四国の観光・旅行ガイド

四国エリアの特色と見所について。
四国は、徳島県、香川県、愛媛県、高知県から構成されるエリアで、島の四方が海に囲まれており、瀬戸内海には無数の島々が浮かぶという特徴を持った地域です。四国の中央には讃岐山脈と四国山地が走っており、北と南側で大きく気候も異なります。北側に位置する香川県と愛媛県は、瀬戸内海式気候で夏の季節風は四国山地に遮られ、冬の季節風は中国山地に遮られるため、年間を通じ気候が安定しており降水量が少ないという特徴があります。
南側に位置する徳島県と高知県は太平洋側気候となり、夏は高温多湿で雨がよく降り、冬は雨が少なく乾燥するなど、シーズンにより気候のギャップが大きいのが特徴です。
四国エリアで特に全国的に知られているのが、弘法大師が開いた88の霊場を巡礼する「お遍路」で、今でも多くの人が巡礼の旅に出掛けるエリアとして知られています。観光分野では、「阿波踊り」や「よさこい祭り」などのイベントの他、みかんなどの柑橘類や、瀬戸内海という優れた漁場で採れた魚介類などのグルメが人気を集めています。
主な見所としては、徳島県の「奥祖谷二重かずら橋」、香川県の「エンジェルロード」、愛媛県の「松山城」、高知県の「室戸岬」があります。
徳島県の奥祖谷二重かずら橋は、三好市にある粗谷川に掛かる橋です。奥祖谷かずら橋の特徴は、サルナシなどのツルを使って掛けられた伝統的な吊橋で、古くから伝わる技術を用いて架けられています。近隣には人力のロープウェイもあり、多くの観光客に人気のあるスポットです。
香川県のエンジェルロードは、弁天島から中余島、小余島、大余島へと続く砂浜の道で1日に2回干潮時のみ出現します。このエンジェルロードは、大切な人と手を繋いで渡ると願いが叶うとされており、多くのカップルが訪れる人気の観光スポットとなっています。
愛媛県の松山城は、1602年に豊臣秀吉の子飼衆で安土桃山時代から江戸時代にかけての武将であった加藤嘉明によって築城されました。松山城には21の重要文化財があり、なかでも大天守は江戸時代最後の完全な城郭建築で、現存する12天守の内唯一瓦に葵の御紋が施されているなど歴史的な価値の高い城郭として知られています。現在では松山城に行くためのロープウェイなども完備されており、愛媛県の観光スポットの一つとして人気があります。
高知県の室戸岬は室戸阿南海岸国定公園、ならびに国の名勝に指定されている岬です。岬には日本の灯台50選に認定されている室戸岬灯台があり、灯台の光の届く距離が約49kmと日本一の光達距離を誇ります。室戸岬は賑やかな観光スポットではないため、自然の景観を楽しみたい人にはおすすめのスポットと言えます。
…もっと見る

体験・アクティビティを探す

  • 指定日または期間で指定    
  • 平均的な体験時間
    料金(税込)    
PAGE TOP