北海道のおすすめグルメ10選!北海道観光するなら絶対にコレはおさえておきたい

2016.04.22

北海道新幹線の新青森-新函館北斗間の開業で本州からのアクセスがより便利になった北海道は、「ご当地グルメ」の宝庫です。そこで今回は、北海道を訪れたらぜひ味わっていただきたい10大グルメをご紹介します。

1.ジンギスカン

北海道を代表する郷土料理であり、道産子のソウルフードともいえるのがジンギスカンです。
ジンギスカンにはさまざまな食べ方がありますが、大きくはタレに漬け込んでから焼くか、焼いてからタレを付けるかの2つに分かれます。“後付け”の名店として知られる「ツキサップじんぎすかんクラブ」では、自然に囲まれたオープンテラスで、羊肉本来の旨みにこだわったマトンを味わうことができますよ。

2.ラーメン

ご当地ラーメン天国・北海道では、旭川ラーメンや函館ラーメンなど各地方で個性の強いラーメンを味わうことができます。なかでも代表格といえば「札幌ラーメン」ですね。
数多くのラーメン店が軒を連ねる札幌では、元祖味噌ラーメンをはじめ、王道系から進化系まで、ひとくくりにはできない札幌ラーメンの奥深さと出会えます。伝統と進化を積み重ねてきた本場の味に、おなかも心も満たされましょう。

3.カニ

毛ガニ、タラバガニ、ズワイガニ、花咲ガニ…北海道といえば、まずカニを思い浮かべる方も多いでしょう。冬のイメージが強いカニですが、旬は種類によってまちまち。毛ガニなら、オホーツク産(春)、噴火湾産(夏)、道東産(秋)、えりも産(冬)と、いつ訪れても旬のものを味わうことができます。
札幌にある「活カニの花咲」では、生・茹で・焼きなど、タラバガニを丸ごと一杯食べつくすという贅沢な体験もできますよ。

4.海鮮料理

カニだけじゃないのが北海道の海鮮料理の魅力。お寿司、海鮮丼、炉端焼きと、新鮮な海の幸をバリエーション豊かに楽しめます。
そんな海鮮料理を手軽に味わえるのが各地の市場。函館の朝市や札幌の場外市場、「勝手丼」が人気の釧路和商市場などが有名です。好きな魚介を選び、市場内のお店でさばいてもらえば、オリジナル定食を楽しめる市場も!旅の思い出をさらに深めてくれるはずです。

5.スープカレー

スパイスの効いたサラサラのスープに、ゴロッとした具材がたっぷり。札幌が発祥の地とされ、現在、道内には80~120ともいわれるスープカレー店があります。今や全国区となったスープカレーですが、ご当地・札幌では、北海道産の食材をふんだんに使った、彩り豊かなメニューを味わえます。なかでもオススメなのが、「奥芝商店」の特製海老出汁スープカレー。「魚介系は難しい」といわれていたスープカレー界に新風を吹き込んだお店です。甘海老2千匹分の濃厚なスープをご堪能あれ。

6.豚丼

十勝地方・帯広で愛されてきた豚丼は、一説には、かつての開拓者たちが身近な豚を鰻丼に見立てて、疲労回復のために食べたのが始まりといわれています。
ジューシーな豚肉に甘辛のタレが絡んだ逸品は、白いごはんとの相性抜群。お店によって、肉の部位やタレ、焼き方にそれぞれ違いがあるので、何軒か巡って、好みの味を見つけてみてはいかがでしょう。

7.ザンギ

北海道では、唐揚げのことをザンギと呼びます。醤油や生姜、ニンニクなどに漬け込んだ鶏の唐揚げは、一般的なそれと比べると味が濃く、お酒が進む一品です。
ザンギ発祥の店として知られる釧路の「鳥松」では、昔ながらの骨付きザンギを秘伝のソース&胡椒とともにいただきます。揚げたてを口に運ぶ幸福感は、やみつきになること間違いなしです。

8.石狩鍋

北海道を代表する郷土料理の「石狩鍋」は、鮭の身のぶつ切りに、中骨などの「あら」を入れ、キャベツやタマネギ、豆腐などと煮込む豪快なお鍋。基本の味付けは味噌ですが、バターや酒粕を加えてアレンジすることも。お好みで山椒や七味唐辛子をかけていただきましょう。
石狩市内には、専門店以外にも気軽に石狩鍋を楽しめるお店がたくさんあります。札幌からも足を延ばしやすい距離なので、観光とあわせて足を運ぶのに最適です。

9.スパカツ

「スパゲティー」+「トンカツ」で「スパカツ」。スパカツは、釧路の洋食レストラン「泉屋」の代名詞ともいえる大人気メニューです。熱々の鉄板皿にこれでもか!と盛られたミートソーススパゲティとトンカツは、食べ応え十分。茹でた後に軽く炒めた麺とサクサクのトンカツに自家製ミートソースをたっぷり絡めていただきます。
麺は約250g、トンカツは約100gとボリューミーなので、シェアして味わうのもオススメです。

10.ちゃんちゃん焼

ちゃんちゃん焼は、鮭などの魚と野菜を鉄板やホットプレートで蒸し焼きにして味噌で味付けする料理。「お父ちゃんが焼いて調理するから」「ちゃっちゃと(=素早く)作れるから」など、「ちゃんちゃん焼」の語源には、漁師町で親しまれてきた郷土料理らしい諸説があります。
今や全国区になりつつある料理ですが、北海道には、地元でとれた鮭を使って、自らちゃんちゃん焼を作り、その場で食べることができるお店もあります。味噌とバターがしっかり染み込んだ鮭と野菜は、ごはんが止まらないおいしさです。
ぐるたび編集部

ぐるたび編集部

学びや刺激・感動のある旅サイト「ぐるたび」の編集部。選りすぐりの旅グルメ&観光情報レポートを発信していきます。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。
PAGE TOP