さくらんぼ狩り開催中

【京都の川床/納涼床2022】迷ったらココ!絶対外さない厳選おすすめ3選!

2022.06.10 更新

京都の夏の風物詩と言えば、川床・納涼床ですよね。川のせせらぎを聞きながら、涼やかな風とともに美味しいお食事を楽しめるとあって、シーズン中(5月~9月)はたくさんの人で賑わいます。今回は鴨川の納涼床、貴船の川床の厳選したおすすめのお店をご紹介。京の夏の涼を味わいに行きましょう!

【貴船川床】京・貴船 ひろや

▲夏の暑さを忘れさせてくれる川床料理

京の奥座敷、貴船にある料理旅館、『京・貴船 ひろや』。
旬の素材を生かした季節の京会席と、心を込めたおもてなしが人気。
▲風情ある玄関。縁結びで有名な貴船神社へも徒歩2分の好立地

貴船の川床はその立地に加え、貴船川の水面すぐに川床を設けることから、清流が涼しい風を運び体感温度は京都中心より10度低いとも言われています。
日差しを遮る青楓も目に鮮やか、瀬音の響きも心地よく澄んだ空気は夏の盛りでもひんやりと涼味満点。
▲風情たっぷりの本格的なしつらえ

一番人気は、ひろや会席<松>。
職人の手による氷鉢に盛られたお刺身、躍動感あふれる芸術品のような鮎の石庭など、味はもちろん、見た目の美しさにも心奪われます。
▲見た目も涼やかな氷鉢
▲職人の丁寧な仕事ぶりがうかがえる

正座が苦手な方やお年を召した方でも、どなたでも楽しんでいただけるよう全席、椅子・テーブル席なのも嬉しいポイント。
電車やバスで行く場合は、乗車前に電話をすれば、貴船口までお迎えに来てくれるサービスも!

都会の喧騒から離れ、京の奥座敷で格別のひと時を過ごしたい方におすすめです。

【鴨川納涼床】料理旅館 鶴清(つるせ)

昭和7年創業、豊かな京情緒を楽しめる料理旅館『鶴清(つるせ)』。
激動の昭和初期に築造された建物は、木造3階建・総檜造り。
本物の“京都”を感じられる場所として、地元の人や観光客に愛され続けている老舗です。
▲宮大工によって建てられた見ごたえのある建築物

滋賀県安曇川産の鮎や鱧などを使った本格的な会席料理は、繊細で職人の美意識が感じられます。
ランチは5,500円(税込)~、ディナーは、8,500円(税込)~という、比較的リーズナブルな価格で納涼床を楽しむことができるとあって、納涼床初心者でも安心です。
▲伝統を守り続け、旬の味覚を味わう京会席料理
▲夕暮れ~夜にかけても風情があって素敵

橋を行き交う人を眺めながら、鴨川のほとりでゆったりとお食事を堪能してください。

【鴨川納涼床】京焼肉 新 先斗町店

納涼床というと、日本料理のイメージがあるかもしれませんが、『京焼肉 新 先斗町店』では、焼肉を楽しむことができるんです。
▲お店はリノベーションした町屋

一頭買いした日本三大和牛の「近江牛」を中心に厳選した黒毛和牛を提供するこちらのお店。A4,A5ランクの上質な近江牛は、一目見ただけで「あ、いいお肉だ!」と分かるほどのキレイなサシが自慢です。
▲リブロースと雲丹の軍艦・近江牛タルタルの小さな手巻き寿司
▲納涼床に設えたテーブル席。納涼床で焼肉を!

趣ある町家空間の中、極上の近江牛を存分にお楽しみください。
いかがでしたか?
暑い京都の夏を乗り切る先人の知恵、川床・納涼床。
「ちょっと敷居が高いのでは?」と思われがちですが、今回ご紹介したお店は一見さんでも大丈夫。
どのお店も大人気なので、事前予約だけはお忘れなく!
ぐるたび編集部

ぐるたび編集部

学びや刺激・感動のある旅サイト「ぐるたび」の編集部。選りすぐりの旅グルメ&観光情報レポートを発信していきます。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る

関連エリア

今おすすめのテーマ

PAGE TOP