ジンジャーで神社にエール!神社を応援する出雲のご当地ドリンク「出雲生姜じんじゃエール」

2015.09.22

縁結びの神社として有名な「出雲大社」のお膝元、島根県出雲市。ここに「飲むだけで神社を応援できる」ご当地ドリンクがあります。「出雲生姜じんじゃエール」は出雲産の生姜を使用したジンジャーエール。その開発に込められた想いに迫りました!

▲出雲生姜じんじゃエール 1本324円(税込)

売上の一部が地元の小さな神社に寄付される、神社応援ドリンク!

「出雲生姜じんじゃエール」って、ちょっと変わった名前だと思いませんか?実は「ジンジャー(生姜)で、神社を応援(エール)」するから、「じんじゃエール」なんです。

なんと、売上の一部が出雲地方の小さな神社に寄付されるという、正真正銘の「神社エール」で、平成26年に出雲市内にある万九千(まんくせん)神社の136年ぶりの遷宮を記念して作られました。

集まった寄付は、神社の遷宮(お宮を新しく立て替える)費用などに充てられています。
▲万九千神社の正遷座祭の様子。出雲生姜や「じんじゃエール」も献上された

生姜のさわやかな風味が女性に人気

「出雲生姜じんじゃエール」は、島根県出雲地方で栽培された出雲生姜を100%使用しています。フタを開けるとふわっと上品な生姜の香りが。微炭酸のやさしい口当たりで、生姜の風味がしっかりと感じられます。

こだわりは、蒸して乾燥させた生姜を使用している点。こうすることで生の生姜よりも身体を芯から温める効果が増すそうです。冷え性の女性にも嬉しいですね!

出雲大社周辺のお土産店や道の駅などで販売されているので、縁結びの旅のお供にぴったり!さらに、温めてほっとジンジャーエールにしたり、ウィスキーやビールを割るのに使ったりと、アレンジしても美味しいです。
▲出雲生姜のきれいな色がさわやか

維持していくのが大変な小さな神社を守りたい!

「出雲生姜じんじゃエール」を販売する(株)出雲生姜屋の代表、南浩二さんに開発のきっかけを伺いました。南さんは「出雲生姜じんじゃエール」の原料となる出雲生姜を、出雲市内の畑で栽培しています。
▲出雲生姜の畑で農作業をする南さん
南さんが「出雲生姜じんじゃエール」の開発を決意したのは、地元の神社の宮司さんのこんな言葉がきっかけでした。「小さくて参拝客の少ない神社だから、維持していくのが難しい。この先守っていくことができるのか…」。

「地元の財産である神社が危ない…」
小さな神社の経営の厳しさを知った南さんは「神社を応援する商品を作って、地元に貢献したい!」と立ち上がりました。

「出雲といえば生姜」と言われた伝統を復活させたい

そんな南さんですが、もともと生姜農家だったわけではありません。島根県内で公務員として働いていましたが、農業の衰退に危機感を感じ、30歳を迎えた頃「農業で日本を元気にしたい」と一念発起し、生姜栽培を始めたのです。

では、なぜ「生姜」だったのか。実は、出雲地方での生姜栽培は、あの「出雲国風土記」にも記載があるほど歴史が古いのです。しかし、近年では生産量が減り、農家の継ぎ手も少ない状況でした。

そこで、もう一度「出雲といえば生姜」と言われた伝統を復活させ、さらに若者が就農したくなるような農業の仕組みを創りたい。そんな熱い想いをもって出雲生姜の栽培に取り組んでいます。
▲出雲生姜の収穫には、地元の若者や子供たちも駆けつける
有機肥料にこだわり、農薬を使わずに栽培した「出雲生姜」は、安心して皮ごと食べられます。そんな出雲生姜を使った加工品を作ることで、生姜の生産量を増やし、持続可能な農業のモデルを創るのも目標だそうです。

神社の御神酒代(おみきしろ)としても話題

「出雲生姜じんじゃエール」の売上の一部が寄付された出雲市内の万九千神社は、神在月(旧暦10月)に出雲に集まった八百万の神々が最後に立ち寄ると言われる神社。

神々はここで、翌年の再会と人々の良縁を願って会議をしめくくり、直会(なおらい=神様の宴)を催したのち、それぞれの国へと旅立たれるのです。
▲万九千神社
万九千神社の社務所には、授与品としてオリジナルラベルの「出雲生姜じんじゃエール」があります。ラベルに書いてある「御神酒代(おみきしろ)」とは、「お神酒の代わり」という意味。
▲万九千神社限定オリジナルラベルの「じんじゃエール」
中身はジンジャーエールなので、お酒を飲めない参拝客や、ドライバーに人気だそう。神社限定ラベルのプレミア感もそそられます。

最近では、八百万の神々にならって、出雲大社をはじめ出雲地方の様々な神社を参拝した観光客が、最後に万九千神社に立ち寄り、「結び参り」と称してこの「御神酒代」で直会をして旅立つというお参りが密かなブーム。
▲万九千神社の絵馬には杯を交わす神々が描かれている
神在月は出雲が最も神様パワーに溢れる時期。出雲を訪れて良縁祈願をしつつ「出雲生姜じんじゃエール」を飲んで神社をおいしくエールすれば、御利益アップも間違いなし!?

出雲の神社と素敵なご縁を繋いでくれる、出雲のご当地ドリンクをぜひ飲んでみてくださいね!

じんじゃエールが買えるお店

~出雲大社周辺~
~玉造温泉周辺~
賣豆紀有加里

賣豆紀有加里

島根県在住のグラフィックデザイナー。島根県の観光情報サイト、フリーペーパーなどでライターも務める。山陰のおいしいもの・楽しいこと・素敵な場所を発掘するのが趣味。(編集/株式会社くらしさ)

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。
PAGE TOP