海・川・湖で水遊び 関東近郊 特別なランチ付きプラン

住民幸福度No. 1! 宮崎県のど真ん中「新富町」でしかできない8つのこと

2020.07.01 更新

温暖な気候で平均気温17度。気温、日照時間ともに全国3位、快晴日数は全国2位! “日本のひなた”と称する宮崎県は、2019年都道府県『幸福度』ランキングで、堂々の第1位になっています。そのほぼ真ん中に位置する新富(しんとみ)町は、宮崎空港から車や電車で約40分という、アクセスの良さ。豊かな自然と食と人情に触れ、心と体をリセットできる新富町の8つの魅力をご紹介します。

<1>早起きの価値アリな夏の感動体験。アカウミガメに出会えるかも!

▲美しい砂浜が続く富田浜海岸

太平洋に面した約5kmにわたる美しい砂浜、富田浜(とんだはま)海岸。ここは全国でも有数のアカウミガメの産卵地になっています。ゴールデンウィーク前後から親ガメが産卵に訪れ、野生動物研究会の方々が調査を行います。7月下旬頃からふ化が始まり、10月頃まで続きます。

波打ち際など、産卵場所によって自然ふ化が難しいと判断されたごく一部のもの以外は、自然ふ化で海に帰すことを目指します。産卵場所はネットを被せて、他の動物に卵を掘り起こされないよう、毎日のようにボランティアスタッフが見守りと保護活動をしています。
▲早朝、懸命に海を目指して進む子ガメたち

ふ化した子ガメは夜のうちに砂の中から地上へ。鳥や大きな魚に狙われないよう明るくなる前から海へ向かって進みます。小さな体で一歩一歩懸命に海へ向かう姿はとても感動的!
自然の営みなので出会えない日もあるかもしれませんが、早起きは三文の徳。町の中心地から車で5分程度なので、ぜひ早朝に富田浜へ。本能につかさどられた神秘的な子ガメたちの行進に出会えます。もし出会えなくても、水平線から登る美しい日の出を拝めば、1日をハッピーな気分で過ごせること間違いなし!見に行く際は、野生動物保護のため、カメに触れることはできませんので十分にご配慮を。

アカウミガメに出会えた時は、生命の神秘を感じながら保護活動をそっと見守ってくださいね。

<2>富田浜の波打ち際を馬が疾走!? 入江ではレガッタ体験も

▲川が流れ込まない富田浜の海岸は、ビーチライディングに最適の場所

アカウミガメがやってくる時期を避けた11~3月。富田浜では時々、ウエスタンスタイルの乗馬を楽しむ人たちの姿が見られます。波打ち際を駆け、水しぶきを上げる馬はもちろん、手綱を持つ人たちも最高に気持ち良さそう。直線の砂浜が延々と続く富田浜は、南九州ナンバーワンとの呼び声も高く、ビーチライディングにぴったり! 乗馬をしなくても、早朝に美しい砂浜をジョギングするだけで爽快な気分が味わえます。
▲入江につくられた富田浜漕艇場

松林を挟んで広がる、全長3kmにもおよぶ入江。ここは県内有数のレガッタやカヌーができる富田浜漕艇場です。すぐそばの『民宿 初音』に選手たちが寝泊まりし、合宿や大会が行われることもしばしば。
あらかじめ申し込みをすると、1人乗り『レガッタ』を体験することができます。ちょっと珍しいスポーツにあなたもチャレンジしてみませんか。
▲レガッタ体験は初心者OK! バランスをとる練習からスタートします

<3>観音山公園の朝日とミニ八十八ヶ所参りで幸福度さらにアップ!

新富町鬼付女(きずくめ)地区には、山一帯が公園になっている観音山(かんのんやま)という小高い場所があります。登ると絶景が見られるということで早朝に行ってみると、駐車場が完備された登り口には記念碑と、石像が並んでいます。
▲観音山公園の登り口には、四国八十八ヶ所と西国三十三所の記念碑があります

農作物の不作や疫病の流行に困った住民たち。大正12年、信仰厚い旧富田村の人々によって大師像88体、観音像33体がこの小さな山に設置されました。これは四国八十八箇所、西国三十三箇所を模したもので、遠くに行かなくてもここの石像を拝みながらコンパクトに札所巡りをすることで、厄払いをしようという狙いがあったようです。
▲観音像が並ぶ坂道を登って…。傾斜のきつい坂道なので荷物は最小限にしていきましょう

