京都市/京都駅 京都タワー大浴場~YUU~ 京都タワー地下の、ほっこり浴場

京都のランドマークの地階に潜む大浴場

2014年に開業50周年を迎えた京都タワーの地下3階には、2年前にリニューアルオープンした大浴場があります。朝7時から入浴できるこの大浴場は、知る人ぞ知る人気スポット。 夜行バスを利用する観光客を中心に、観光シーズンの朝は待ち時間が出るほどの盛況です。
約130㎡の広さがある男湯は、浴室のほぼ中央にある大きな浴槽が印象的。中心部分には噴水が設けられ、たっぷりの湯が涌き出ています。また、壁には大文字山や京都タワーが影絵のように浮かび上がり、地階にいながら京都の風景に思いを馳せることができます。
シンプルな内装の女湯は、モノトーンを基調とした落ち着いた空間。洗い場が一人分ずつ区切られているので、周囲を気にすることなくゆったり使用できるのも魅力です。パウダーコーナーも広く、湯上りも心置きなく支度できるので安心。
タオルや石鹸、シャンプー、基礎化粧品、ドライヤーなどが無料で利用できるので、手ぶらで訪れることができます。

大浴場
地元住民からも人気の大浴場は、リニューアルに伴い拡張し、より使いやすくなりました

女性用浴室
女性用浴室、温かい湯船でゆったりと体を伸ばしながら、一日の旅のプランを考えよう

女性用脱衣所
シンプルで清潔感があると人気の女性用脱衣所。洗面台には自由に使える基礎化粧品などが並んでいます

早朝到着の観光客にも人気

毎日通う地元住民のほか、最近では早朝に京都へ到着する夜行バスの利用客が増加。近年のマラソン人気も伴って、鴨川や周辺を走るランナーが立ち寄り、汗を流すこともあるそうです。また、京都タワーホテル3階にあるレストランタワーテラスでいただく朝食がセットになった「朝食バイキング&大浴場プラン2200円(前日までの要予約)」の利用もおすすめ。
大浴場で汗を流した後、朝7時から10時まで、約20種の和洋食メニューやフルーツのほか、京都ならではの和菓子を味わうことができます。
朝風呂で爽快な気分になった後は、朝9時から営業する展望室へ。地上100mに位置する展望室からは、360度ぐるりと京都を見渡すことができ、空気の澄んだ日には大阪市内を望むことも可能です。
周辺には、西本願寺や東寺などの世界遺産寺院が点在し、京都駅バスターミナルからは、観光地へと向かうバスが往来。京都タワーを地下から地上まで堪能して各エリアに出かけましょう。

待合スペース
ゆったりとした受付前の待合スペース。朝は、旅のプランを練る多くの観光客で活気にあふれています

男性用浴室
男性用浴室

女性用浴室
女性用浴室

「京都タワー大浴場」概要DATA

場所
京都府京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町721-1
営業日/営業時間
毎日7:00~20:30(最終入場20:00)
料金
大人750円、 小人(2歳以上小学生以下)450円
別料金
バスタオル1枚100円
入場のお断り
入墨・タトゥーを入れた方、 泥酔の方、暴力団関係者
※季節により営業時間を変更することがございます。
  • 入り口

    大浴場へは京都タワービル西側の入口よりエレベーターで地下3階へ

  • 男湯脱衣所

    女湯だけでなく、男湯の脱衣所にも基礎化粧品などを用意しています

  • 脱衣所ロッカー

    脱衣所のロッカーが大きいので旅行カバンもゆったり収納。スーツケースや大型のものはフロントに預けることができます

「京都タワー」について

京都駅の北側、ビルの屋上からのびる白いボディが印象的な京都タワーは、灯台をモチーフとして1964年に建設されました。当時の京都市人口131万人に由来し、高さは131m。鉄骨を使用せず、特殊な鋼板シリンダーを円筒形に溶接して繋ぎあわせるという、独特の構造となっています。約800tのタワーを支えるのは、地下3階、地上9階建ての京都タワーホテル。地下1階は京都駅と直結しており、アクセスの良いスポットとなっています。

このページのトップへ戻る