美肌と縁結びを求めて!美肌温泉と名高い「玉造温泉」で女磨きの旅

2016.04.03 更新

島根県を代表する温泉街のひとつ、玉造(たまつくり)温泉。季節を問わず観光客で賑わうこの温泉は「出雲国風土記」にも記載され、昔から「神の湯」と称されるほどに優れた泉質で有名です。そして、日本でここにしかないユニークな縁結び祈願ができる神社もあり、「美肌」と「縁結び」を叶えられる女性にうれしい温泉街なのです。

▲温泉街には足湯が2カ所あり、観光客や地元の常連で賑わっている

玉造の湯は天然の化粧水。温泉水のお持ち帰りスポットや温泉コスメも人気!

「出雲国風土記」の中で、「一度洗えば、お肌キラキラ。二度入れば病も治る」とうたわれ、およそ1300年も前から「美肌の湯」と言い伝えられてきた玉造温泉。近年では、製薬会社の科学的な分析により泉質が高級化粧水レベルであることが分かりました。特に優れているのが潤い効果です。

そんな温泉水を手軽にお持ち帰りできるスポットがあります。「湯薬師広場 たらい湯」です。
▲玉作湯(たまつくりゆ)神社近く、玉造温泉バス停よりすぐの「湯薬師広場 たらい湯」

玉造温泉の源泉を自由に汲むことができ、観光客や地元の愛好家に大人気です。お持ち帰り専用ボトル(税込200円)の無人販売所まで備え付けてあるので、手ぶらで行っても大丈夫。可愛いラベルは地元の人が一つひとつ手作業で貼っているそう。
▲スプレーボトルなので、そのまま化粧水として使うことができる

また、玉造温泉には、この温泉水を配合した温泉コスメもあります。「玉造温泉 美肌研究所 姫ラボ」は「玉造温泉水の素晴らしさを沢山の方に知ってほしい」という思いから生まれた温泉コスメブランド。温泉街にある店舗スタッフは全員が「温泉ソムリエ」の資格を取得しており、温泉と美肌のプロフェッショナルです。
▲左から「姫ラボ石けん」(80g/税込1,500円)、「姫ラボゲル」(100g/税込2,500円)、「姫ラボエッセンスローション」(150ml/税込2,200円)

人気No.1は、生クリームのようにきめ細かく、もっちりとした泡が特徴の「姫ラボ石けん」。温泉水配合なので、洗顔後にお肌がしっとりします。
▲姫ラボ石けんの泡。店頭では泡立て体験とお試し洗い(手)ができる

その他、化粧水「姫ラボ エッセンスローション」は、なんと玉造温泉水を約80%も使用しています。続けて使うことで毎日「美肌の湯」に入浴しているような効果が期待できるかも?
さらに温泉街には日帰り入浴ができる施設や旅館が11カ所も。化粧水のようなお湯に浸かって全身うるおい美肌になりたいものです!

女性に圧倒的人気のパワースポット。玉作湯神社の「願い石・叶い石」

玉造温泉には大人気のパワースポットもあります。温泉街の奥に古くから鎮座する「玉作湯神社」には全国からたくさんの女性が訪れるのですが、その秘密は全国的にも珍しい縁結び祈願の石にあります。
▲「玉作湯神社」に祀られているご神石(願い石)

玉作湯神社には「願い石」と呼ばれるご神石があり、「願い石」のパワーをいただいてお守りとして持ち帰ることのできる「叶い石」とセットで参拝する方法が人気です。
▲まず社務所で「叶い石」と願い事を書く「願い札」を授けてもらう(600円)

「叶い石」は小さな天然石(パワーストーン)で、水晶、青めのう、ローズクォーツなど、何の石が入っているかは開けてからのお楽しみ。こういうプチサプライズも気分が盛り上がります。
▲ご神水で清めた「叶い石」を「願い石」に触れさせ、祈願する

そして、「叶い石」を「願い石」に触れさせます。こうすることで「願い石」のパワーが「叶い石」に移り、お守りとなります。パワーが宿った「叶い石」は自分だけのお守りとして大切に持ち帰りましょう。

願い事を書いた「願い札」は、拝殿の願い札入れへ。宮司さんが御祭神にとりついでくださいます。これで祈願は完了です。可愛い石のお守りが手元に残るのも嬉しいですね。

お土産選びはココで決まり!一点モノに出会える「玉造アートボックス」

玉造温泉はその名の通り古代から玉造り(勾玉作り)が盛んで、勾玉は朝廷に献上され、神聖な儀式に用いられてきました。そんな“ものづくりの町”でもある玉造温泉に、現代のクリエイターの作品が集まるショップがあります。
▲元は旅館だった古い建物をリノベーションした店舗

