幻の和牛が育つ島 佐渡牛物語

朱鷺 佐渡おけさ 薪能

佐渡市って?

新潟県の沖合いに浮かぶ、佐渡島。
国内では沖縄本島に次ぐ大きさで、外周が263キロ、約855平方キロメートルという東京23区の約1.5倍の面積を持ちます。

東西南北で気候が異なり、島内に北海道と沖縄の植物が混在するという不思議な一面も。豊かな海に囲まれ、山、川、湖、里が織り成す郷愁の風景が広がります。そこから生まれる多彩な食も大いなる魅力です。

佐渡牛が食べられるお店

ぐるたび 佐渡ページはこちら

世界農業遺産の島で健やかに育つ「幻の牛」

佐渡の稲藁を資材として利用

日本海に浮かぶ島、佐渡島。化学肥料や農薬を減らした農法の田んぼには生き物が根付き、トキがエサを求めて舞い降ります。環境保全の全島の取り組みは、平成23年に世界農業遺産に登録されました。

安全・安心の米作りは、牛たちの飼料となる稲わらにもつながっています。島の風土と佐渡の人々の想いを受けて、大切に育てられるのが佐渡牛なのです。

佐渡和牛の定義

1 佐渡生まれであること。  2 佐渡育ちであること。
3 佐渡で収集した稲わらを飼料とした安全・安心の飼育であること。

和牛のオリンピックに佐渡の牛が入賞!

全国和牛能力共進会とは,全国和牛登録協会(京都市)が主催する全国規模の和牛の品評会です。5年に1度、全国持ち回りの開催で、各都道府県から選抜された約500頭が出品され、別名「和牛のオリンピック」と呼ばれています。平成24年、長崎で開催された第10回では、種牛の部「第 2 区(若雌の1)」と「第 3 区(若雌の2)」で佐渡からの出品牛がそれぞれ1等賞を獲得し、次回の宮城県全共での更なる飛躍が期待されています。

歴史と共に歩んだ佐渡の牛

古代から海路による交流が盛んであった佐渡では、佐渡の和牛の飼育記録も早い時期に見られます。また、牛の信仰、民話などからも牛との関わりが読み取れます。佐渡鉱山の繁栄によって大きく需要を高めた牛は、明治時代には新潟県の約6割に達し、佐渡は「和牛の島」として名を馳せました。

農作業の担い手として家族のように大切な存在だった役用牛の時代を経て、現在も佐渡の畜産の現場では努力が重ねられています。その成果は和牛のオリンピックと呼ばれる全国和牛能力共進会に選抜され1等賞を獲得するなどの数々の快挙に表れています。繁殖牛の産地として「和牛の島・佐渡」の歴史は刻み続けられているのです。

大日堂

「信仰」大日堂

大同2年、大日・豊受を背負った牛が両尾海岸に上陸した伝説が語り継がれています。大日を祀る新穂地区の守護神として島の信仰を集めてきました。人々の想いは、奉納された絵馬などから伝わってきます。

赤泊大杉地区の「泳来母牛の像」

「民話」 悲しい母牛

佐渡の赤泊港から船に乗せられ越後の寺泊に売られた母牛が、佐渡に残した子牛に会いたい一心で越佐海峡を泳いだといわれています。ついに赤泊の海岸に着いたときには、白い骨となってしまいましたが、それでも「モウ」と鳴いて力尽きました。

佐渡牛のあゆみ

潮風を受けて草を食む、自然に寄り添う飼育スタイル

かつて佐渡の農家では、春の農作業が終わると牛たちを山野に放しました。飼育労力の軽減と牛の健康を考えた夏山冬里の放牧は、佐渡の牛飼いとして今に受け継がれています。海洋性気候の島特有のミネラル豊富な芝草を食べ、自由に大地を踏みしめる放牧は、牛たちの心身を健やかかに育みます。

