このページは2014年1月のリニューアルよりも以前に掲載していた内容です

食文化と豆知識

 

広島

穏やかな気候と入り組んだ海岸線利用した、魚介類の養殖がさかん

瀬戸内海の入り組んだ海外線を利用して、カキの養殖や漁業が盛んである。また、観光客に人気の宮島の穴子めし、広島風お好み焼き、もみじまんじゅうなどが知られている。

広島県TOPページへ戻る

ニッポン食の歴史紀行

日本の食文化探訪 だし編

広島の食文化を探求する

  • 食材の魅力

    広島の牡蠣養殖の歴史は400年

    綺麗な海水で育った上品でコクのある美味さがギューっと凝縮された広島牡蠣。中でも「かき小町」は広島県で開発されたバイオ技術により生まれた大粒牡蠣で全国的に人気が高い。広島の牡蠣養殖の歴史は400年。かつては広島や東北などの産地から消費地まで輸送するのに時間がかかったため、日本ではカキの生食は産地以外では一般化しなかったが、武田信玄や頼山陽などがカキの愛好家だったらしい。日本人がカキを生で食べるようになったのは、欧米の食文化が流入した明治時代以降であり、生食文化が欧米から輸入された珍しい食材である。

  • あの名物の謎をひもとく

    お好み焼きはプロの仕事!

    関西風お好み焼きが一般的な家庭料理として普及している関西と比べると、広島におけるお好み焼きは「プロが焼くもの」「専門店で食べるもの」という要素が強い。関西風とちがって、様々な具材を使用するため分厚く火が通りにくいことやひっくり返すために広い鉄板や技術がいるため、お店でも最初から最後まで店員が焼いてくれるのだ。定番のおたふくソースは広島のメーカーでありお好み焼き店の開業を支援していることから利用している店が多いが、地場のカープソース(やや辛め)・サンフーズのミツワソース、センナリの広島ぢゃけん、三原市中間醸造のテングソースなどの他社製ソースを用いる店もあり、各店ののれんは使用しているソースのメーカー製であることが多いのでわかりやすい。

PAGE TOP