雪景色の「白い恋人パーク」でイルミネーション鑑賞。2017-2018年新スポットも登場!

2017.12.25 更新

「白い恋人パーク」は、札幌にあるお菓子のテーマパーク。約14cmのハート型の「白い恋人」にチョコレートでお絵描きできる体験をはじめ、カフェでのスイーツタイムやお買い物、工場見学なども楽しめます。特に冬の時期は、雪夜にきらきら輝くイルミネーションがとても綺麗!なかでも2017年12月からスタートした、参加・体感・劇場型のプロジェクションマッピングショーなどを楽しめる「スイーツドリームイルミネーション」は必見!

▲欧風テイストのパーク内、ライトアップやイルミネーションが綺麗(写真提供:白い恋人パーク)

世界で一つだけの白い恋人を作ってみませんか?

▲中庭にあるオブジェ。人気の記念撮影スポットです

初冬のある日、地下鉄東西線・宮の沢駅から歩いて約7分の場所にある、「白い恋人パーク」を訪れました。

施設内には北海道土産の定番「白い恋人」の工場見学をはじめ、チョコレートの歴史などを紹介する展示フロア、焼菓子や生菓子などの販売フロア、キャンディ・アートの専門店などがあり、半日たっぷり楽しめます。
今回のお目当ては、冬期限定のイルミネーションですが、せっかくなので少し早く訪れて施設内を見て回りました。

なかでも一押しは、工場見学コース4階にある「お菓子作り体験工房」で楽しめる、「私の白い恋人(お絵描きコース)」(工場見学コース入館料と体験料金が必要)。
焼きあがった約14cmのハート型の「白い恋人」に、チョコレートでお絵描きをする体験です。
▲受付で渡される帽子とエプロンを着用して手を洗い、スタッフから説明を聞いたらスタート

ハート型の「白い恋人」はこの体験限定。味と材料は市販されている「白い恋人」と一緒です。チョコのペンを使って、世界で一つだけの「白い恋人」を作れるのです!
▲チョコペンを握りお絵描き。文字でも絵でも何でもOK!何を描くかは自分次第

1回の体験で、ホワイトチョコレートのチョコペンを1人1本使うことができます。
別途有料で、バナナ味の黄色、メロン味の青色、イチゴ味のピンク色などのチョコペンを追加することも可能。
▲お互いどんな絵を描いているのか気になります…

チョコペンは軽く温めたものを出してくれるので、柔らかくて描きやすいです。ただし、時間が経つと冷えてペン先部分のチョコレートがかたくなるので、何を描こうか悩んで手が止まってしまってはダメ、手早く描いていくのがコツです。でも、ペン先が冷えてかたくなったらスタッフが温めてくれるのでご安心を。
さらに、1カ所にチョコを出し過ぎてしまい厚くなると、出来上がったものが袋に入らなくなるので要注意。
スタッフの説明を聞いてから描き始め、約15分で完成しました。
▲じゃーん!世界で一つだけの作品、できあがり!皆さんならどんな絵柄にしますか?

描き終えたあと、チョコレートが冷えて固まるまで約10分。固まったら、袋に入れて機械で封をし、箱にしまうと完成。紙袋に入れて持ち帰れます。
▲工房内にある記念撮影スポットで、完成品を手にハイチーズ

スイーツを楽しみながら眼下にイルミネーションを見下ろす!

▲イギリス製のアンティーク家具に囲まれた「チョコレートラウンジ」、大きな窓が印象的です(写真提供:白い恋人パーク)

体験工房を後にし、同じく有料の工場見学コースにある「チョコレートラウンジ」でスイーツタイム。
北海道産の生乳に「白い恋人」のホワイトチョコレートを加えた「白い恋人ソフトクリーム」をはじめ、パフェ、チョコレートドリンクなどを楽しめます。

数あるスイーツの中から、今回選んだものはこちら。
▲「白い恋人パフェ」は、ISHIYAの人気商品を一度に味わうことができる豪華なパフェ

「白い恋人パフェ」は、「白い恋人ソフトクリーム」に、定番「白い恋人」のホワイトとブラックをトッピング。中には、サクッとした食感が特徴的な「美冬(みふゆ)」のパイや、しっとりとして柔らかいバウムクーヘン「白いバウムTSUMUGI」も入っています。
ソフトクリームの周りやカップの底に散りばめられたベリーなどの酸味が、よいアクセントです。
▲窓辺の席でスイーツタイム。日が暮れていく様子も眺められます

大きな窓からは、日中は真っ白く雪化粧をした山並やプロサッカーチーム「北海道コンサドーレ札幌」のサッカー場、日が暮れるとライトアップされたパーク内の建物や輝くイルミネーションの眺めを楽しめます。
▲キレ~イ!ここ、イルミネーション鑑賞の特等席!

スイーツを楽しんだ後は、外に出てイルミネーション鑑賞へ。暖かい建物内から一気に氷点下の屋外へ出るので、しっかり着込んで防寒対策を!

毎時00分にスタートする札幌からくり時計塔の「チョコレートカーニバル」も要チェック!

