能登島 自然と人が共存する島 暮らしを紡ぐ「まあそい」旅能登島 自然と人が共存する島 暮らしを紡ぐ「まあそい」旅

石川県の能登半島の内海に位置する人口わずか約3000人の小さな島・能登島。日本海に位置しながらも荒波の影響を受けない地形により、豊かな自然の恵みを受けたこの島は、漁業と農業の両方を営む半農半漁村の暮らしをしてきました。
能登島の方言「まあそい」とは「豊かな・よく成長した・よく実っている」という意味。1982年に能登島大橋が開通までは自給自足中心の島でしたが、人々は季節ごとに収穫される海の幸や山の幸により、豊かな生活を送ってきました。さらに「能登の里山里海」が2011年に国内初の「世界農業遺産(GIAHS)」に認定されたことで、より一層、注目度が上がっています。そこで今回は、ゆったりとした時間が流れる能登島で、島の人々が心安らぐおもてなしをしてくれる“スローツーリズム”をご紹介します。

海鳥 海鳥

能登島の地形や風土がもたらした豊かさ

 海沿いの道を車で走ると、陽の光に輝く海と水田が隣り合った絶景が楽しめる

海の恵みを受けて発展した特有の海産物

 「鰀目(えのめ)漁港」にはウミネコたちも魚を目当てにやってくる
 七尾湾の漁港の中でも東側に位置する「鰀目(えのめ)漁港」。

 鰀目(えのめ)漁港
 石川県七尾市能登島鰀目町

 民宿やレストランで、新鮮な海藻を気軽に味わうことができる
 塩作りが行われている長崎の小屋の前の海岸では、タコツボでタコが捕れる
 塩作りについてレクチャーしてくれた源内伸秀さん。定期的に塩作り体験ができるイベントも開催
 「のと島クラシノサイクル」のサイクリングツアーに参加すると、能登島の自然や文化に触れられる

里の恵みから稲作や野菜作りが発展

 秋に訪れると、稲穂がたわわに実った田園風景が広がっている
 能登島産特別栽培酒米を100%使用した清酒「能登島」1800mlが3,030円(税込)、720ml が1,950円(税込)

 道の駅 のとじま 
 石川県七尾市能登島向田町122-14
 0767-84-0225
 交流市場・売店 9:00~17:00(内レストランラストオーダー 16:30)
    休館日 12/29~1/1 12/1~3/20までの毎週木曜定休

 能登島の自然農法に惚れ込み、夫婦で高農園を営んでいる高利充さん
 ナス1つ取っても、米ナス、棒ナス、縞ナスなど、いろんな種類のナスが栽培されている

 高農園
 石川県七尾市能登島百万石町27番3号
 0767-85-2678

「まあそい」な食文化を引き継ぐ「まあそい」な人たち

 能登島のランドマークでもある能登島大橋
 窓辺にあるグリーンのハンモックで海を見ながらゆったりとした時間を楽しんで
 左から「葉波」のオーナー福嶋葉子さん、能登デザイン室の田口千重さん、石川県農林水産部の瀬川徳子さん

 能登島ゲストハウス 葉波
 石川県七尾市能登島向田町128-81-2
 050-5242-4911
 宿泊・1泊朝食:4,500円〜(税抜)
    素泊まり:3,500円〜(税抜)

 仲良し夫婦のシェフの長竹俊雄さん(左)と、ソムリエの幸子さん(右)
 自ら仕入れた食材のコンディションに合わせ、最高の一品に仕上げてくれる長竹シェフ
 コースの中の一品 「初秋スズキのワイン蒸し、小坂レンコンの海藻入りタッファン、無農薬の幻の島米ピラフ添え」
 コースの中の一品 「鰀目魚港で捕れた鮮魚、真鯛と炙り秋カマス、島アジ、アオリイカのサラダ仕立て」

 能登島 Sans-souci サンスーシィ
 石川県七尾市能登島祖母ケ浦町5-7
 090-7429-4581(直通)
 ディナー5,000円~、週末ランチ2,500円
    夕食・朝食つきの宿泊プラン15,000円~ いずれも要予約 ※料金はすべて税抜

能登島地図

特集掲載エリア