海に臨む関岬放牧場でも、芝草が萌え出す春から秋の気配が色濃くなるまで繁殖農家が共同で牛たちを放牧させています。子牛も母牛と一緒に大地の恵みを一身に受けて育ちます。

おいしそうに草を食む姿に、ベテランの牛飼い人は目を細めます。ケガをしていないか、病気は大丈夫か、声をかける姿に家族のように牛を大切にしてきた歴史が重なって見えました。

佐渡の放牧場マップ
関岬放牧場 放牧場と大野亀 関岬放牧場 雌牛 関岬放牧場 牛の親子

子牛たちの運命を決める高千家畜市場

競り/AUCTION

佐渡で産まれた子牛たちが海を渡り、誰もが名を知るブランド牛になることをご存じでしょうか。子牛を競りに出す繁殖農家に対して、成牛に育てるのが肥育農家。競り落とした子牛をそれぞれの土地の名称を冠したブランド牛へと肥育していきます。
繁殖経営が主流の佐渡は子牛産地としての評価が高く、健康な子牛を求めて県内外から多くの購買者が集まります。年間約300頭の佐渡の子牛が競りに出され、その多くは日本各地の高級ブランド牛となるべく生まれ故郷の佐渡を離れます。
高千家畜市場は子牛たちの運命を決める日。会場入口で手綱をスタッフに託す直前まで、飼い主は最後の世話に余念がありません。6~8ヶ月間、大切に育てた子牛との別れのときが近づいています。競り会場では主催のJA佐渡による進行で、1頭1頭が紹介されていきます。購買者席から真剣なまなざしが集まり、電光掲示板に最終値が表示されるまでわずか数分。「佐渡に残したい、佐渡の購買者さん、頑張ってください」、マイクを握る主催者の想いが飛び出します。
高千家畜市場を経て佐渡牛になるのは運命を手にするのは毎回全体の1~2割程度です。佐渡の肥育農家やJA佐渡肉用牛中核育成センターにバトンが渡され、子牛たちは更に約20ヶ月をかけて丁寧に育てられます。和牛の島の誇りを胸に、関係者のたゆまぬ努力は、佐渡牛の可能性を未来へつなげています。

競りの様子

  • 競りの様子01
  • 競りの様子02
  • 競りの様子03
  • 競りの様子04
  • 競りの様子05
  • 競りの様子06
  • 競りの様子07
  • 競りの様子08
  • 競りの様子09
  • 競りの様子10

春季高千家畜市場…4月2日
夏季高千家畜市場…7月2日
秋季高千家畜市場…11月2日

主な購買地区
岐阜県、福島県、山形県、岩手県、三重県、
新潟県

幻の佐渡産和牛が食べられるお店ガイド

佐渡牛料理が食べられるお店をご紹介します。工夫を凝らしたおいしいメニューをご賞味下さい。 ※佐渡牛のご提供は入荷状況によります。※金額は平成26年1月現在のものです。

レストラン&バー こさど

佐渡牛のサーロインステーキ 3,800円~ レストラン&バー こさど 外観 予約なしでも佐渡牛をご注文いただけるのは当店だけ。

佐渡牛のお肉の中でも、さらに希少といわれるサーロインの部分を味わえます。パティシエが作るケーキや、自家焙煎の珈琲もおすすめです。

電話
0259-55-4004
住所
新潟県佐渡市真野新町275-2
アクセス
両津港より車で約30分
営業時間
11:00~14:00(L.O)/ 17:00~21:00(L.O)
バータイム 21:00~22:00
平均予算
昼/1,000~2,000円
夜/1,000~2,000円
席数
44席
定休日
水曜日

Restaurant 清助

アテビでスモークした佐渡牛の石焼き金鶴熟成酒粕とシナモンのソース Restaurant 清助 内観 佐渡牛をサプライズのある料理に仕上げました。

両津地区にある一日一組限定のフレンチ&イタリアンレストラン。
竹林の奥にひっそりと佇む古民家で至福の時間が待っています。

電話
0259-27-6850
住所
新潟県佐渡市潟端398
アクセス
両津港より車で約15分
営業時間
応相談(12:00頃から22:00頃)
平均予算
昼/3,000~18,000円
夜/5,000~25,000円
席数
8席
定休日
完全予約制のため予約状況による

Restaurant ラ・プラージュ

佐渡牛のコース 6,500円~ Restaurant ラ・プラージュ 外観 佐渡食材でおもてなしするのは当館の喜びです。

Ryokan浦島併設のレストランとして平成24年にオープン。越の松原の
向こうに海が広がるロケーションで佐渡産フレンチをいただく贅沢。

電話
0259-57-3751
住所
新潟県佐渡市窪田978-3
アクセス
両津港より車で約30分
営業時間
11:30~14:00(L.O)17:30~20:00(L.O)
平均予算
昼/2,000~4,000円
夜/4,000~10,000円
席数
80席
定休日
不定休(浦島東館に準ずる)

ご縁の宿 伊藤屋

佐渡牛のサーロインステーキ ご縁の宿 伊藤屋 外観 佐渡牛の一番美味しい部分を贅沢に味わってみませんか?

神社仏閣が多数点在する真野地区に立地し、佐渡観光の拠点に適した宿。館内は民芸調の落ち着いた雰囲気。佐渡随一の佐渡海洋深層水風呂で旅の疲れを癒してください。(※佐渡牛は別注料理でもご注文承ります。)

電話
0259-55-2019
住所
新潟県佐渡市真野新町278
アクセス
両津港より車で約30分
1泊2食
7,350円~(季節、人数等により変動)
部屋数
和室16室
in/out
15:30 / 10:00

かぶせの湯 相川やまき

佐渡牛プラン 15,900円~ かぶせの湯 相川やまき 外観 希少な佐渡牛を贅沢に、特別にご堪能いただけます。

日本海を一望する自家源泉大浴場を持つ海辺の宿、佐渡金山に近い立地も魅力。旬の食材が豊かな朝食バイキングでは、女将手作りの佐渡産米粉パンが好評です。(※朝食内容がバイキングではない日がございます。予めお電話でご確認ください。)

電話
0259-74-3366
住所
新潟県佐渡市相川鹿伏361
アクセス
両津港より車で約50分
1泊2食
10,500円~(季節、人数等により変動)
部屋数
和室58室
in/out
15:00 / 10:00

佐渡相川温泉 ホテル吾妻

佐渡牛プランの一例 佐渡相川温泉 ホテル吾妻 外観 詳しくは3月掲載のHP、佐渡牛のプランをご覧ください。

七浦海岸国定公園の断崖に建つホテル。大自然のスケールを満喫しながら眺める夕景は感動的です。(※創業88年を迎える2014年3月から名称が「佐渡相川温泉夕陽にいちばん近い宿 吾妻夕映亭海容亭」に変わります。)。

電話
0259-74-0001
住所
新潟県佐渡市大浦548-1
アクセス
両津港より車で約50分
1泊2食
15,000円~(季節、人数等により変動)
部屋数
和室49室
in/out
15:00 / 10:00

しいざき温泉 ホテル ニュー桂

佐渡牛ステーキコース 基本料金に5,000円の追加で承ります しいざき温泉 ホテル ニュー桂 外観 佐渡食材の魅力を佐渡牛コースでお楽しみください。

加茂湖を見下ろすロケーションに癒される高台の宿。トキが傷を癒したと伝わる椎崎温泉のなめらかなお湯がゆったりとした旅のひとときを演出します。佐渡の旬を吟味した会席膳の数々が魅力です。

電話
0259-27-3151
住所
新潟県佐渡市原黒696-1
アクセス
両津港より車で約5分
1泊2食
10,500円~(季節、人数等により変動)
部屋数
和室58室
in/out
15:00 / 10:00
PAGE TOP