さくらんぼ狩り開催中

【2022年】子供と楽しむ宮古島!小さいお子様連れの家族におすすめしたい体験アクティビティプラン8選

2022.06.24 更新

羽田空港や関西空港からの直行便がある宮古島は、小さなお子様がいるご家族にも大人気の旅行先。綺麗な海を堪能するビーチアクティビティの他にも、家族での琉装体験や、食育プラン、星空ナイトツアーなど小さいお子様の参加もOKの魅力的なプランがたくさん!普段の生活では経験できないような、特別な体験が待っています♪

☆目次☆
【1】美味しく楽しく宮古島食育体験!
【2】カラフルな魚に大興奮!舟釣り体験
【3】感動の星空ツアー!レア生物との遭遇も!
【4】忘れられない体験!シュノーケリングwithウミガメ
【5】沖縄の伝統衣装「琉装」体験
【6】子供と一緒に粘土をこねこね♪シーサー作り
【7】3世代旅行におすすめ!ボートチャーター
【8】伊良部島で魚さばき体験/青の洞窟探検

【1】美味しく楽しく宮古島食育体験!

旅行の楽しみと言えば、その土地ならではの食べ物。
これは、大人も子供も変わりないでしょう!
サトウキビを使った黒糖作りとバナナスイーツ作りを一緒に楽しめるこちらのプラン。
まずは、サトウキビを使った黒糖作り。
背丈よりはるかに大きいサトウキビ畑に分け入り、自分の手でサトウキビを収穫。
高いものだと5m以上にもなるそうで、大人でもびっくりの高さですから、子供にとっては、もう大冒険ですね。

これは!というサトウキビを見定めたら刈り取ります。
結構力が要りますので、パパさん、ママさん、是非お手伝いをお願いします。
刈り取り後は、是非そのままかじってみてください。
くせのない、優しいあま~い汁がじゅわっと口に広がります。

刈り取ったサトウキビを専用の機械で絞ると、ビタミンやミネラルも豊富な天然の生搾りジュースの出来上がり。
ジュース作りのあとは、サトウキビの汁を煮詰めて黒糖に。
ピーナッツ、黒ゴマ、フルーツグラノーラなどを入れてオリジナル黒糖を作りましょう。
自分で作った達成感で、美味しさ倍増ですよ!
お次は、バナナを使ったスイーツ作り。
とろっと甘い焼きバナナと、つめた~いバナナアイスクリームを作ります。

一品目は、宮古の太陽のもとあまーく育った島バナナを使った焼きバナナ作り。
小さい姿に甘みとほのかな酸味がぎゅっと詰まっています。
黒糖バターソースでキャラメリゼした甘酸っぱい焼きバナナは絶品です!

二品目は、通称「アイスクリームバナナ」と呼ばれる、クリーミーでもったりとした柔らかさが特徴のハワイ種バナナを使った、アイスクリーム作り!
畑で食べる冷たいバナナアイスクリームとあったか焼きバナナのコラボは最高!

【2】カラフルな魚に大興奮!舟釣り体験

魚を鑑賞するのもいいけど、自ら釣りあげたい!というファミリーには、舟釣り体験フィッシングがおすすめ。
地元の船長さんの船に乗り込んで、とっておきの釣りポイントへGO!
ポイントに着くまでの間、宮古島での生活や沖縄で釣れる魚についてのお話もたっぷり聞かせてもらえますよ。
釣り上げるときのコツなどを丁寧に教えてくれるので、釣り初体験のお子様でも大丈夫。
鮮やかな赤や青の、普段スーパーでは見たことがない沖縄の魚に子供たちは大興奮すること間違いなし!

釣った魚は、船長が経営するビアガーデンで食べることもできますよ。(別途有料)

【3】感動の星空ツアー!レア生物との遭遇も!

