ。チキンソテーやソーセージが入ってボリューム満点!レシピ本を見ながらだったので、30分ほどの準備で作ることができました。
そうこうしている間にイイ感じに炭が仕上がってきました!グリルの片側に炭を寄せて、強火・中火・弱火のゾーンを作れば肉を焼く準備は完了です。
まずは豚バラステーキから焼きました。
肉類は真空パックに入っているので清潔で安全。下味もつけられているので焼くだけでOK。こういう配慮もポイントが高いですね。
強火で両面に焼き色を付けたら、弱火ゾーンに移し、フタをして待つこと約20分。
満を持してフタを開けると……
「うぉぉぉ~!!ウマそー!!」

カメラマンも思わず叫ぶほどいい具合に焼けていますね!グリルから取り出して、カットしていきましょう。
カットした肉にタイムなどのハーブを散らして豚バラステーキの完成!
いかがでしょうか……この肉のツヤ、弾力感。写真からもよい香りが漂ってきそうです。
あまりに美味しそうなので、ちょっと一口つまみ食い。ほどよく脂が落ちた豚バラ肉は、凝縮した旨みが口の中に広がります。脂身のカリっとした食感も◎です。
続いてはメインディッシュの「牛イチボのシュラスコ」です。豚バラステーキと同様、強火ゾーンで焼き色を付けていきます。
▲まな板にのせるとかなりのボリューム感
シュラスコは、火が通った表面の肉をナイフで削って食べる南米の料理です。かなりボリューミーな塊肉なので、何度も焼いては削ってを繰り返していきます。
シュラスコがよい感じに焼けた頃、ジャンバラヤとバーニャカウダも完成。
火起こしとグリル、ジャンバラヤ、野菜のバーニャカウダと料理をそれぞれ分担したので、効率よく作ることができました。
出来上がった料理をテーブルに並べます。なかなか壮観ですね~!食いしん坊のメンバーたちも大満足なボリューム感です。
▲今回は肉料理に合わせて赤ワインをチョイス。ワイングラスはもちろん無料で貸出
▲「お疲れ様でした~。カンパーイ!」
野菜のバーニャカウダは、水を張ったダッチオーブンに野菜を並べて蒸し焼きに。一緒に温めたソースにディップして味わいます。ソースにはフランスパンをつけて食べても美味しいですよ!
シュラスコは最初のうちは削って食べていたのですが、だんだん肉が串から抜けてきたので、グリルでフタをして焼いてみました。
ナイフを入れたら見事なピンク色!塩とコショウでシンプルに味わいましたが、とっても柔らかくて肉の旨みをダイレクトに感じることができました。
野菜とチキンの旨みが米にしみ込んだジャンバラヤも絶品。スパイスのいい香りが食欲を刺激します。カットしたライムを搾ると、また違った味わいを楽しむことができます。
最後はデザートの焼きパイン。その名の通り串に刺さったパインをグリルで焼いたシンプルなデザートです。
グリルの強火ゾーンで焼いて、焼けたところからシュラスコ同様に削って食べます。最初はどんな味かイメージできませんでしたが、一口食べて納得。焼くことで甘みや酸味がギュッと濃縮して口の中に広がります。
パインは消化酵素を含んでいるので、肉料理の後には最適なデザートですね。

……というわけで、お腹いっぱい大満足!ごちそうさまでした!

そして、食事の後のおかたづけ……洗い物が大変そうだなぁと思った方、ご安心を。食器や調理器具は洗わずに専用の袋に入れてセンターハウスに返却すればOKと、とっても楽チン!その際に、翌朝の朝食用の食器・調理器具を受け取ってください。
ちなみに夕食用の器具返却と朝食用器具の受け取りは21:30までなので、忘れずに行ってくださいね!

食事のあとは、温泉&夜のお楽しみがいろいろ

夕方から準備して、食事が終わるのがだいたい20:00~21:00頃。いつしか日も落ちて、静かな夜が訪れます。天気のいい日は、そのままテント周辺で星空を眺めるのもいいですが、るり渓温泉の敷地内には長い夜を過ごす色々な施設があるのです。
▲大浴場の入浴時間は7:00~24:00 ※最終受付23:30

キャンプサイトから徒歩数分の場所には「るり渓温泉本館」があり、GRAX宿泊者は2日間無料で利用することができます。大浴場のほかに、水着で入る露天風呂やプール、サウナなどを楽しむことができます。
るり渓温泉本館内に2017(平成29)年にできた「ランタンテラス」もオススメのリラックススポット。いたる所にソファーが置かれ、半個室ブースやふかふかのカーペットエリアなど、くつろぎスペースが充実しています。マンガを含む2万冊を超える書籍が読み放題で、なんと岩盤浴も楽しめるんです。GRAX宿泊者は通常料金より700円引きで利用することができます。
2018年10月にオープンした「シナスタジアヒルズ」もぜひチェックして欲しいスポット。るり渓温泉の敷地内にある一帯を美しいイルミネーションでライトアップした施設です。
“シナスタジア(共感覚)”をコンセプトにした、9つの光の演出が美しいイルミネーションは、見る人を幻想的な光で包んでくれます。中でも、2019年3月に追加された上空に色とりどりのオーロラを映し出す「オーロラエクスペリエンス」は感動的です。
▲消灯(クワイエットアワー)は22:00

温泉やイルミネーションを楽しんだ後は、ふかふかのベッドでお休みタイム。風にそよぐ木々や虫の声を聞きながら眠る夜は、心の底から安らぎを感じられますよ。翌朝は、ホットサンドやサラダ、スムージーなどの朝食が待っています。

京都の奥座敷で、豊かな自然に囲まれて楽しむグランピング体験。わずらわしい準備から解放された、贅沢な時間を過ごしてみませんか。
妙加谷 修久

妙加谷 修久

京都市在住の旅行系ライター兼ディレクター。全国各地に足を運び、旨いモノを食べ、温泉に浸かる日々。ここ京都を中心に、知っているようで知らない「日本のイイトコロ」を紹介します。日本酒好きが高じて利き酒師の資格を取得しました。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP