このページは2014年1月のリニューアルよりも以前に掲載していた内容です

食文化と豆知識

 

京都

京料理の作法が、一般家庭の食事の慣習にも影響を及ぼす

平安京以来、宮中や公家社会の影響を受けた京料理。頂き物を一度、神仏に供えてから家の者が食べるという風習も京料理の作法の影響だ。各地から運ばれてきた後、京都盆地の気候・土壌に合い、根付いた独特の京野菜や、日本海の新鮮な魚介類など食材も豊富。祇園豆腐・ハモ料理など、歴史と四季を感じる食文化は人気が高い。

京都府TOPページへ戻る

ニッポン食の歴史紀行

日本の食文化探訪 だし編

京都の食文化を探求する

  • 郷土料理

    年越しそばの定番 にしんそば

    丹波地方でそば作りが盛んだったため京都ではよくそばが食べられる。特にニシンそばは幕末に生み出されたものであり、古くから京都にあった惣菜である「ニシン昆布」に発想を得ている。大阪と同じく京都ではうどんの方が好まれる傾向にあるが、大阪のようにそば屋がうどんを提供することは極めて稀である。

  • 発祥の地ストーリー

    京都の銘菓「八つ橋」

    母に会いに川を渡った兄弟が溺れ死に、悲しんだ母親が八つの材木で橋を作ったという「三河国八つ橋」という故事に感動した店主が、この故事を広めようと橋の形を模したお菓子を焼いたのが始まり。それ以外に江戸時代の琴の名人八橋検校のお墓参りに来る人向けに,参道の茶屋で琴の形に似せた干し菓子を出したのが始まりという説もある。元々八つ橋は焼き菓子で、普段皆さんが思い浮かべる柔らかい八つ橋は生八つ橋。

  • 食材の魅力

    守り育てられた伝統の味「京野菜 」

    京野菜とは、京都府内でつくられた伝統野菜とブランド野菜を総称した約40種類の野菜の総称である。京は、海から離れた土地柄で、新鮮な魚介類に恵まれなかった為、野菜類の栽培に積極的であった。また多くの寺社の精進料理が発達したため、味わい深い野菜が地元で育成され続けたのも京野菜が美味しくなった理由のひとつとされている。

PAGE TOP