▲札幌からくり時計塔にみなさん注目しています

毎日9:00~19:00の間、毎時00分になると、からくり人形の楽しいアトラクション、「チョコレートカーニバル」が始まります。
「お菓子作り体験工房」などがあるメインの建物向かいにある、札幌からくり時計塔の中段から可愛らしい人形たちが出てきて、賑やかな楽器の演奏に合わせて塔の中段でパレードを繰り広げます。
▲メインの建物の壁面からも、からくり人形が登場

アトラクションは約10分間。始まる前と後には、中庭にシャボン玉が放たれます。
ライトアップされた光やイルミネーションの輝きがシャボン玉に反射して、これもまた綺麗!賑やかなカーニバルに気分がワクワクしたあとは、シャボン玉の輝く様子に思わず心がトキメキます。
イルミネーション鑑賞をするなら、シャボン玉が舞う時間もぜひ狙いたいところです。
▲宙を舞うシャボン玉に、子どもはもちろん大人も思わず夢中になってしまいます

「チョコレートカーニバル」が終わった後は、イルミネーションが輝くパーク内を散歩しながら鑑賞しましょう。

※「チョコレートカーニバル」は悪天候などにより中止になる場合もあります。

約11万球の電飾が輝くイルミネーションを鑑賞

「白い恋人パーク」は毎冬、約11万球もの光を放つイルミネーションに包まれます。
メイン会場の中庭は、春から秋まではバラが咲き誇るローズガーデン。冬は雪が積もってしまうかわりに、きらびやかな光に覆われます。
▲まるで地面からイルミネーションが生えているよう。これは、雪囲い(積雪から樹木を守るため覆いをすること)をしたバラの枝に電飾を巻いているためです
▲ローズガーデンの中をまたぐようにかかる橋の上からは、イルミネーションを見下ろせます

パーク内では散策ルートの多くに積雪を溶かすロードヒーティングが設置されているため、雪がなくとても歩きやすいです。
▲訪れた時に記念撮影した中庭のオブジェも、夜はちょっと違った雰囲気に

写真を撮りながらじっくり見ていくと時間が経つのも忘れてしまいます。気づいたら、いつの間にか閉館時間目前、なんてもことも…!?

イルミネーション鑑賞のシメはスイーツドリームイルミネーション!

イルミネーションの楽しみはこれだけではありません。2017年12月に新たにオープンしたスイーツドリームイルミネーション(入場料:高校生以上1,000円、中学生以下700円、3歳以下無料、各税込)も要チェック!中庭から施設外に出た道路向かいにある別エリアで21:00(最終入場20:15)まで楽しめます。
▲スイーツドリームイルミネーションは「宮の沢白い恋人サッカー場」と、ミニチュアの家が集まった「ガリバータウン」で開催

ガリバータウンで受付をして、可愛らしい家の間を進みます。
▲2階の窓が大人の頭くらいの高さ。建物の扉は子どもサイズ。大人は頭をかがめてくぐって入ります

スイーツドリームイルミネーションでの催しは2つ。1つは、ガリバータウン内の家並を抜けてすぐにある「スイーツスケートファンタジー」。もう1つは、さらに奥の宮の沢白い恋人サッカー場で開催している「スイーツプロジェクションマッピングシアター」。
▲スイーツスケートファンタジーとは、氷を使わない特殊なスケートリンクで、専用シューズを履いて滑って遊ぶアトラクション

まず、スイーツスケートファンタジーを体験してみましょう。専用シューズのサイズは15.5~30.5cmまであるので、子どもでも足が入れば利用できます(未就学児はレンタルのヘルメットを着用)。
▲リンクの上には光と映像の模様が動き回るように現れます。雪の結晶や星などのマークのほか、キャンディやケーキなどのスイーツの絵柄も

時折現れるキャンディやケーキなどの絵柄の上をスケートで滑ると「シャリ~ン♪」という音が流れるんです。
▲アイススケートよりも簡単で、誰でも楽しめます。スイーツをめがけて右!左!遊びながらちょっとした運動に!?

スケートを楽しんだら、スイーツプロジェクションマッピングシアターの会場へ。
▲1回約15分間の「黒猫と魔法のお菓子」という演目で1日6回上映される、参加・体感・劇場型のプロジェクションマッピングショー
▲サッカーフィールドに映し出される絵本のようなプロジェクションマッピング。遠くには白い恋人パークのイルミネーションも見えます

実はこの会場、シーズン中は北海道コンサドーレ札幌の練習場と見学スペースとして使われている場所なんです。

ここの楽しみは、観覧席に座り、ただ映像を鑑賞するだけではありません。
▲映像に合わせてパフォーマーが登場し、歌や踊りで盛り上げます
▲時折会場がスモークに覆われたり、甘いスイーツの香りが漂ってきたりするんです!

特に面白いのが、入場時に手渡された光るキャンディスティックが、映像に合わせて赤や黄色などに光るんです。これを手に、パフォーマーの呼びかけに応じて左右に振ったり回したりします。
▲「右~!左~!回す!」と呼びかけに応じてみんなでフリフリ
▲恥ずかしがってはダメ!童心に返ってはしゃいだほうが絶対楽しいです!

ストーリーは子ども向けの内容ですが、見ごたえある演出で大人でも十分楽しい!メルヘンチックでファンタジックな世界観。鑑賞し終えた後は顔がほころび、夢の世界から目覚めたような気分。イルミネーション鑑賞のシメにピッタリです。
▲スイーツドリームイルミネーションのあと、中庭のイルミネーションも見学できます

雪化粧をした「白い恋人パーク」をきらびやかに彩るイルミネーションは、2018年3月25日まで実施予定です(スイーツドリームイルミネーションは2018年2月28日まで)。
北国の街ならではの雪夜のきらめきを鑑賞しませんか?
※写真は2015年以前のものと2017年12月のものです
川島信広

川島信広

トラベルライター・温泉ソムリエ・イベントオーガナイザー/横浜市出身、札幌市在住。北海道内の全市町村を趣味で訪ね歩くうちに北海道の魔力に惹かれ、都内での雑誌の企画営業と執筆業務を経て北海道へ移住し独立。紙媒体やweb媒体などで主に観光や旅行、地域活性をテーマにした取材執筆と企画・編集を手がける。スイーツ好きの乗り鉄、日光湿疹と闘う露天風呂好き。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る

関連エリア

今おすすめのテーマ

PAGE TOP