山岳信仰が息づく 羽黒山の杉並木を歩く

地元ガイドと味わう羽黒山の歴史と文化
石段を登り山頂を目指す120分のツアー。

山形県のほぼ中央に位置する「出羽三山」。古くから山を神聖なものとして崇拝する「山岳信仰」の聖地として知られている。三山の一つ、羽黒山は標高414m。参道には2446段の石段が敷かれ、500本以上の老杉が立ち並ぶ。様々な史跡に出合いながら、静寂に包まれた神聖な杉並木を歩き山頂へ。観光から一歩進んだ、ディープな羽黒山を体感できるガイドツアーをご紹介。

今回ご紹介したコースは、ガイドと共に石段を登り山頂を目指す「石段山頂コース」(5,000円/約120分)。 追加料金で白装束姿の山伏によるガイドも可能。 他にも、「国宝・五重塔コース」(2,500円/約45分)、「五重塔・バス山頂コース」(4,000円/約90分)がある。

詳細はこちら

このページのトップへ戻る