さぁ、頂上目指してスタート! のっけから急な傾斜のクネクネした坂道が続き、すぐに息が上がります。「ちゃんとたどり着けるかな?」と不安になりますが、道の脇には石像の数々。見守られつつ頂上を目指します。
よく見ると、1体1体に寄進した方の名前が。お花も供えられています。「観音山お大師様を守る会」と地区の方々が、今も大切に管理されているのだとか。
▲花が供えられた石像も。今も住民の心のよりどころとなっています

頂上に着くと、疲れも吹き飛ぶ絶景! 日向灘の大パノラマが広がります。日の出時刻を前日からチェックしてきた甲斐があり、水平線から登る朝日が空を染め、刻々と変わる色彩に目が離せません。
▲観音山の頂上から見た日の出。絶景です!

町内の観光情報に詳しい焼肉店『蔵亭』女将によると、
「観音山から見た田んぼの風景も素敵なのよ。田植え前の水を張った時期だと水面がキラキラ輝き、田植え後は緑のじゅうたんのよう。稲刈りの頃には黄金色の稲穂が揺れる美しい姿が見られるんだから」。

この絶景と観音山八十八箇所を拝めば、さらに幸福度アップ間違いなし!
心洗われる絶景に出会え、大満足。そして、帰りは下り道であることに安堵感。登る際は、歩きやすい靴が必須です。

<4>古代ロマンが共存する不思議空間を体感!

▲百足塚古墳から出土した人型の埴輪。新富町総合交流センターきらりに展示されています

新富町で、新⽥原(にゅうたばる)といえば航空⾃衛隊基地ですが、もう⼀つ、「新⽥原古墳群」をお忘れなく。2018年5⽉に、宮崎市・⻄都市・新富町の3市町にまたがる古墳群が、「古代⼈のモニュメントー台地に絵を描く 南国宮崎の古墳景観ー」として⽇本遺産に認定されました。なかでも、⻑さ80mの百⾜塚(ムカデヅカ)古墳からは⼈物や動物、家などをかたどった埴輪が60個以上⾒つかっています。これらの埴輪群は新富町総合交流センター「きらり」の資料館に展⽰されているので、こちらも是⾮⾒ておきたいところです。
▲古代ロマンを感じる風景が撮影できる

古墳の周りは、⾒渡す限りの広⼤な⽥園地帯。住民たちが生活する民家や牛舎、畑が見えます。そこに前⽅後円墳や円墳、⽅墳が浮かぶように点在する風景は、時間をトリップしたかのような不思議空間! どこまでも広い空の下、遥か彼⽅まで⾒渡せる⼤パノラマの⾵景で古代ロマンをたっぷりと感じることができます。

<5>真っ白なハスの花が咲く風景はまるで天国のよう。冬はレンコン掘り体験も!

▲一面にハスが生い茂る、夏の湖水ヶ池

新富町のフォトジェニックなスポットの一つ、湖水ヶ池(こみずがいけ)。背の高いハスが生い茂り、夏(7月上旬~8月中旬)には緑色の葉の間から純白のハスの花が咲き誇り、写真を撮らずにはいられない風景です。湖⽔ヶ池は⽔沼神社の御神体とあって、朱⾊の柱が美しい神社をバックに写真を撮ればまるで天国のよう。
▲茎を伸ばして咲く、白いハスの花

ここは新富町の特産品、通称「糸引き蓮根」がとれる場所でもあります。そのルーツは18世紀末、第7代高鍋藩主の秋月種茂が藩の財政を立て直すため、大和産の蓮根を取り寄せて地元民に栽培させたことからと伝えられています。その名の通り、切り口から糸を引くように繊維が伸びる蓮根で、煮物にするとホクホク感も味わえる、町民熱愛の食材。
▲糸引き蓮根の煮物。新富町の冬の定番料理です

12月~2月にかけては、レンコン掘り体験もしています。冷たいけれど、土の中からレンコンを掘り出す体験は大人も子どもも夢中になる楽しさです!
▲レンコン掘り体験の様子

<6>初心者も安心♪ ゴルフ天国宮崎で高コスパのパブリックコースを満喫

言わずと知れたゴルフ天国宮崎。プロのゴルフトーナメントにも使用されるゴルフコースもたくさんありますが、新富町の河川敷にある「一ツ瀬川県民ゴルフ場」なら、初心者でも利用しやすいコースと価格で人気です。
▲河川敷につくられた『一ツ瀬川県民ゴルフ場』

