焼津港で旨いマグロと地魚が味わえる再訪必至の寿司店「昇利」!

2015.06.17 更新

静岡県で旨い魚を食べたければ、やっぱり焼津。マグロやカツオなどの遠洋漁業を中心とする焼津港と、地魚が水揚げされる小川港の両方があり、ここ「昇利」もその港のすぐそば。焼津のお寿司屋さんと言えば「昇利」と言うほどクチコミで人気の店。魚介はその日に水揚げされた鮮魚を船「福一丸」から直接買い付け、漁港にほど近い立地ならではのネタが旅気分を高めてくれます。

店は創業50年。三代続く寿司屋となれば、若い層には気軽に入りにくいイメージがあるかも?でも、この店はいい意味でアットホーム。焼津らしい気さくな接客と分かりやすい価格表に、取材時にもふらりと1人で入ってきた女性がいるほど。暖簾をくぐると、数年前に改装したばかりの真新しく、凛とした雰囲気のカウンター。これなら30代の私でも気後れせずカウンターに座れそう。奥にはテーブル席、2階には座敷もあり家族連れからカップルまで幅広く使えそうです。平日ならランチ1,400円(税込)から、土日祝日スペシャルランチ2,500円(税込)などがあり、一貫からの提供も可能。この店が人気の理由は、価格以上のネタの良さと腕前にあるのです。

焼津と言えばカツオ!

目の前でさばいたばかりのカツオの握りは、身がピンク色でキレイ。口に入れたときにカツオ独特の臭みもなく、身の締まり具合からも鮮度の良さが抜群に伝わります。やっぱり地場でしか味わえないものってあります。
焼津でしか食べられない変わりネタなら、と言って出してくれたのが「カツオのヘソの天ぷら」。ヘソ、といってもおヘソではなく心臓のこと。カツオのヘソは通常佃煮にしてあることが多く、静岡人である私もヘソの天ぷらは初めて。ほんの少しコリっとした食感があり、砂肝にも似たような味わい。
「半世紀もこの道一筋だよ」という親方の斎藤正夫さん。軽やかな手さばきで寿司を握る姿に思わず見とれてしまいます。中には斎藤さん自らが選んだこだわりの塩でいただくネタもあり、料理や米などの用途によって8種類もの塩を使い分けているそう。また、シャリの握り方や大きさ、ネタの切り口なども食べる人によって変えていて、その人にとってベストな状態で提供できるのも職人のなせる技。今回、私に合わせて握ってくれた寿司も、一口ですっと食べることができました。ネタ自体の味わいも充分に堪能できる上、女性でもスマートに頂けるのが嬉しいですね。
焼津はちょうど静岡県の真ん中あたりに位置するため、焼津港だけでなく、遠州の方や由比、沼津、伊豆といった場所で水揚げされたものも気軽に味わえます。今日のおすすめは太刀魚の炙り。香ばしい皮の焦げ目と、口の中でふわっと香る上品さ。春ならばトリ貝なども漁港直のため冷凍ボイルではない生の香り豊かなものが味わえます。その時期や仕入れ状況にもよりますが、電話で予約時に「これが食べたい!」と言っておくと、できる限りの手を尽くし仕入れをしてくれるそう。
やはり向かうところ敵なしの中トロ。鮮度の良さを物語るように脂がじんわりにじみ出ていて、見た目にもそのとろけ具合や美味しさが伝わってきます。口に入れた時に甘味が広がり、シャリもいい感じでほどけるので溶けていく。思わず「時間よ止まれ」と呟いてしまいます。
店内カウンターの奥には、静岡の地酒としても全国的に有名な「磯自慢」が。清らかでスッキリとした飲み口なので、新鮮な魚の味を引き立ててくれて相性もバッチリ。他にも、日本酒各種、焼酎、ワインもこだわりのセレクト。お寿司の他に、料理のメニューも豊富なので、自分好みの相性を見つけてみては。さりげなく食事中と食後では提供するお茶が違うところもニクいです。
斉藤さんをはじめ、板前さんは4人、料理人2人と女将さんの青島立子さんに、若女将の有希さんでお店を切り盛り。営業時間は11:30~24:00までフルオープンなので、お昼に間に合わせて来るのが難しいという方や、遠方からの観光客も時間に縛られることなく食事を楽しめるから嬉しい。どの時間に訪れても笑顔で迎えてくれ、一流の技を持つ熟練の板前さんが必ずいるので、焼津の新鮮な寿司を味わいながら旅の思い出の時間を存分に楽めるはず。ナビを頼りに訪れる場合は裏口についてしまうことがあるので、ぐるっと回って反対側へ。旨い寿司を味わった後は、地元の良質な温泉である黒潮温泉で癒されるのもおすすめです。
AYA

AYA

見た目を裏切りよく食べる、おいしいものが食べられるならどこまでも駆け巡る、食いしん坊な30代のグルメライター。現在は雑誌や本の取材を担当。大好物はラーメン、焼肉、寿司。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

こちらもおすすめ

もっと見る
PAGE TOP