このページは2014年1月のリニューアルよりも以前に掲載していた内容です

函館朝市‐北海道の名産かに・食堂・青果なんでもある!函館朝市はまさに「食」のワンダーランド

函館朝市 推奨店五ヵ条

函館朝市協同組合連合会

推奨店

●海産物 ●農産物
●畜産物 ●飲食店
●その他

函館朝市 推奨店

■函館朝市 営業時間■ 年中無休(但し、店舗毎に異なります)

1月~4月… 6:00~12:00 (但し、一部店舗は14:00頃まで)
5月~12月… 5:00~12:00 (但し、一部店舗は15:00頃まで)

HAKODATE ASAICHI MAP

どんぶり横丁市場(どんぶりよこちょういちば)

どんぶり横丁市場(どんぶりよこちょういちば)

函館自慢の新鮮な海の幸「海鮮丼」はいかがですか? どんぶり以外にも近海で獲れた新鮮なイカや魚介類等豊富に有ります。

加盟店舗数
21店舗
MAP
A-1~A-21
営業時間
店舗毎に異なる
連絡先
函館朝市第一商業協同組合
(事務局)
0138-22-6034

http://donburiyokocho.com/

えきに市場(えきにいちば)

えきに市場(えきにいちば)

函館朝市でいか釣りと言えば、朝市の中にある駅二市場のいか釣堀!釣って楽しい、食べておいしい、1度で2度楽しめる場所は駅二市場です。

加盟店舗数
24店舗
MAP
B-1~B-34
営業時間
5時30分から14時(冬季は6時から)
連絡先
函館朝市駅二商業協同組合
(事務局)
0138-22-5330

http://www.asaichi.ne.jp/ekini/

協和会(きょうわかい)

協和会(きょうわかい)

海産物はもちろん、朝市名物のたいやき、たこやきなど、協和会通りは見どころいっぱい!

加盟店舗数
23店舗
MAP
C-1~C-28
営業時間
店舗毎に異なる
連絡先
函館朝市協和会商業協同組合
(事務局)
0138-26-4309

http://www.hakodate-asaichi.com/kyouwakai/

市民市場(しみんしじょう )

市民市場(しみんしじょう
)

その名のとおり、市民向けのエリアです。市民の生活に触れられるかも。

加盟店舗数
7店舗
MAP
E-1~E-20
営業時間
店舗毎に異なる
連絡先
函館朝市市民市場商業協同組合
(阿部商事)0138-23-1510

寿店会(じゅてんかい)

寿店会(じゅてんかい)

ツアー客も多く立ち寄るにぎやかなエリア。函館名物が満載!

加盟店舗数
12店舗
MAP
F-1~F-19
営業時間
店舗毎に異なる
連絡先
寿店会
(上平水産)0138-27-1515

塩干市場(えんかんいちば)

塩干市場(しおぼしいちば)

昔ながらの対面販売が行われています。地元の人とのふれあいも叶います。

加盟店舗数
10店舗
MAP
G-1~G-12
営業時間
5時から13時(水曜定休)
連絡先
函館朝市塩干物組合
(事務局)
0138-23-1900

穂生会(ほせいかい)

穂生会(ほせいかい)

魚介類から飲食店まで、たくさんの種類のお店が目白押し!

加盟店舗数
7店舗
MAP
H-4~H-15
営業時間
店舗毎に異なる
連絡先
穂生会
(竹田商店)0138-22-5105

個人店会(こじんてんかい)

個人店会(こじんてんかい)

食堂、海産物、商店など、個人規模だけれどおいしいものがたくさんあります!

加盟店舗数
7店舗
MAP
E-2,H-3,I-1,2,J-14,20,21
営業時間
店舗毎に異なる
連絡先
各店舗

渡島蔬菜農協(おしまそさいのうきょう)

渡島ドーム(おしまどーむ)

朝市の原点ともいえるのが、ここ渡島ドーム内の渡島蔬菜農協です。函館周辺で獲れた野菜・果物、そして鮮魚などが所狭しと並んでいます。

加盟店舗数
16店舗
MAP
D-1~D-9,C-20
営業時間
店舗毎に異なる
連絡先
渡島蔬菜農業協同組合
(事務局)0138-23-5185

http://www.ganso-hakodateasaichi.or.jp/

お客様専用駐車場

詳しくはコチラ

知っていると、より楽しい! 函館朝市の豆知識

その1 函館朝市って?

昭和20年、近隣町村の農家が立売を始めたのがルーツ。今では約1万坪の敷地に、連合会推奨店および、渡島蔬菜農業 協同組合による約150店舗と、その他周辺店舗合わせて計約280店舗が集まる函館の一大名所です。 カニやサケをはじめとした海産物や、農園からの直売品の販売だけでなく、鮮度抜群の海鮮丼などが食べられる食堂も 併設。年中無休でグルメな旅人を迎えてくれます。

函館朝市の基本情報

営業時間
1月~4月…6:00~12:00(但し、一部店舗は14:00頃まで)
5月~12月…5:00~12:00 (但し、一部店舗は15:00頃まで)
定休日
なし(但し、店舗毎に異なります)
アクセス
JR函館駅より徒歩1分
駐車場
約350台(朝市駐車場および周辺含む。1時間250円、連合会加盟店で2,100円以上の利用で1時間サービス)

取り扱い品目

食堂・塩干物・珍味加工品・青果物・生鮮魚・衣料・米穀・生花・日用
雑貨・食料品等
価格帯:海鮮丼1,000円~、イカ刺し定食1,200円~、
毛ガニ(中)4,000円~、ホッケの開き(特大)1,000円~、
魚卵(筋子・タラコ)3,000円~
使用可能カード:店舗ごとに異なる


その2 函館朝市の歴史

函館朝市はどんな歴史をたどってきたのか沿革を見てみましょう。

昭和20年
戦後、函館周辺の農業生産者の一部が、函館駅前広場の隅で野菜の立売りをはじめる。
昭和21年
駅前広場から移動し、立売りを路上で設営して露店の形態で営業していた。
昭和22年
立売り露店形態は、衛生・交通等の見地から常に立ち退きを迫られていたが、渡島農業協同組合連合会の協力援助を受け、生産者と消費者が売買を行い野天市場が生まれた。その後、函館近郊から、露天商、ガンガン部隊とが集まり、市場の機能が拡大混乱に陥った為、渡島農業協同組合連合会の中に運営委員会を設け、管理運営にあたり市民に認識されていった。
昭和31年
市と交渉し、現在の市所有地1,997m2を買収移転した。(移転日:昭和31年9月21日)生産者所有の市場を持つことで、従来の渡島農業協同組合連合会を、渡島蔬菜農業協同組合に改組し、新たに朝市連合会が分岐誕生した。
昭和62年
法人組合(6法人)により、強力な組織をつくり、力を結晶する必要性から、函館朝市協同組合連合会が設立された。
平成3年
朝市シンボルマークを公募し、朝市協同組合連合会のマークを定めた。
平成4年
連合会加盟の朝市ガイドマップが始めて作成された。
平成16年
連合会青年部が発足する。また、ホームページを開設する。
平成17年
非加盟店舗との差別化を図るため「あさいっちゃん」キャラクターをデザインし、ロゴマークを作成。商標登録を申請し1月に認可される。国の助成金を活用し「中小企業人材確保推進事業」を実施。(平成19年度まで)
平成18年
「函館朝市」の商標登録が6月に認可され、非連合会員との差別化を明確化する。
平成21年
新たに「函館朝市推奨店5か条」を制定し、5か条入りの看板を作成する。
平成23年
3月11日に発生した「東日本大震災」によりエリア全店が被災するも、4月1日には予想よりもはるかに早く、エリアとしての営業を再開する。

詳しくはコチラ

函館・南北海道観光ガイド 社団法人 函館国際観光コンベンション協会 http://www.hakodate-kankou.com/

PAGE TOP