~高崎市が誇るおすすめ観光スポット~ どちらも行きたい!2大パワースポット&2大梅林

高崎市の魅力を2大スポットとして紹介

古くから交通の要衝であり、江戸時代には高崎藩の城下町や商業都市として栄えてきた高崎市には、自然や歴史、文化遺産などに触れることができる素敵なスポットがたくさんあります。注目は、高崎市が誇る2大パワースポット「榛名神社」、「白衣大観音」と、感動するような風景に出会える「榛名梅林」、「箕郷梅林」の2大梅林。どのスポットも高崎市の魅力を存分に満喫できるので、あなたの旅のテーマで選んでみて!忘れられない旅に彩りを添えてみませんか。

どっちも行っちゃう?
榛名神社 | 白衣大観音

高崎市を楽しむなら神社仏閣巡りは欠かせません。榛名山の中腹に厳かに佇む「榛名神社」と、観音信仰の中心地・観音山の「白衣大観音」は、パワースポットとしてどちらも多くの観光客が訪れる人気スポット。「榛名神社」では、美しい木々に囲まれた参道をのんびり散策するのがオススメです。マイナスイオンを浴びて心も体もリフレッシュ。胎内を登って雄大な景色を眺める「白衣大観音」はロマンティックなデートにピッタリ。あなたはどっち派?

榛名神社

榛名神社

関東でも有数の強い神霊磁場の土地として知られていて、「願いが叶う!」と評判のパワースポット。特に社殿前にある御姿岩は、ご利益パワー◎。また、本殿までの参道も、渓谷や榛名川のせせらぎ、迫力の奇岩などダイナミックな景観や自然美を堪能できます。

このスポットを見る

白衣大観音

白衣大観音

高崎のシンボルとして愛される「白衣大観音」は、41.8mもの高さを誇る大観音像。肩の部分にあたる最上階までは階段で登ることができ、頂上からは高崎市街地をはじめ、上毛三山や遠く日光連山、秩父連山、八ヶ岳連峰などの山々まで一望できる絶好のビュースポットです。

このスポットを見る

今年はどっちに行く?
榛名梅林 | 箕郷梅林

東日本一の梅の生産を誇る高崎市には、榛名山を背景に広がる「榛名梅林」と関東平野を一望する広大な丘陵に広がる「箕郷梅林」という2つの広大な梅林があります。いずれの梅林も白梅が中心で、丘陵地帯が白一色の花に埋め尽くされる風景はなんとも幻想的。3月上旬から3月下旬のお花見のシーズン中には、両梅林ともにさまざまな魅力いっぱいのイベントが開催され、大勢の花見客で賑わいます。圧倒的なスケールで広がる梅林を訪れて、一足早い春を体感してみては?

榛名梅林

榛名梅林

高崎市にある「榛名梅林」と「箕郷梅林」、そして安中市にある「秋間梅林」は、群馬三大梅林と呼ばれています。なかでも、「榛名梅林」は、群馬県最大級といわれる広大な梅林で、榛名山を望む丘陵一帯が、梅の花で埋め尽くされる風景は、まさに圧巻。「榛名の梅祭り」が開催される時期には、梅林の中をトテ馬車に乗って優雅にお花見ができるというのも、榛名ならではの楽しみ方。

このスポットを見る

箕郷梅林

箕郷梅林

榛名山の南麓、関東平野を一望する約300haの小高い丘に広がる梅林には、約10万本の梅の花が咲き誇り、散策路からは見渡す限りの眺望が楽しめます。お弁当やお酒の持込みもできるので、ピクニック気分で出かけてみるのもあり。 梅の開花のシーズンには、梅まつりが開催され、梅見茶会などのイベントが行なわれ、大勢の花見客で賑わっています。

このスポットを見る

このページのトップへ戻る