「玉造アートボックス」は、複数のショップが入った複合施設。1階は、ヘルシーな美肌スイーツが買えるお土産ショップ「美肌マルシェ」と、浴衣レンタルなどができる「姫ころも」。
▲「美肌マルシェ」には島根の食材を使ったヘルシーなお土産が並ぶ。ラララ ラスク(税込540円)
▲玄米粉と生姜を使った、おみくじ付きクッキー。姫神占い神社クッキー・5枚入り(税込540円)

すべて一点モノ!「はこぶね」で出会う、地元クリエイターの作品たち

「玉造アートボックス」2階の「はこぶね」では、地元・山陰で活動する様々なジャンルのクリエイターの作品を手にとって見ることができます。
▲「はこぶね」は、まさにアートボックス!

キャンドル、器、ガラス作品、アクセサリー、布小物など、すべて一点モノが並び、見ているだけでもワクワクが止まらない空間です。
▲一枚一枚手刷りのテキスタイル作品
▲うっとりする色合いのガラス作品

作家さんに教えてもらえる!キャンドル作り体験!

アートに触れてみると自分でも何か作ってみたくなりませんか?「はこぶね」では、「キャンドル作りワークショップ」と、「皮の刻印ワークショップ」の体験コーナーもあります。今回はキャンドル作りを体験してきました!
▲お手本は、「はこぶね」で人気の作家・empfangen(エンファンゲン)さんのキャンドル

まずは、キャンドルの形を選び、透明なプラスチックの型の中にカラフルなロウのチップを詰めていきます。ロウは予め作家(empfangen)さんが用意してくれている材料です。
▲7色のチップにワクワク!ロウが溶けて混ざった時の色合いを想像しながら選ぶ

淡い薄紫色を出したくて、作家さんにアドバイスを頂きながら型に詰めていきました。
▲型にロウを詰め終わりました!

その後の作業は作家さんが行ってくれ、出来上がるのは3日後ということで、後日取りに行きました(郵送もしてもらえます)。出来上がったキャンドルと対面する時はドキドキ!素敵に仕上がりました!
▲淡い紫色に仕上がったキャンドル。ツルツルした丸い感触が水晶の様です

自分でシャカシャカ♪お茶処・松江を体感できる“楽しくて、おいしい”ドリンク

「はこぶね」でのキャンドル作りワークショップを終えたら、ちょっと一息つきたくなりました。同じフロアにあるカフェ「mame cafe」へ。
▲窓際席では、玉湯川を眺めながらお茶が飲める

注文したのは、店主の内田悦子さんが考案したオリジナルのドリンク「お点前・お抹茶カプチーノ」。松江の老舗「千茶荘(せんちゃそう)」の上質な抹茶を、カプチーノで割ったドリンクなんです。

ここでしか飲めない「お点前・お抹茶カプチーノ」。味も気になるところですが、実は楽しいシカケがあるんです。
▲「お点前・お抹茶カプチーノ」税込550円。真ん中に、抹茶で描かれた玉造温泉のシンボル「勾玉」が!

お盆には、抹茶を点てる道具「茶筅(ちゃせん)」が付いてきます。なんと、店員さんのレクチャーのもと、自分でシャカシャカして泡だてるんです!
▲さあ、シャカシャカスタート!
▲茶筅をまっすぐ立てて、すばやくシャカシャカ♪
▲きめ細やかな泡がたちました!

気になるお味は、カプチーノのまろやかな甘みの中に抹茶の香りとほろ苦さがマッチして、とっても美味しかったです。意外な組み合わせですが、相性抜群でした!お抹茶のように上品にいただけるところも女心をくすぐります。
他にも、奥出雲ジーンズの専門店「オロチ商店」やタイ古式マッサージの「ボディーケアKaorion」がある「玉造アートボックス」。家族連れやカップル、お年寄りまで楽しめる複合施設です。玉造温泉を訪れたらぜひ足を運んでみてください。
美肌温泉、縁結び、ものづくり…と、女性が旅に求めるものがギュッと詰まった玉造温泉。
心も身体もキレイになりたい女性に嬉しい温泉街です。自分へのご褒美に「女磨きの旅」に出かけてみませんか?

(写真提供:松江観光協会玉造温泉支部)
賣豆紀有加里

賣豆紀有加里

島根県在住のグラフィックデザイナー。島根県の観光情報サイト、フリーペーパーなどでライターも務める。山陰のおいしいもの・楽しいこと・素敵な場所を発掘するのが趣味。(編集/株式会社くらしさ)

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP