京都市/上京区 京都御苑 24時間、開かれた公園

京都市民に愛される国民公園

京都市内の中央に位置する京都御苑。東西約700メートル、南北約1,300メートルの広大な敷地の京都御苑の一帯は、江戸時代には大小200あまりの屋敷が立ち並ぶ公家町でした。
1869年(明治2年)、都が東京へ移ったのち、急速に荒廃してきた公家町の様子を深く哀しまれた明治天皇が、御所の保存を京都府に命じました。
1974年(昭和22年)、同じく皇室苑地であった新宿御苑、皇居外苑とともに、国民公園とすることが閣議決定され、現在では、京都市民に愛される憩いの地となっています。

門

京都市の中心部
朝観光のスタート拠点に最適!

京都御苑は、約65ヘクタールにもおよぶ広大な敷地を有し、24時間いつでも入ることができることから、朝日が差し込むころには、ジョギングや散歩を楽しむ方々が多く訪れます。また京都市内の真ん中に位置していることから、あらゆる観光スポットへのアクセスにも優れており、京都御苑をスタート拠点とした朝観光にも最適です!

なお、敷地内は砂利道となっておりますので、歩きやすいスニーカー等での散策がオススメです。

京都御苑内

京都御苑内の見所スポット

京都御苑内

京都御苑の見どころは、何といっても豊かな自然です。広大な苑内には、約5万本の樹木があり、四季を通じて自然にふれあうことができます。また、多くの生物が生息する苑内は、野鳥の観測地としても知られています。自然に親しむ場所として「母と子の森」「出水の小川」「森の文庫(植物や生物など自然についての本が読めます)」などが整備されており、専門家のお話が聞ける自然教室なども開催されることがあるので、ご家族、お友達と一緒に参加してみてはいかがでしょうか。

京都御苑付近の観光スポット

もともと公家町であった京都御苑の周辺には、歴史的観光スポットが目白押しです。
京都御苑の敷地内にある「厳島神社」は、平清盛ゆかりの神社とされる神社で、花こう岩でできた鳥居は、京都三珍鳥居のひとつになっています。
京都御苑の西に位置する「護王神社」は、和気清麻呂が刺客に襲われそうになったところを、300頭の猪に救われたという説があり、狛犬の代わりに狛猪が祀られています。
京都御苑の東に位置する「廬山寺」は、紫式部の邸宅跡として有名で、源氏物語や紫式部日記、紫式部集などもこの地で執筆されたといわれています。

「京都御苑」概要DATA

京都御苑

名称
京都御苑
場所
京都府京都市上京区京都御苑
開放時間
毎日(24時間)
アクセス
京都市営地下鉄烏丸線「丸太町」駅より徒歩1分
京阪電鉄 京阪本線「神宮丸太町」駅より徒歩10分

このページのトップへ戻る