せっかく宮古島に来たら夜も楽しんでください!
都会では見ることが出来ない、満天の星空は感動もの。
「この星空を守るためにも、地球を大事にしようね~」なんて会話が生まれるかも。

星空と一緒に楽しみたいのが、宮古島のレア生物。
自分たちでは見逃しがちな生物もプロのガイドがいれば安心!
このツアーで是非ともお目にかかりたいのはヤシガニ。
ヤシガニという名前ではありますが、カニではなくヤドカリの仲間。
強力なハサミでヤシの実を割る事ができるんですって!
会えるかどうか、ドキドキするのもまた楽しいですね。

【4】忘れられない体験!シュノーケリングwithウミガメ

ミヤコブルーと称されるほど美しく青い宮古島の海は、世界有数の透明度を誇り、野生のウミガメが生息しているんです。
つまり!ウミガメと一緒に泳ぐという夢が叶う場所なんです!

浅瀬でゆっくり水に慣れていくので、小さなお子様でも安心。
ウミガメを水族館で見たことはあっても、一緒に泳ぐなんてなかなかできないですよね。
子供たちも大喜びの感動体験ですよ。

【5】沖縄の伝統衣装「琉装」体験

かつては琉球王国という独立国だった沖縄。琉装は、琉球王朝時代に王族や貴族が着用していた伝統衣装です。

着物や浴衣は着たことがあるというお子様は多いかもしれませんが、琉装体験は沖縄ならではですよね。
宮古島の太陽に負けないくらいの、明るいビッグスマイルで写真をたくさん撮っちゃいましょう♪

【6】子供と一緒に粘土をこねこね♪シーサー作り

沖縄の街を歩いていると必ずと言っていいほど目にするシーサー。
オスのシーサーはあらゆる災難を家に入れない、メスのシーサーは家に福を招き入れるとされています。当初は、魔除け、火除けのため城門や集落の入り口などに置いていましたが、今日では招福、魔除けや守り神として、家の屋根や門柱などに飾られているんですって。
そんなシーサーは、お土産にもぴったり!
粘土細工の要領と同じなので、お子様も楽しみながら作れますよ。
「お母さんのシーサー、大きなお口だねー!」
「お父さんは、勇ましいシーサーを作っちゃうぞ」
なんて、家族の会話も弾みます。

世界に一つだけのオリジナル作品を生み出してください!

【7】3世代旅行におすすめ!ボートチャーター

3世代旅行って楽しいですよね。でも、
「子供も小さいし、おじいちゃんもおばあちゃんもいるから、大勢の人が参加するツアーで、他の方に迷惑かけたらどうしよう」なんて不安も。
そんな時は、ボートチャーターがおすすめ!
貸切なので、他の人の目を気にせずのんびり過ごせますよ。
シュノーケリングをしたり、釣りをしたり、貸切だと好きなように遊べます♪

【8】伊良部島で魚さばき体験/青の洞窟探検

宮古島と伊良部大橋で繋がる伊良部島は、宮古島に来たらマストゴーな超おすすめスポット!

伊良部島にある「佐良浜」は、「カツオ一本釣り漁」で有名。
そんな漁師町で、漁師さんが釣ってきてくれた一本釣りのカツオやマグロを、自分でさばいてランチにしちゃうこちらのプラン。
魚のプロが懇切丁寧にさばき方を教えてくれるので、「魚はさばいたことないな~」なんてパパさん、ママさんも是非、覚えて帰ってくださいね!
出来上がったランチを見たら、なんとも言えない達成感が!
魚さばき体験は、2018年に新しくできた宮古島市海業(うみぎょう)支援施設「いんしゃの駅・佐良浜」体験工房で行うので、天候に左右されず快適に楽しんでいただけますよ。


そして、伊良部島を訪れたら、どうしても外せないのが「青の洞窟」。
青の洞窟の美しさは、訪れた人のみぞ知る!
写真でも、もちろん美しいのですが、実際に訪れるとそれ以上の感動が待っています!
家族みんなで神秘のベールに包まれたパワースポットにレッツゴー♪
いかがでしたか?
今回ご紹介したプランは、お子様はもちろん大人の方も大満足できる充実した内容です。
これからの夏休みシーズンは予約でいっぱいになることも。
旅行の予定が決まったら、なるべく早めのご予約をおすすめします!
ぐるたび編集部

ぐるたび編集部

学びや刺激・感動のある旅サイト「ぐるたび」の編集部。選りすぐりの旅グルメ&観光情報レポートを発信していきます。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

関連エリア

今おすすめのテーマ

PAGE TOP