このページは2014年1月のリニューアルよりも以前に掲載していた内容です

まちぐるみ まちぐるめ 新潟県佐渡 ぐるたび 食べることは、守ること。佐渡のふるさと応援料理教室 第5回「2012/10/7(日)」


第5回 ふるさと応援料理教室 in 佐渡

10月7日(日)、佐渡市金井地区にある伝統文化と環境福祉の専門学校を会場にふるさと応援料理教室が開催されました。

この日の講師は、東京都中央区に店を構える日本料理店「日本橋ゆかり」三代目 野永喜三夫氏。野永シェフは「料理の鉄人」チャンピオンとしても広く知られています。「海に囲まれて食材も豊富、独特の地形の佐渡に一度来たかった」と、初めての佐渡をとても楽しみに来島されました。この日は、両津地区のフレンチ イタリアン レストラン「清助」の尾﨑邦彰シェフも参加して、サポートをしてくださいました。

今回のメニューは「佐渡島ツブ貝(西バイ貝)の炊き込みごはん」「イナダのつみれと根菜の味噌汁」「いごねりにバニラアイスソースと黒蜜ときな粉をかけて」。

過去最高人数となった参加者33名を迎えたのは、料理教室のスタートに合わせて引いた「出汁」のあたたかな匂い。一瞬にして参加者の表情もほぐれ、「料理は思いやりと段取り」と語るシェフの想いが感じられた場面でした。

今回使用した佐渡の食材はこちら



あたたかい湯気の中で、笑顔の試食タイム!

炊き上がりに歓声が上がった「佐渡島ツブ貝(西バイ貝)の炊き込みごはん」。つやつやとした新米ごはんに、仕上げに混ぜ込んだ海苔の香りが食欲をそそります。ツブ貝の旨みが生姜を効かせた出汁で炊き込むことで際立ち、その魅力を発揮しました。

「イナダのつみれと根菜の味噌汁」からは、ゴボウのいい香りが立ちのぼります。やわらかいつみれは、マヨネーズのほのかな酸味がイナダの旨味を引き立て、根菜の旨みで奥深い味わいの味噌汁に仕上がりました。

そして「いごねり」のデザート。アイスクリームを溶かしたソースがまろやかにいごねりに馴染んでいました。「子どもが喜んで食べた」「いろんな味を試せて楽しそう」と、初めての組み合わせに会場が沸き立ちました

「イナダのつみれと根菜の味噌汁」 「佐渡島ツブ貝(西バイ貝)の炊き込みごはん」
「いごねりにバニラアイスとソースと黒蜜ときな粉を

※レシピは参加者特典として配布されます


水から煮ることで旨みを引き出すなど「理」にかなった方法で美味しく仕上げるポイントを学んだ今回の料理教室。また、味の可能性を広げるのは「発想」次第という楽しいヒントもいただいたのでした。

デザートの美味しさにビックリ 勉強になりました!

「ブリマヨ」登場のサプライズ!

今回の料理教室で佐渡入りが決まった時から、野永シェフの胸中には「料理教室以外にも島のためになる何かがなければ、佐渡に行く意味がない」という想いがあふれていました。日本各地で食のアドバイザーと貢献するシェフにとって、当然とも言える想いから、佐渡の食材を使った試作品作りが始まりました。

そして、この日の料理教室でサプライズとして、佐渡を代表する海の幸「ブリ」と「ながも」を使い、考案された試作品がお披露目されました。ブリはツナマヨならぬ、「ブリマヨ」と名付けられ、ながもは豆板醤などで味付けした「常備菜」に変身。参加者も興味津々で、矢継ぎ早に質問が飛び交い、盛り上がりました。

この2品は、同日の午後に開催された「夕映え市」に出店した、ぐるたびの「まちぐるみ まちぐるめ」ブースにても試食が行われました。

「ブリマヨ」 「試作品に参加者は興味津々
「ながも辛味噌」
野﨑シェフ(写真左端)も一緒に「ブリマヨ」最高!

講師からのメッセージ

海の幸、山の幸が魅力的な佐渡で、私も刺激を受けたいと思って楽しみにしていました。皆さんが毎日使っている食材を、ちょっとしたアイデアでこんな風にしてみたらどうかなとメニューを構成しました。発想次第で食材にはいろんな可能性があることをお伝えできれば嬉しいです。

東京都中央区に店を構える日本料理店「日本橋ゆかり」三代目 野永喜三夫氏と参加された皆様

参加者に感想を聞きました!

  • ツブ貝は炊き込むことで貝の旨みを存分に楽しめました。いつもは貝類は茹でて食べることが多いので、レパートリーが増えて嬉しいです。(池)
  • つみれにマヨネーズを入れたのは初めてですが、食感がやわらかく味もまろやかになりました。いごねりのスイーツは、ただただビックリ。お料理は発想が大事なんだと思いました。(本間)
  • 溶かしたアイスクリームのなかでいごねりの食感の面白さが際立って、スイーツとして成り立っていました。更に冷やしてから食べるのも美味しいかなと思いました。 (藤井)
  • 初めての参加ですが、シェフのデモンストレーションで、手順が理解できて作りやすかったです。(廣瀬)
  • 身近な食材を使ったシンプルなレシピなのに、旨みがたっぷりと感じられて驚きました。「食材は水から入れて旨みを引き出す、栄養価の高い皮ごと使う」など合理的なポイントも今後に活かしていきます。(高野)

佐渡ならではの食材を使った「ふるさと応援料理教室」は以下の日程で開催します!詳細が決まり次第、ぐるたびにて発表いたしますので、楽しみにしていてくださいね!第6回 11月 第6回 ふるさと応援教室 日程調整中のため、近日公開予定! ふるさと応援料理教室についてのお問合せは下記まで 問合せ先:ぐるたび地域活性化プロジェクト事務局 フリーダイヤル 0120-61-9672

※上記、料理教室の予定は10月17日現在の情報です。予告なく変更する場合がございます。

PAGE TOP