離着陸する飛行機を眺められる「エアターミナルグリル キハチ」/東京 夜景・絶景レストランVol.8

2016.05.07 更新

世界屈指のメガロポリス東京。新宿、丸の内の壮大なビル群をはじめ、東京タワー、レインボーブリッジ、東京スカイツリーといったランドマーク、隅田川や東京湾などの水辺のスポットと、景観においても他の都市にはない魅力でいっぱいです。この企画では、そんな美しい東京の景色が楽しめるビューポイントでありながら、料理の味わいでも世界に誇れるレストランをご紹介します!

昨年、開港60周年をむかえた羽田空港。関東のハブ空港としてその役割を果たしつつも、一方では海外からの観光客を迎えるエンターテイメント施設としても注目されています。空港内には、カフェはもちろん、本格的な和食、洋食、エスニック料理にいたるまで様々なジャンルのレストランがオープン。その他にも江戸の町を再現した「江戸小路」や、アパレルショップ、雑貨店など多くの店が軒を連ねる、見どころ満載の空港なのです。

そんな羽田空港で、離着陸する飛行機を眺めながらおいしい食事を楽しめるのが、今回ご紹介する「エアターミナルグリル キハチ」。昼間の眺望もきれいですが、滑走路に誘導灯が灯る夜の景色はまた一段と美しいのだそう。そこで、そんな非日常で幻想的な空間を満喫するため東京モノレールに乗り込みました。

全長60メートルの窓の向こうに広がる一大パノラマ

関東の空の玄関口、羽田空港。エアターミナルグリル キハチは、羽田空港の第一ターミナルビルの5階にある無国籍レストランです。吹き抜けになった館内をあがるとモダンで美しいエントランスが出迎えてくれます。
▲大理石を贅沢に使用した高級感溢れるエントランス

店内に入ると、色とりどりの花が飾られたウェイティングスペースとシックなバーカウンターがあります。
お洒落な大人の男女が飛行機を待つ合間にグラスを傾けていそうなバーですね。カクテルやワインの種類も豊富です。
店内は、落ち着きのある、ゆったりした空間となっていました。アメリカのモダンクラッシックなレストランをイメージした内装なのだとか。

それではさっそく、お目当ての夜景の見える席に案内してもらいましょう。
▲目の前見える飛行機とその後ろで輝く誘導灯

こちらが一番人気の窓側の席。こんなに間近に飛行機をみることができるとは!
素晴らし眺望に、つい乗り出し気味に……。
手前には停泊中の飛行機が数台、その奥の滑走路には、青い誘導灯がまるで夜空の星屑のように燦然と輝いています。そこを今まさに、飛行機が離陸していきました…!圧倒的な光景にしばらくの間見入ってしまいます。
他の窓からも停泊中の飛行機をよく見ることができました。

これらの飛行機はどんな人達を乗せてどこまで行くのだろう、あるいはどこから帰ってきたのだろうと、まだ見ぬ異国や日本の土地、空港を行き交う人々のドラマに思いを馳せてしまいます。

季節の素材をいかした絶品料理に舌鼓

さて、夜景を楽しんだあとはキハチ自慢のお料理をいただくことにします。今回のメニューは、「ディナーコース(4,320円・税込)」。まずは前菜の「ぶつ切りタコと海藻のカクテル梅味噌ドレッシング」を一口。
視覚的にも美しいこちらのお皿。新鮮な食材を使っているためか、タコと海藻はコリコリと歯ごたえがありその食感を楽しめます。ほんのり効かせた梅の風味がいいですね。一緒に添えられたオニオングラタンスープも濃厚で美味しい一品。サーモンや生ハムと旬のお野菜、フルーツを盛り合わせたサラダもさっぱりして爽やかな味わいが特徴的です。
お次は「ぶつ切りオマールエビのペペロンチーノ」をいただきます。もちもちとしたパスタが美味しく、オマールエビの風味と高い香りに食欲をそそられます。

本日のメインはこちら「牛リブロースステーキ」。周りに添えられた野菜は、しっかりとした歯ごたえと、野菜本来の甘味を楽しむことができます。リブロースのステーキは、付け合せのガーリックを効かせたソースと相性抜群!ジューシーで柔らかな一品でした。
そしてデザートは「ダークチェリーのブリオット」です。
サクサクとしたパイ生地の下には、濃厚なダークチェリーのシャーベットが……!まるで本当のチェリーを食べているかのような味わいです。お皿の周りに桜の花びらが散らしてあり、春を感じさせるかわいらしい演出が素敵です。

雄大な景観と美味しい料理を堪能したあとは、一つ上の階にある「展望デッキ」に上がってみましょう。
こちらでも間近に飛行機を眺めることができます。意外と人も少なくのんびりと景色を楽しめるところもいいですね。
▲停泊する飛行機を間近に見ることができます
▲展望デッキでは、じかに飛行機が離着陸する音を聞くことができるため、迫力満点!

日本全国、美しい夜景は数あれど、飛行機をこんなに間近に見ながら、美味しい無国籍料理を堪能できるお店はなかなかありません。モノレールを使えば、都心から30分圏内で行けるところもいいですね。世界各国や日本各地に飛びたつ飛行機を眺めながら、ここでしか味わえない「旅気分になれる夜景」を楽しんでください。
立岡美佐子

立岡美佐子

編集プロダクション・エフェクト所属の編集者&ライター。好きなものは、旅行とごはん。おいしいものやステキな景色のためならば、日本といわず世界各国どこへでも! 住まい、旅、食、街などジャンルを問わず執筆中です。 編集:山葉のぶゆき(エフェクト)

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP