中国の観光・旅行ガイド

中国エリアの特色と見所について。
中国エリアは、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県の五県で構成されるエリアで、日本海と瀬戸内海に面した地域を有するエリアです。
主な見どころとしては、鳥取県の「鳥取砂丘」、島根県の「出雲大社」、岡山県の「岡山城」や「後楽園」、広島県の「厳島神社」、山口県の「錦帯橋」などがあります。
鳥取県にある「鳥取砂丘」は、日本の砂漠とも言われることがある砂丘の一つです。鳥取砂丘は南北2.4km、東西16kmという
広大な土地に広がっており、山陰海岸国立公園の特別保護地区に指定されています。鳥取砂丘では砂漠のような光景を活かして、ラクダと記念撮影ができる他、実際にラクダに乗って砂丘を遊覧できるツアーもあります。さらに砂丘の高低差を活かした、スノーボードならぬサンドボードなども体験できるため観光客に人気のスポットとなっています。
島根県にある「出雲大社」は、あらゆる良縁にご利益があるとされる神社です。その歴史は古く当時の文献や遺跡から平安時代にはすでに創建されていたと言われています。出雲大社の御祭神である大国主神は、縁結びや夫婦和合などのご利益で知られ、縁結びの最強のスポットとしても名高い神社です。神楽殿では、製作期間およそ4ヶ月、長さ13.5m、太さ最大8m、重さ4.4トンという日本最大級の大注連縄(手作り)があり出雲大社のシンボルとして、多くの観光客を魅了しています。
岡山県にある「岡山城」は、1346年から1369年に築城されたと言われている城郭です。城内には市街を一望できるフロアがあり、天気の良い日には美しい町並みを鑑賞できる他、城に関連した縁の品々も展示されており歴史や文化に触れることができる観光スポットとなっています。
「後楽園」は江戸時代初期に造営された日本庭園で、日本三名、ならびに国の特別名勝に指定されています。毎年夏になると園内にある花葉の池には、大輪の白い花を咲かせる「一天四海」という蓮の花が見頃を迎え、訪れる人の目を楽しませています。
広島県にある「厳島神社」は、世界文化遺産に登録されている神社です。厳島は宮城県の松島、京都府の天橋立と並んで、日本三景の一つに数えられており、広島湾に浮かぶ大鳥居を望む社殿は素晴らしい景観一言で、多くの観光客が訪れるスポットとなっています。
山口県にある「錦帯橋」は、日本の名勝に指定されている橋です。錦帯橋は、岩国市の錦川に架橋された木造のアーチ橋で1673年に落成しました。その構造が珍しく変わっていることから、日本三奇橋の一つに数えられている他、日本を代表する名橋として日本三名橋の一つとしても数えられるほど、素晴らしい景観を持った橋となっています。またその四季折々に魅せる表情も大変美しく、訪れる観光客に親しまれているスポットとなっています。
…もっと見る

中国の新着記事

いますぐ予約できる!中国で人気のプラン

ほかにも!中国で人気の体験・アクティビティ

エリアごとの人気スポットは…?

新着投稿PHOTO

PAGE TOP