18ホール、パー70のパブリックコース。総距離5,710ヤードの比較的フラットなコースで、ドライバーも使える十分な広さがあります。なんと言っても、平日料金が一般3,280円(税込)という利用のしやすさ! 町内外から気軽にゴルフを楽しみたいアマチュアゴルファーたちで賑わいますが、中には熟練の技を要する難ホールも。
▲幅の広いフェアウェイで、比較的フラットなコース設計

もともと県民の健康増進を目的としてつくられたゴルフ場なので、手引きのカートを使ったラウンドが中心。希望に応じて乗用カートや電動カートも有料にて利用できます。

コースを回りひと汗かいたら、車で10分足らずの場所にある「新富町温泉健康センター サン・ルピナス」がオススメ。コース利用者には入浴割引券がもらえるので、是非!

<7>こゆ牛、ブランド豚、新鮮野菜&果物に財布のひもが緩みっぱなし! 安定の高品質&リーズナブルな超穴場スポット

▲新富町役場そば、国道10号沿いにある直売所「ルーピン」
▲種類豊富なとれたて新鮮野菜。ボリュームのわりに安い!

食材の宝庫・新富町が凝縮したような、新富町に来たら必ず寄ってほしいオススメスポットが『JA児湯農畜産物直売所 ルーピン』。国道10号沿いにあるので立ち寄りやすく、オープンの9時から買い物客が押し寄せます。
▲ふるさと納税でも人気のこゆ牛は、宮崎牛にも劣らぬ高品質でリーズナブル!

こゆ牛は、地元で肥育された4等級以上の黒毛和種。宮崎牛と変わらない品質でリーズナブルな価格が魅力です。ライチやパパイヤ、ズッキーニなど新富町ならではの野菜や果物も朝どれで並び、価格を見ると驚きの低価格! 新鮮で美味しい食材がお得に買えるとあって、ついあれもこれもと手に取ってしまい気づけば大荷物になっていることも。

でも安心! 買った商品は店頭で宅配を受け付けています。クール便もあるのでお肉類のまとめ買いもOK。手ぶらで旅の続きをお楽しみください。
▲9:00~18:00営業。正月(1/1~5)以外は年中無休です

<8>夢のラグジュアリーステイ。茶畑に囲まれた57坪の高級古民家を1棟貸切!

▲どっしりと、落ち着いた佇まいの「茶心」

新富町は茶の産地。周囲に茶畑が広がる閑静な場所に、2019年に開業した1棟貸切宿『茶心(ちゃしん)』は、お茶の心を体験する宿。今や国内外問わず宿泊客が訪れるほどの人気ぶりです。

もともとこの場所にあった古民家・黒木邸をリノベーション。上質な家具がゆったりと配されたその空間は、訪れるお客様を非日常に誘います。
▲お茶体験や瞑想空間にも。23畳の和室

最大の特長は、23畳もある和室。凛とした空気のなかでお茶体験や瞑想空間として利用すれば、自己と向き合う清らかな時間が過ごせそう。

表に広がる日本庭園を眺めながら、ウッドデッキでくつろぐことも。予約をすれば20時から外で焚火をすることも可能です。炎のゆらぎに心が和み、さらにリラックスさせてくれます。
▲庭を眺めながらお茶を飲んだり、読書をしたり
▲日本茶専門店『新緑園』、『夢茶房』、『豊緑園』のお茶が数種類楽しめます

何と言ってもうれしいのは、町内産の最高級茶がいつでも自由に飲めること。常時数種類が並び、味や香りの違いを思う存分堪能することができます。

ここを拠点に、町内のさまざまな体験プランに参加したり、味処へ出かけてみたり。新富町の普段は見えない魅力がたくさん感じられそうです。

1棟貸切のプライベート空間、茶心。落ち着いた空間に身を置き、自分を見つめ直す時間もまた何よりのごちそうですね。

どこに行くにも車で15分! コンパクトに周遊して楽しもう

新富町でしかできない食や体験、いかがでしたでしょうか。車があれば、町内どこに行くにも15分というコンパクトさも新富町ならでは。お好きにチョイスして、心まで満腹になる、とっておきの時間を楽しんでください。
撮影:武本華江
※一部写真提供:一般財団法人こゆ地域づくり推進機構
ぐるたび編集部

ぐるたび編集部

学びや刺激・感動のある旅サイト「ぐるたび」の編集部。選りすぐりの旅グルメ&観光情報レポートを発信していきます。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る

関連エリア

今おすすめのテーマ

PAGE TOP