珍しい魚も楽しめる水産加工会社直営の海鮮居酒屋「龍のおとし子」

2015.06.17 更新

名鉄名古屋本線・東岡崎駅から徒歩2分の場所に一軒の海鮮居酒屋がある。ここは「美味しさこそが魚の価値」と信じ、知名度の低い魚をその価値に見合った価格で流通させることに力を尽くす過程で、いつしか「漁師の救世主」と呼ばれるようになった鈴木裕己さんが経営する水産加工会社の直営店だ。そのためカウンターには全国各地にある漁港の提携漁師から毎朝直送されてくる魚が並ぶ。あまり流通していないけれど一度食べたらその味の虜になるマイナー魚まで並んでいるらしい。鮮度だけでなく、ひとひねり、ふたひねりの魅力ありそうなこの店の魚料理を楽しみに、一路、東岡崎を目指した。

美味い魚が驚くほどリーズナブル!

この海鮮居酒屋は「龍のおとし子 東岡崎店」。店名から名づけられた、その名も「龍のおとし子 刺盛」が名物だ。盛り合わせは仕入れの状況によって日ごとにネタが変わるが、それだけに「今日は何かな?」と魚好きを楽しませる要因になっている。
取材当日は下の写真左から炙りサワラ、ハッカクの姿盛、メバチマグロ、アキアミエビ、ヒラマサ。さらにはテングハギ、ハシキンメといった珍しい魚が盛られていた。価格は驚きの880円(税別)。この値付けは少なく見積もっても市価の半値以下だ。注文率はなんと95%! まさしく完全無欠の看板メニューと言えるだろう。
「2度美味しい!ホタルイカの踊る鉄板焼き」(680円・税別)も人気のメニューだ。刺身でも食べられる鮮度抜群のホタルイカを熱した鉄板に入れ、牡蠣醤油で味付けすることで、ホタルイカと牡蠣醤油がそれぞれ持っている旨みをプラスした以上の逸品に仕上がる。
また、途中でガーリックバターを入れるのもオススメ。そのソースに、メニューにセットされている薄く切ったバゲットを浸せば、メニュー名の通り、2度目のたまらない美味しさまで楽しめる。

「美味しい魚を食べてほしい」という情熱が「メヒカリ」に結実

この店の経営母体は「マイナー魚を流通させたい」と考える鈴木裕己さんが代表を務める「プロ・スパー」という水産加工会社。水揚げ量が安定しない魚は広域流通させることが難しく、漁師の地元でのみ食べられているケースがほとんどだ。しかし、あまり知られてはいないそういった魚の中にも美味しいものはたくさんある。
鈴木さんはまず地元愛知県のマイナー魚を詰め合わせ、首都圏の外食チェーン店に持ち込んだところ、それらの魚を全国に広めることに成功。「プロ・スパー」には全国の漁港から取引や提携に関する依頼が殺到するようになる。
そして、初めて全国に広めることに成功したマイナー魚の一種が「アオメエソ」、通称「メヒカリ」だった。この深海魚は流通価格が安くて商品にならず、ほとんど産地以外で流通することはなかった。
鈴木さんは鮮度を保つこととサイズを分類して出荷してもらうことを漁師に依頼。併せて大きさに見合った調理法を開発してチェーン店に提案した。
その結果、「メヒカリ」は今では広く知られた存在に。「メヒカリ」人気の火付け役は彼だったのだ。
もちろん「龍のおとし子」でもメヒカリを使ったメニューを出している。大きさに合わせ、刺身、焼魚、煮付、佃煮など、様々な食べ方が楽しめるが、特に人気なのは「メヒカリ唐揚」(380円・税別)だ。
現在では「美味しい小魚といえば」と言われれば真っ先に上がるほどまでになったメヒカリ。しかし「龍のおとし子」のようにセリ落としたばかりのメヒカリが堪能できる店は実は珍しいそうだ。

鮮度と調理法が美味しく食べるポイント

全国各地の漁業協同組合や、それらをまとめる各県の漁連と提携し、302漁港から届く魚を全国の居酒屋チェーンや回転寿司チェーンなど1,300軒ほどに卸している産直水産卸プロ・スパー。その直営である「龍のおとし子」のカウンター席の前には毎日30~40種類ほどの鮮度の良い丸魚が並ぶ。料理人がそれらを目の前で丁寧にさばき、一番美味しく食べられる料理へと手際良く調理していく。
鮮度も重要だが、“魚ごとに一番合った方法で調理する”というのがその魚をより美味しく楽しむ上で大切なポイント。産地とつながり、それぞれの魚の美味しい食べ方を直接漁師から吸収している「龍のおとし子」の料理が美味しいのは当たり前のことだと言える。
雑味のないまろやかな口当たりにするとされる錫(すず)製の酒器で出される日本酒と一緒に楽しもうと、多くの魚好きが足繁く通うというのもよく分かる。
加賀啓伺

加賀啓伺

一般情報誌をはじめ、自動車雑誌、旅行雑誌など、なんでもこなす雑食ライター。今まで一番ヘビーだったのはある夏、朝から晩までスーパー銭湯を何軒も取材した翌日に鈴鹿8時間耐久レースを取材したこと。日々の癒しは取材の合間のカフェ巡りと愛犬コーギーの散歩。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新の情報は直接取材先へお問い合わせください。
また、本記事に記載されている写真や本文の無断転載・無断使用を禁止いたします。

今おすすめのテーマ

PAGE TOP