このページは2014年1月のリニューアルよりも以前に掲載していた内容です

食文化と豆知識

 

宮城

東北地方の経済・文化の要の地は、ブランド食材や、海山の郷土料理も多彩

江戸時代に伊達政宗は兵士の食料としてこめや大豆の加工品の味噌や凍豆腐の生産を奨励した。農業と水産業がさかんで、農業では米作、現在では特にひとめぼれの栽培が盛んである。水産業においては格好の漁業基地であるリアス式海岸を有するため発達した。更に養殖も盛んで、養殖場の環境づくりのために林業にも力を入れていることが知られている。

宮城県TOPページへ戻る

ニッポン食の歴史紀行

日本の食文化探訪 だし編

宮城の食文化を探求する

  • 塩釜の寿司

    ○○で有名な街~宮城編~

    寿司の街 塩釜

    宮城県塩竈市はマグロの水揚げ高の多さと蒲鉾などの魚肉練り製品の生産で有名。海の幸に恵まれた塩釜では、寿司屋が多く、1 km2あたりの寿司屋店舗数、人口あたりの寿司屋店舗数ともに日本一多いそう。米どころのシャリと、海の幸がそろう塩釜は寿司好きに人気の街

  • あの名物の謎をひもとく

    伊達政宗も大好きだった?ずんだ餅。

    ずんだは緑色の大豆をすりつぶして作る緑色のペーストのこと。ずんだの名前は枝豆をうつ豆打(ずだ)がなまってずんだとなったといわれている。その昔、仙台藩主の伊達政宗が藩内の農地開墾の巡視のさいに、村で差し出された餅をいたく気に入り仙台藩豆打餅と名づけたという話も伝えられてる。

  • あの名物の謎をひもとく

    笹かまはどうして笹の形?

    竹や笹は古来より生々発展のイメージを持ち、瑞々しくゆかしいものとして愛されてきた。広い漁場を有し、平目や鯛などが豊富に獲れた仙台で、明治の初めひらめの大漁が続き、保存と利用のためにすり身にして手の平で叩き、笹の葉の形にして焼いたものが笹かまぼこのルーツといわれている。

PAGE TOP