伊豆随一の透明度といわれるヒリゾ浜。伊豆最南端の絶景ポイントへ行こう

2017.06.19

伊豆国立公園に指定されている石廊崎(いろうざき)と、小さな港町・中木の境にある海岸・ヒリゾ浜。抜群の透明度を誇る海岸で、独特の地理的環境から船でしか行くことができません。半島の先端にある「ヒリゾ浜」は切り立った崖に覆われ、周辺は国立公園のため開発が行われていない、伊豆半島最南端の海岸で黒潮の通り道となっているなど、さまざまな条件が重なり、ありのままの美しい自然が残っているのです。ヒリゾ浜の魅力や上陸の際の注意点など、地元の渡し船・殿羽根丸(どんばねまる)の船長にして個人サイト「中木へ行こうよ!!」の管理人でもある、高野克宏さんにお聞きしました。

▲ヒリゾ浜の全景。切り立った崖に囲まれた自然のままの入り江だ
▲エダミドリイシの大群生(D3_plusさん撮影)

数え切れないほどの魚種が集まる南の島のような海

豊かな黒潮により、南国の季節回遊魚や大物の回遊魚もやって来るヒリゾ浜は、シュノーケリングに絶好のポイント。貴重なエダサンゴも群生していて、伊豆地区でもっとも水の美しい海水浴場と言われています。

「ちょっと潜っただけで、数え切れないくらい、たくさんの種類の魚が見られます。クマノミやキンチャクダイ、ツノダシ、キンギョハナダイなどが代表的ですね。ダイビングで深場に潜ると、イワシの群れやカンパチ、ブリ、ヒラマサなどが見られることもあります」

上級者向けのダイビングだけでなく、シュノーケリングや磯遊びなど、海の生物を観察したいという人が多く訪れるのもヒリゾ浜の特徴。

「ここの熱帯魚は人なつっこくて、すぐ近くまで寄ってくるんですよ。でも、むやみに捕まえたり持ち帰ったりしないでくださいね。サンゴは触れないように、優しく観察してください」
▲熱帯魚を間近で観察することができる(D3_plusさん撮影)

ヒリゾ浜へ渡るには?

ヒリゾ浜へは中木港から船で渡ります(乗船は有料、受付でチケットを購入)。
中木港へのアクセスは、伊豆急下田駅からバスで45分ほどです。
渡し船の運行期間は、毎年7月第1週の土曜日から9月の最終日曜日まで<2017年は7月2日(日)~10月1日(日)を予定>。それ以外の日に渡ることはできないのです。
だからヒリゾ浜の美しい景観が守られるのですね。

ここからは、ヒリゾ浜で遊ぶときに気をつけたいことなどを、Q&A方式で高野さんにお聞きしていきます。

‐ ヒリゾ浜で磯遊びやシュノーケリングをするために、これだけは必ず!という準備はありますか?

「ヒリゾ浜は岩礁帯でほかの海と違うので、長袖やラッシュガード、ウエットスーツなどを着用してください。どのくらい泳げるかによりますが、(潜る人は)最低限、海用のしっかりしたゴーグル、シュノーケル、フィンがあるといいですね。流れが早くて深さがあるので、お子さんはウォーターベストを着たり、ラッシュガードの上にライフジャケットを着たりすると良いと思います。それから、生き物が多いので、誤って危険な生物に触れてしまうこともあります。軍手でも良いので、必ず手袋をしてください」

‐ 砂浜だけの海岸とは勝手が違うので、しっかりと準備していかなければいけませんね。準備といえば、最近海辺でバーベキューをする人が多いですが、ヒリゾ浜でバーベキューはできますか?

「ヒリゾ浜は食べ物の持ち込みはOKですが、バーベキューは禁止。それから、ヒリゾ浜は特別な地理的環境にあるので、トイレや売店などの人工物は何もありません。ゴミ箱もないので、ゴミ袋を持参して、ゴミは自分で持ち帰りましょう」
▲中木港にある公衆トイレ。車椅子やベビーカーでも入れる個室内にはオムツ換えシートもある

欠航などで渡れなかった時は?混雑を避ける狙い目の時期はあるの?

インターネットやクチコミなどで情報を得て、年々訪れる人が増えているヒリゾ浜。繁忙期には上陸する人数を制限することもあるのだそうです。

‐ もしも、人数制限や渡し船の欠航などでヒリゾ浜に上陸できなかったら、代わりに磯遊びを楽しめるようなビーチは近くにありますか?

「渡し船が出航する中木港にある『トガイ浜』は、台風以外なら少しぐらい天候が悪くても楽しめる場所です。入間や弓ヶ浜の奥も良いですが、一番おすすめなのは『妻良(めら)』。こちらは防波堤があり波の影響を受けにくいですし、海上アスレチックがあるので、家族連れにはピッタリなんですよ。僕も家族を連れて行くことがあります」

‐ 渡し舟の運行期間中、比較的混まない日はありますか?

「オープン直後の7月上旬は混みにくいですが、この時期はまだ魚が少ないんです。9月は台風の多い月ですが、1週目の平日は混みにくいですし、7月より水温が高いので魚が多く見られますよ」

‐ 8月下旬から9月はクラゲの発生が心配されますが、ヒリゾ浜はどうなんでしょうか?何か対策はありますか?

「風向きによってクラゲが出ることもありますが、長袖やラッシュガード、ウエットスーツを着て肌を露出しなければ、あまり気にしなくても大丈夫ですよ」
‐ 最後に、船長の高野さんから見た、ヒリゾ浜の魅力を教えてください。

「普段は漁師をやっているので、船でいろんな海に行きますが、ヒリゾ浜はとくにきれいですね。深いところも浅いところも、砂場も岩場もあって、自然の何もかもが箱庭みたいにそろっているんです。それに、船の上から見た海の美しさは言葉にできないほど。緑や赤などいろんな色の海藻やソフトコーラル(柔らかいサンゴ)が見えるんですよ」

渡し船で何度往復しても、きっと飽きない風景なのでしょうね。南伊豆の大自然とともに働く高野さん、何ともうらやましい!

お話を聞いた方:殿羽根丸(どんばねまる)船長 高野克宏さん

漁師であり、中木港からヒリゾ浜までの渡し船の船長を勤めている。趣味が高じて中木を紹介するサイト「中木へ行こうよ!」を作成し、その管理人も担当。情報の速さと内容の濃さは地元発信ならでは。ダイバーや観光客の注目を集めている人気サイトだ。
※記事中の海中写真は、「中木へ行こうよ!!」にも素敵な写真を提供しているD3_plusさんからお借りしました。

小林ノリコ

小林ノリコ

移動文筆家/伊豆在住フリーランス・ライター。東京・南青山の編集プロダクション勤務を経て2005年からフリーランスとなり、2015年より静岡県熱海市を拠点に執筆活動を開始。「ふらりと出かける、ゆる伊豆」をテーマに、地域の宝を再発見する取材活動と、伊豆地域を拠点に活動するフリーランス・クリエイターのネットワーク作りを行っている。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP