平等院鳳凰堂 平安の栄華を今に伝える、美しき寺院

2016.05.03

京都・宇治。源氏物語の舞台ともなったこの地に、悠久の時を越えて佇む美しい寺院があります。2年の修理期間を終え、建立当時の姿で甦った国宝「平等院鳳凰堂」。世界文化遺産にも登録された、その美しき姿に迫ります。

約1000年前の姿が色鮮やかに甦る
現世(うつしよ)に現れし「極楽浄土」

10円硬貨の表に刻まれたその姿は、日本人にとって至極馴染み深いもの。しかし、実際にその姿を目の前にすると、その大きさ、威容、鮮やかな色使いに、感嘆の声が漏れてしまいます。

平等院の起源は永承7年(1052年)に遡ります。
当時、絶対の権力を誇った関白藤原頼通(ふじわらのよりみち)が、父 道長より譲り受けた別業(※当時の別荘)を仏寺に改め、平等院としたのが始まりです。

当時は「末法思想(まっぽうしそう)」が広がっていた時代。極楽往生を願う人々が目にしたそれは、まさに西方極楽浄土が現出したかのような感動だったことでしょう。池の中島に建てられた建築は、あたかも極楽の宝池に浮かぶ宮殿のようです。

※末法思想…釈迦の入滅後、時代が進むにつれ正しい教法が衰滅することを説いた仏教の予言、およびそれに基づく思想のこと
▲一万円札のデザインでおなじみの、国宝「金銅鳳凰(こんどうほうおう)」。現在、鳳凰堂中堂の屋根の上にいるのは二代目です
2012年9月~2014年9月までの2年間、平成修理として大規模な修理が行われました。可能な限り現用材料を使用しつつ、外装色や瓦は調査結果に基づき、創建当時のものに準じて再現されました。

金銅鳳凰のみならず、楼閣(ろうかく)の宝珠も調査結果に基づき金色に再現されていて、当時の豪華絢爛な姿を今に見ることができます。
鳳凰堂の建築そのものが国宝に指定されていますが、堂内に安置されている本尊「木造阿弥陀如来坐像(もくぞうあみだにょらいざぞう)」や、52躯の「木造雲中供養菩薩像(もくぞううんちゅうくようぼさつぞう)」もまた、国宝に指定されています。いずれも鳳凰堂が落慶した天喜元年(1053年)に造られており、当時の造形技術の高さ、古の日本人の美的センスには嘆息するばかりです。
▲日本三名鐘のひとつに数えられる梵鐘の二代目。国宝に指定されたオリジナルは「平等院ミュージアム鳳翔館」に展示されています

実際の国宝や重要文化財が間近に!
「平等院ミュージアム鳳翔館」

庭園からの鳳凰堂の眺めを堪能した後は、国宝や重要文化財が多数収められている「平等院ミュージアム鳳翔館」へ。
今回は特別に許可を頂き、内部の撮影をさせていただきました。貴重な文化財の数々、どうぞご覧ください。
ミュージアムの設計は、数々の建築賞を受賞している建築家の栗生 明(くりゅう あきら)氏。鳳凰堂を中心に史蹟名勝に指定されている庭園の美しさに調和するよう、大半が地下構造になっています。一方で、自然光を意図的に採り入れるなど、展示への工夫もなされています。

入り口を入ると、神殿のような荘厳な廊下が。その先には…
国宝の梵鐘が展示されています。

かつては、園池のほとりの鐘楼にありましたが、大気汚染などの影響を避けるため、こちらに移されたそうです。

梵鐘の上部には、鬣(たてがみ)を真上に逆立たせた竜頭が飾られ、鳳凰や踊る天人などが描かれています。
国宝「金銅鳳凰」です。

かつては鳳凰堂中堂の大棟の南北両端に据えられていたましたが、こちらも大気汚染の影響を鑑みてこちらに安置されました。

鳳凰堂の正式名称は阿弥陀堂ですが、尾の長い鳥が翼を広げたような形の外観や、屋根上のこの鳳凰形棟飾りから、近世以降に鳳凰堂と呼ばれるようになったそうです。
▲鳳凰や梵鐘以外にも、重要文化財である「十一面観音立像」や、宇治市指定文化財である「帝釈天像」「地蔵菩薩像」が安置されています
こちらは鳳凰堂中堂の内部、長押(なげし)上の小壁(こかべ)に懸けならべられていた雲中供養菩薩像。

各像が鼓(つつみ)、笙(しょう)、琴(こと)、琵琶(びわ)、などの楽器を持ち、音楽を奏でています。その表情やポーズは、実際に音が出ているかのように精緻に造りこまれています。
▲ミュージアムショップでは、鳳凰のオリジナルグッズや阿弥陀如来像の写真集、雲中供養菩薩像の持っている楽器のキーホルダーなどが販売されています
いかがでしたか?約1000年の時を超えて当時の姿に再現された鳳凰堂。そして、この国に連綿と流れる美を、今に伝える国宝の数々。時に磨かれた本物だけが持つ輝きを、ぜひその目で確かめてください。
妙加谷修久

妙加谷修久

京都市在住の旅行系ライター兼ディレクター。全国各地に足を運び、旨いモノを食べ、温泉に浸かる日々。ここ京都を中心に、知っているようで知らない「日本のイイトコロ」を紹介します。日本酒好きが高じて利き酒師の資格を取得しました。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。
PAGE TOP