このページは2014年1月のリニューアルよりも以前に掲載していた内容です

食文化と豆知識

 

石川

関西や尾張の文化と結びつき、洗練された独自の加賀料理を確立

豊富な魚介類や山菜、野菜に高度な料理技術が加わり加賀料理が生まれた。伝統ある和菓子づくり、治部煮などの郷土料理、いしるなど、深みのある食文化を形成している。

石川県TOPページへ戻る

ニッポン食の歴史紀行

日本の食文化探訪 だし編

石川の食文化を探求する

    市場シリーズ

    観光客にも人気の近江町市場

    金沢市の中心部にある近江町市場(おうみちょういちば)は、地元客と観光客で常に賑わっている。市場内に数十店舗あり、新鮮な魚介類や野菜、生活雑貨まで購入できる。飲食店も多く、市場ならではの新鮮な食材を使った料理が楽しめる。

  • あの名物の謎にせまる

    色とりどりの和菓子、五色まんじゅう

    5種類の生菓子を詰め合わせたもので、金沢では婚礼時などの祝い菓子として知られている。慶長5(1600)年、2代将軍徳川秀忠の娘・珠姫が、3代加賀藩主・前田利常に輿入れしたときに、加賀藩の御用菓子屋の樫田吉蔵が、森羅万象を表す「日月山海里」をヒントに創作したといわれる。

PAGE TOP