このページは2014年1月のリニューアルよりも以前に掲載していた内容です

食文化と豆知識

 

兵庫

最高級酒米の生産量は全国一位。酒造りや淡口しょうゆ、塩の製造も

明石の鯛、タコなど全国的に知られている特産品が多い。太平洋から鳴門海峡に流れる急流により、身の引き締まった魚介類が多く獲れる。また、降水量が少なく温暖な気候を利用して、小麦の栽培も盛んである。

兵庫県TOPページへ戻る

ニッポン食の歴史紀行

日本の食文化探訪 だし編

兵庫の食文化を探求する

  • あの名物の謎にせまる

    ソースではなくダシ汁で食べる!

    たこ焼の元となったと言われ江戸時代の終わりから食べられていたとされる。見た目はたこ焼と似ていてたこ焼より柔らかく、基本的に具はタコのみ。出汁につけて食べる。地元ではたまご焼きと呼ばれることもある。

  • 発祥の地ストーリー

    カツ丼ではなくカツめし

    昭和20~30年ころ、加古川駅前にあった「いろは食堂」という食堂から誕生したメニュー。ある日、ビーフカツレツをだす際にお皿が足りなくなり、それをひとつのお皿でご飯、ビーフカツレツを乗せたれをかけたことから、かつめしが誕生した。カツ丼と違って、丼ぶりではなくお皿で出てくるのが特徴。加古川周辺では約100店舗のお店で提供されている。

  • 食材の魅力

    標準時子午線と魚介類

    明石海峡は流れが複雑で、回転によってぶつかる流れが湧昇流となり、海の栄養分を海面近くに運んでいる。栄養が豊富なことから餌となるプランクトンが豊富で、鯛やイカナゴの稚魚が集まる。さらにスズキ・ハマチ・サワラと続く。また、流れが速いことから身のしまった極上品の魚介類が手に入る。

PAGE TOP