「たこ焼き」の元祖・大阪「会津屋本店」で80年間不動のベストセラーをハフハフと

2016.02.23

「大阪発祥のたこ焼き」の味は店ごとに多様。でも如実に街の色を映していたりもする。地元の人間には「近所の味が一番」でも、一方で「ちょっと足を延ばしても食べたい」味もある。具や生地、味付けだけでは語れない、客も街もひっくるめての「たこ焼き」の世界、まるごとご賞味あれ。

下町で生まれ育った歴史ある味

そう、大阪のたこ焼きと聞いて真っ先に名前が挙がるのが「会津屋」だ。昭和8(1933)年、大阪・今里でたこ焼きの元祖「ラヂオ焼き」の屋台として創業した。ラヂオ焼きは牛すじとコンニャクが入った子供のおやつだったという。

「ラヂオ」が「たこ」になるきっかけは昭和10(1935)年、常連さんの「大阪は牛肉かいな、明石はタコが入ってるで」の一言から。明石の玉子焼きをヒントにした「たこ焼き」を誕生させ、ここに大阪のたこ焼き文化が始まる。

昭和24(1949)年に天下茶屋に店を構えた後も大阪の下町で移転を繰り返し、1993年に現在の玉出(たまで)にこの本店を構えた。今や関西一円、東京にも出店するほどのパワーである。
▲イートインで小皿を食べたおじさん客は、持ち帰りを60個購入。買い物途中のおばさん客は、子供のおやつ用にと12個入りの小皿440円を

「会津屋」はソースも青海苔も使わない「スッピンのたこ焼き」とも言える元祖たこ焼きを焼き続ける。
本店では焼き立てを急速冷凍し、地方発送用の仕込みも行われている。この日はその仕込みの真っ盛りで、常に何かしらのメニューを焼き続けていた。
▲冷凍元祖たこ焼き12個入り600円~。合計4,000円以上で送料無料

「ソースで食べてはいけないというわけではなく、まずはそのままで。あとはお客さんの好みでどうぞ」である。なるほど店内イートインスペースには、ウスターソース、酢、醤油も、一味唐辛子も用意されている。

「スッピン」の旨みがじわりと

難波や梅田など繁華街にあるお店では、たこ焼きを食べながら昼からでもビールを飲むお客が多いという。この玉出の本店は自転車や徒歩で買いに、または食べに訪れる人が多い。12個で440円~という驚異的コストパフォーマンスも、小ぶりで一口サイズ、ダシの味がしっかりついた生地、染み出したタコの旨さ、すべてが「懐かしくも旨い」味わいへとつながっている。
この生地のダシに関する情報は、一切公開されていない秘伝の味だという。タコは「旨くて食べ応えのあるアフリカのモーリタニア産」だ。こんがり生地が焼けた香ばしい匂いと一緒に運ばれる。

口に含めば表面はカリリ、中からトロリと生地がはみ出し、ヤケドしないようハフハフ、ホフホフ言いながら噛む。ブリリと弾けるようなタコの感触とタコからも溢れる旨みに「さすがやなぁ」となる。
天かす(揚げ玉)も紅ショウガも入らない、生地とタコだけのシンプルでダイレクトでじわじわ染みる味。だからこそ多くの人たちを魅了し続けているのだ。

味付けを変えて食べてみたい人には明石焼き風にお銚子で出されるダシオプション100円を追加しよう。こちらも秘伝だが、生地に使うものとは別立てしていて、ダシ感が増してまた旨い。生地がフニャリととろけかけたところをパクリといこう。
中と外、両側から違うダシの味が口の中で混ざり合う。一味唐辛子を少し利かせているが、さらに足してもなお旨い。

バリエもアテも楽しみたい

ほか、玉子焼き、ねぎ焼き(各12個600円)などのバリエーションメニューもあるが、2005年、たこ焼き誕生以来70年ぶりに復活させた元祖ラヂオ焼き(12個600円)もぜひ食べていただきたい。
赤身をしっかり残した牛スジとコンニャクを甘辛く炊いた具を入れる「ラヂオ焼き」は、生地が焦げやすいのでより手早くかえさないといけない。
また、酢だこ(小皿400円)もおつまみメニューとしてお薦め。新鮮で吟味したタコを大量に扱うからこそ、このプリプリ感と噛めばジュワッと溢れる旨み。さっぱりと酢醤油で食べる。缶ビール(300円)はもちろん、生ビール(400円)もスタンバイ。迷わずオーダーしました、はい。
帰り道、タコとダシの香ばしい匂いに包まれながらぼんやり思う。小麦粉とダシ、タコというシンプルなたこ焼きは、小ぶりな球体なのに旨みが溢れて食べる者を笑顔にさせてくれる。
全国に広がった「たこ焼き」。この地で生まれ、今なお地元はもちろん、遠方客にも愛されている理由が分かった気がした。

※価格はすべて税込
曽束政昭

曽束政昭

フリーライター。たこ焼きはタコと生地が重要。意外に脇役と思われがちな天かすの質によって好き嫌いが分かれるというこだわりを持つ。京阪神を中心に、全国各地の地元うまいもんを訪ね歩いて取材する日々。著書に関西からの旅記事をまとめたムック『1泊5食』(京阪神エルマガジン社)など。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP