鶴岡ツーリズム

日本海に面する鶴岡市は、山形県第二の都市。市の広さは東北一を誇ります。
かつて城下町として栄え、豊かな自然とともに長い歴史を紡いできました。
また、鶴岡市は日本で唯一、ユネスコ食文化創造都市に認定されている「食の都」です。
そんな鶴岡で新しい楽しみとして注目されているのが「鶴岡ツーリズム」。食の都鶴岡ならではの「おいしい食の体験」を中心に、収穫体験や食体験、ものづくり体験、アクティビティ、農家宿泊などを通して、通常の観光旅行では出会えない人々や文化、自然と触れ合うことができます。
春は孟宗堀り、夏はきらめく日本海やだだちゃ豆の収穫、秋は赤かぶの収穫と漬物づくり、冬はスキーと、季節にあった楽しみ方で鶴岡を満喫してください!

鶴岡ツーリズムだより
ダウンロード
モデルコース

今や、全国区のブランドとなった「だだちゃ豆」や「焼畑あつみかぶ」を自分の手で収穫!他にも、
山形県の代表的なフルーツ、さくらんぼのもぎ取り体験や庄内砂丘メロンの食べ放題など、季節ごとに
さまざまな食の体験が楽しめるのが鶴岡の魅力。イカの一夜干し、ところてん作り、芋煮会など鶴岡
ならではの体験も満載。

収穫カレンダー

  • 孟宗掘り

    孟宗掘り

    5月要予約

    孟宗(もうそう)と呼ばれるタケノコは鶴岡人にとって身近な食材であり、春の風物詩的存在でもあります。「孟宗汁」で楽しむのが定番です。新鮮であればあるほど、やわらかくえぐみが少ないため、孟宗掘り体験は大変人気があります。山の斜面に上り、孟宗が生えている場所をプロに教わりながら探します。堀り出すのにも技とコツが必要です。姿の見えない孟宗を掘り出す楽しみは格別ですよ。

    三瀬自治会
    産直伊勢堂

  • 山菜採り

    山菜採り

    5月~6月

    鶴岡の春の食卓に欠かせないのがわらび。比較的長い間収穫ができ、群生域も雑木林から草原と広範囲にわたります。体験施設では土に肥料を施しているため、太くて粘りのある質の良いわらびが収穫できます。採れたわらびは、おひたしや煮物のほか、味噌で味つけるわらびたたきや、お味噌汁の具としてもおすすめです。アクが強いのでアク抜きの方法も覚えて帰りましょう。

    木野俣観光ワラビ園
    大鳥タキタロウ村
    あつみ観光協会
    大平高原わらび園

  • 漁体験

    漁体験

    春・夏4月~10月要予約

    日本海に面している鶴岡は海の幸の宝庫。食べるだけではありません。定置網・地曳網などみんなで力を合わせて網を引く漁体験ができます。どんな魚たちが入っているか観察してみましょう。※地曳網は5月~9月


    自然体験あつみコーディネット
    ゆらまちっく

  • 海鮮バーベキュー

    海鮮バーベキュー

    春・夏5月~10月要予約

    海辺で地元で採れた新鮮な魚介を使ったBBQが体験できます!定番のBBQに飽きた方にも、新鮮な魚介類を楽しみたい方にもおススメです。

    ゆらまちっく

  • さくらんぼ狩り

    さくらんぼ狩り

    6月

    山形県はさくらんぼの生産量が日本一。鶴岡市内にもたくさんの観光さくらんぼ園があります。
    時期により佐藤錦や紅秀峰など多くの品種を味わえるので、自分の舌にぴったりのさくらんぼを探すのも楽しいですよ。

    櫛引地域観光果樹園紹介所
    チェリー渡辺
    榎本菜園
    くにちゃん農園

  • メロン食べ放題

    メロン食べ放題

    7月~8月

    日本三大砂丘のひとつ、庄内砂丘は日本一の長さを誇ります。昼夜の寒暖の差や水はけのよさ、きれいで豊富な地下水など、砂丘の持つ特性を生かしてメロンが栽培されています。甘くみずみずしいメロンは鶴岡を代表する特産物のひとつです。
    メロンが旬を迎える夏に、食べ放題を体験できます。メロン好きにはたまらない体験になること間違いなし!

    JA鶴岡園芸特産課

  • ブルーベリー狩り

    ブルーベリー狩り

    7月~8月

    ブルーベリーを生で食べたことがありますか? 摘みたてのブルーベリーの果実は、濃厚でみずみずしく、一粒一粒は小さいながらも食べごたえがあります。冷凍や輸入品とは、まるで違うイメージと驚かれる人も多いそう。
    鶴岡はブルーベリーの年間生産量が30トンという日本有数の産地です。7軒の農家からはじまったブルーベリー栽培は、月山の麓で雪解け水を利用し栽培されています。ブルーベリーは品種も豊富で、収穫体験では約15種類が味わえます。

    月山高原鈴木農園

  • だだちゃ豆収穫

    だだちゃ豆収穫

    7月下旬~9月上旬要予約

    鶴岡が誇る特産品、だだちゃ豆。ほかの枝豆とは一線を画す強い香りと甘みを持ち、とくに採りたてを塩茹でして食べるだだちゃ豆は格別の味わいです。
    収穫時期のみ開かれる直売所に早朝から並び手に入れるのも良いですが、本場の畑で収穫から体験してみませんか?株ごと引き抜いただだちゃ豆は、持ち帰りもOK。おみやげにも喜ばれます。

    JA鶴岡園芸特産課
    産直伊勢堂

  • ぶどう狩り

    ぶどう狩り

    9月~10月

    フルーツ王国・山形県内でもフルーツタウンと称される鶴岡市櫛引エリア。栽培する種類の豊富さでは県下一を誇ります。観光果樹園が軒を連ね、たくさんの種類の果物の収穫体験ができます。
    江戸時代初期から山形ではぶどう栽培がはじまりました。鶴岡のぶどうも250年を越える歴史を持ち、名産地として知られています。秋にはいくつもの観光果樹園で、デラウェア、甲州、巨峰、ピオーネなど様々な品種のぶどう狩りが楽しめます。房ごとではなく一粒一粒を粒取りして味わえるのも鶴岡のぶどう狩りの特長です!また、ぶどう狩りを楽しんだ後にその場で芋煮を楽しめる園地もあります。
    ※すべての園地で芋煮ができるわけではありませんので、お問合せ時にご確認ください。

    櫛引地域観光果樹園紹介所

  • ナシ狩り

    ナシ狩り

    9月~10月

    フルーツ王国・山形県内でもフルーツタウンと称される鶴岡市櫛引エリア。栽培する種類の豊富さでは県下一を誇ります。観光果樹園が軒を連ね、たくさんの種類の果物の収穫体験ができます。
    とくに櫛引東荒屋地区は梨の栽培地として有名で、幸水や豊水など和梨のもぎとり体験ができます。空に向かって持ち上げるだけで簡単にもぎ取れます。和梨は種類によって滴るほどの果汁や味わい深い果肉を持ち、洋梨は芳醇な香りに食欲がそそられます。

    櫛引地域観光果樹園紹介所

  • りんご狩り

    りんご狩り

    9月~11月

    フルーツ王国・山形県内でもフルーツタウンと称される鶴岡市櫛引エリア。栽培する種類の豊富さでは県下一を誇ります。観光果樹園が軒を連ね、たくさんの種類の果物の収穫体験ができます。
    もぎたての完熟りんごをまるかじりできる体験はいかがですか?約21種類のりんごが栽培され、市販のりんごと一味違う新鮮なりんごを味わってみてください。また、とれたてのりんごと一緒に園地内で芋煮を楽しめるところもあります。
    ※すべての園地で芋煮ができるわけではありませんので、お問合せ時にご確認ください。

    櫛引地域観光果樹園紹介所

  • いも煮会

    いも煮会

    9月~11月要予約

    芋煮会は山形県の秋の代名詞的存在。鶴岡でも9月~10月にかけて、海岸や川辺などに仲間が集まって、火を起こし、里いもが入った芋煮を作ります。市内のスーパーには、芋煮セットが販売され、具材や鍋、薪木まで手に入るので、手ぶらでもOK!牛肉醤油仕立ての内陸風に対して、庄内は豚肉味噌仕立てなので、味の違いも楽しもう!

    櫛引総合運動公園
    ときわぎ果樹園
    佐久間利兵エ観光農園

  • 山ぶどう狩りとジュース作り

    山ぶどう狩りと
    ジュース作り

    9月~11月要予約

    鶴岡朝日地区では古くから自生する山ぶどうを用いて、疲労回復などに効果があるぶどう酒をつくってきました。江戸時代初期に始まったぶどう栽培とともに、山ぶどうも特産品として盛んに栽培され、品質の高い山ぶどうの産地として知られるようになりました。
    体験では山ぶどうのもぎ取りだけでなく、ぶどうジュースも作ります。ジュースはそのまま飲んでもおいしいですが、漬物や料理などにも使えます。鶴岡の山ぶどうを使った名産品として月山ワインも有名です。

    難波農園

  • 赤かぶ収穫・漬け込み体験

    赤かぶ収穫・
    漬け込み体験

    10月下旬~11月要予約

    古くから庄内地方で親しまれてきた在来野菜の赤かぶ。山間部の斜面を利用した畑を焼き、熱の残るうちに種をまくという、焼畑による栽培が行われています。赤かぶは温海かぶと田川かぶの二種類。そのほとんどが鶴岡の食卓に欠かせない赤かぶ漬けに加工されてしまうため生ではなかなか入手できません。
    収穫ではとれたての赤かぶのパリッとした皮にみずみずしい果肉、辛味と甘味をぜひ味わってみてください。収穫後は、赤かぶが一番おいしく味わえる甘酢での漬込みをしましょう。自分で漬けたかぶ漬けは格別です。

    あつみ観光協会
    自然体験あつみコーディネット
    JA鶴岡田川支店

  • イカの一夜干し

    イカの一夜干し

    通年要予約

    夏の鼠ヶ関港では、洗濯物のようにイカがずらりと干されている景色に出会えます。夏の風物詩、イカのカーテンです。日本海沖で獲れた新鮮なイカをさばき、天日干しにするイカの一夜干し。実は手軽に体験できちゃいます。
    所要時間は30分~1時間弱で、子どもも簡単にさばけます。天日干しにしたイカは数時間で持ち帰りができ、旅のおみげにもぴったり。干しイカは軽く焼くだけで食べられます。自分で作った干しイカは旨味もひとしお。じっくり味わいたいですね。

    自然体験あつみコーディネット
    ゆらまちっく

  • そばうち体験

    そばうち体験

    通年要予約

    毎年新そばの季節には、ふるさとむら宝谷新そばまつり、庄内あさひ新そばまつり、越沢新そばまつりほか、市内各地で新そばまつりが催される、そばどころ鶴岡。そばで大切とされるのが「挽き立て、打ちたて、ゆでたて」の3たてです。
    手作り体験で3たてのおそばを味わってみませんか?そば粉はもちろん鶴岡産100%。達人の指導で、水の混ぜかたから本格的なそば打ちが体験できます。そば打ちをした後に、そばめぐりをして味比べしてみるのもおすすめです。

    自然体験あつみコーディネット
    ふるさとむら宝谷
    休暇村羽黒
    鶴岡市観光連盟

  • ところてん作り

    ところてん作り

    通年要予約

    地元で採れたところてんの材料「天草」を使って、本格的なところてん作りが体験できます。天付きでニュル~っと出てくる感覚がたまりません。

    自然体験あつみコーディネット
    ゆらまちっく

このページのトップへ戻る

このページのトップへ戻る