心静かに巡る、清水寺でゆるり歴史散策

2015.12.30

平安の昔より人々の信仰を集めてきた清水寺。紅葉シーズンも一段落した冬だからこそ、その歴史に触れながら、静かな境内を歩いてみよう。

平安の昔より、広く衆生に開かれ
親しまれてきた清水寺の歴史

音羽山清水寺は宝亀9年(778年)に、奈良子島寺の賢心(けんしん)、のちの延鎮上人(えんちんしょうにん)によって開創された。平安遷都以前から続く古刹だ。
賢心が夢のお告げで清泉を求め歩き、音羽山麓に見つけた滝に草庵を結んだのが起源といわれている。
征夷大将軍・坂上田村麻呂が偶然にもこの草庵を訪れた際、賢心より諭された観世音菩薩の教えに感銘を受け、深く仏道に帰依したという。その後、田村麻呂公は、仏殿をはじめとした諸堂を寄進した。
「枕草子」「源氏物語」といった古典文学をはじめ、能狂言や歌舞伎、落語などにも数多く登場する清水寺。そこに描かれた様子から、貴族や武士だけでなく、広く民衆に開かれ親しまれてきたのが伺える。

静寂に包まれる冬の朝。
澄んだ空気の中を歩こう

▲清水坂をのぼり切った先に現れる仁王門。堂々たる佇まいだ
TVCMをはじめ様々なメディアで紹介され、知らぬ者のいない清水寺。近年は外国人観光客も増え、桜や紅葉シーズンには国際色豊かな人々で賑わっている。
紅葉の時期が終われば、混雑も一段落。ひと気の少ない早朝の境内は静寂に包まれ、ゆっくり時間をかけて巡るのに最適だ。
▲高さ31m、国内最大級の三重塔。屋根や壁に描かれた極彩色の文様が見事
▲境内正面に聳える仁王門には、両脇に3.65mの仁王像が。その鋭い眼でお寺を警護していると言われている

参拝路のそこかしこに、
ツウな見どころを発見

仁王門をくぐり、境内を進むと現れるのが随求堂(ずいぐどう)。
お堂全体が菩薩の胎内に見立てられ、暗闇の中で梵字(ハラ)が刻まれた随求石を詣でる「胎内巡り」が体験(9:00~16:00/拝観料100円。小学生以上)できる。
続いて清水の舞台と本堂へ。
その入り口にあるのが鉄の錫杖(てつしゃくじょう)と高下駄だ。
吉野で修行した修験者から奉納されたもので、あまりの重さから「弁慶の錫杖(しゃくじょう)と高下駄」とも呼ばれている。
▲錫杖の重さは90kg。成人男性でも、かなり頑張らないと持ち上がらない
▲こちらは12kgの高下駄。これをはいて歩いた人は、常人離れした力を持っていたに違いない
本堂外陣の西側では、「出世大黒天像」(しゅっせだいこくてんぞう)が参拝者を出迎える。平成20年(2008年)に修復され、室町時代の姿が再現されている。
いよいよ、国宝の本殿・舞台へ。
本堂の内々陣に安置されている本尊・十一面千手千眼観世音菩薩立像は秘仏で、三十三身して衆生を救うという「観音経」の教えに因み、33年に一度公開される。
寄棟造(よせむねづくり)桧皮葺の本堂は、平安時代の宮殿や貴族の邸宅の面影を今に伝えている。
本堂よりせり出しているのが「舞台」。ビルの4階に相当する高さで、「清水の舞台から飛び降りる」ということわざの基になった場所だ。
京都市内を一望できる場所から、いにしえの都の姿に思いを馳せよう。
舞台に敷き詰められた檜の板は約100畳分。舞台を支える建築は、傾斜にそって並べられた18本の欅の柱と板が格子状に組まれ、衝撃を分散することで耐震性の高い構造になっている。釘を一本も使用していないというから驚きだ。
開創の起源で寺名の由来となった「音羽の瀧」。古来より清めの水として尊ばれてきたこの清水を柄杓に汲み、所願成就を祈願する。観光シーズンには長い行列ができる。
参拝も終盤、境内にある「舌切茶屋」でしばし小休止。
実はこちらの茶屋も歴史的なスポットなのだ。
討幕運動に身を投じた清水寺塔頭・成就院住職 月照上人(げっしょうしょうにん)。月照上人を追う幕府側は、成就院の寺侍・近藤正慎(こんどうしょうしん)を捕らえ、苛烈な拷問を加えるが、近藤は決して口を割らず、舌を噛み切り自ら命を断ち信義を通した。
その恩義に報いるため、遺族や家族たちの生計になればと境内に茶屋を開設する許可が与えられ、今に至る。
現在は五代目がお店を切り盛りし、参拝者たちに憩いの時間を提供している。
▲季節ごとに変わる音羽山の景色を眺めながら、温かい茶を一服(お抹茶セット税込700円※季節変動あり)
広い境内をゆっくり散策すれば、1時間半はかかろうか。
それでもまだ、見尽くせない魅力でいっぱいの清水寺。桜、紅葉と絶景の時期もいいが、寺の素顔が垣間見える冬に、ゆったり巡るのもまた一興である。
妙加谷 修久

妙加谷 修久

京都市在住の旅行系ライター兼ディレクター。全国各地に足を運び、旨いモノを食べ、温泉に浸かる日々。ここ京都を中心に、知っているようで知らない「日本のイイトコロ」を紹介します。日本酒好きが高じて利き酒師の資格を取得しました。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP