徳島のお好み焼きといえば、甘い豆入りがスタンダード?!

2016.03.14 更新

お好み焼きといえば、「広島風」「関西風」は一般的に知られていますが、徳島県には地元の人におなじみの「豆焼き」というお好み焼きが存在します。「徳島風」と呼ぶ人もいるその豆焼きは、お好み焼きの具材として甘く煮込んだ金時豆が入っており、ご飯ともおやつともいえるような一品です。

徳島の人は、今でもお赤飯にごま塩の代わりに砂糖をかける人もいるほど甘いもの好き。一説では、塩づくりが盛んな地域だったので、甘いものを好むようになったのだそう。

そんな徳島では、甘く煮た金時豆がちらし寿しには必ずと言っていいほど入っているとか。それも驚きですが、さらに、お好み焼きにも入っていると聞き、「いくらなんでもソースには合わないのでは…」と思った私。百聞は“一食”にしかず、実際に確かめてみることにしました。

中心エリアの一角で三代に渡って味を守り継ぐ名店

ここ徳島市内の一角で50年以上愛されている名店「はやしのお好み焼」にも、通常のメニューに並んで「豆焼き」の文字があります。もちろん一般的なお好み焼きもあるので、地元の人はその日の気分によって食べ分けます。

玉子が入った「豆玉」(710円・税込)を注文する人が一番多いと聞き、今回はそれをいただくことにしました。
お好み焼きの生地の中にあらかじめ具材を混ぜてから焼く関西スタイルのお店もありますが、この店はいわゆる広島スタイル。3代目の林恭弘(やすひろ)さんが手際よく生地を鉄板に広げていきます。
生地の上に、少し大きめに切ったキャベツを山盛りに乗せ、真ん中に玉子を割り入れます。ここで登場するのが金時豆。天かすとともにたっぷり乗せます。
金時豆ももちろん自家製。前日の夜から水につけて柔らかくなった金時豆を、弱火でコトコト煮込んであります。特別に豆だけを味見させていただきましたが、予想していたよりもしっかりとした甘さ。恭弘さん曰く「生地やキャベツと一緒に食べた時にちょうどいい甘さにしている」とのこと。

では、「なぜ小豆や他の豆じゃなくて金時豆なのか」については、恭弘さんも知らないのだとか。気になって観光協会や豆天保存会など、いろいろな方に聞いてみましたが、明確な理由は導き出せず…。

「ただ単に、手元に金時豆の甘いのがあったからでは」とおっしゃる方も(笑)。
そして、この店の面白いところは、この後にあります。

お好み焼きをひっくり返し両面を焼いたところで、ヘラでお好み焼きを叩き始める恭弘さん。その隣ではお母さんの博子さんも叩いています。まるで競うかのように店内にペンペンという小気味良い音が響いて、なんだか楽しくなってきました。
「ペンペンと叩くのは、創業当初からのやり方。叩くことで少しずつ生地が伸びていくんです。祖父の時代は貧しい時期だったからなんとかボリュームがあるように大きく見せたかったのかもしれませんが、今ではこのやり方だからこそ生地がもちもちになるんだと思っています」と恭弘さん。

なるほど、他店と一線を画すこのもちもち食感はこうやって引き出されていたのですね。
ソースを塗って、半分に折りたたんだら完成!ちなみに半分に折るのは、焼いてからお客さんのテーブルまで運ぶため、ヘラやお皿に乗せやすいようになんだそうです。
興味津々でアツアツを一口頬張ると、ソースの酸味とピリリとした辛味、そして後からくる金時豆の甘みが絶妙!

ザクザクとしたキャベツ、ホクホクの豆、それを包み込むもちもちの生地と、シンプルな中にもいろいろな食感があり、食べ応えも充分です。
豆玉を食べている間も、学生や主婦、サラリーマンなど地元の人たちがひっきりなしに来店します。

隣の席には、部活帰りの野球部らしき高校生。山盛りの白ご飯を片手にお好み焼きを食べながら、今年のドラフト会議について白熱した議論を交わしています。それを見守るお店の人たちの優しい眼差し。「この雰囲気も隠し味の一つなんだな」としみじみ。

人情味溢れるこの店で、ほんのり甘くてもちもちの豆焼きを味わってみませんか?
渡邊麻子

渡邊麻子

高知&静岡育ち。東京の出版社を経て「タウン情報まつやま」に10年間勤めたのち、2014年に独立。フリーランスのエディター&ライターとしてグルメ取材記事の作成ほか、企業のコンセプトブックなどに携わる。また音楽ライターとしての経験を活かし、南海放送ラジオでも音楽番組パーソナリティとして活動中。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。
PAGE TOP