このページは2014年1月のリニューアルよりも以前に掲載していた内容です

食文化と豆知識

 

福井

ズワイガニや若狭カレイなど、特に冬の味覚に舌鼓

御食(みつけ)の国として、都に海の幸を献上してきた。特に京都の宮中で人気のあった鯖は、「へしこ」として加工し、鯖街道をへて運ばれた。嶺北では永平寺の影響で、精進料理などが発達した。ソースカツ丼や三国バーガーなどのB級グルメも人気。

福井県TOPページへ戻る

ニッポン食の歴史紀行

日本の食文化探訪 だし編

福井の食文化を探求する

  • 話題のB級グルメ

    福井を代表するB級グルメ!ソースカツ丼

    福井でカツ丼といえばソースカツ丼にこと。卵でとじたカツ丼はタマカツと呼ばれている。カツをソースにどっぷりつけて、ごはんのうえにのせるのが福井流。ソースカツ丼発祥の店は「ヨーロッパ軒」で、もとは東京にあったが、関東大震災で郷土福井に帰って再開したという。

  • 食材の魅力

    歴史ある福井の梅づくり

    福井の梅づくりの歴史は古く、天保年間に植えられた「平太夫梅」と「助太夫梅」に始まる。現在の“紅サシ”はこの助太夫梅と平太夫梅の混合種であり“剣先”は助太夫梅である」とされている。

    関連する料理・食材

PAGE TOP