このページは2014年1月のリニューアルよりも以前に掲載していた内容です

食文化と豆知識

 

宮崎

自然に恵まれ、素材を活かした料理が発達

温暖な気候に恵まれ、農業と畜産業が盛ん。自然の食べ物に恵まれていたので、地鶏や冷汁など素材の味を活かした素朴な料理が発達した。

宮崎県TOPページへ戻る

ニッポン食の歴史紀行

日本の食文化探訪 だし編

宮崎の食文化を探求する

  • あの名物の謎をひもとく

    チキン南蛮の最初の味付けは甘酢だけだった!

    サクッと揚がった鶏の胸肉に、クセになる甘酢とこってりタルタルソースがたまらないチキン南蛮。宮崎ではどの家庭でも食卓に上がるソウルフードで、タルタルソースは地元スーパーなどでチキン南蛮専用のものも販売されている。たれやタルタルソースは、各お店や家庭の味となる大切な要素なのである。そのタルタルソースの掛かったチキン南蛮が延岡市の洋食店「おぐら」に登場したのは、1965年。一方、チキン南蛮の発祥とされる大衆食堂「直ちゃん」のチキン南蛮は1964年に誕生。直ちゃんのチキン南蛮はその名の通り衣を付けて揚げた鶏肉を甘酢にさっと浸しただけのものであった。延岡市では2009年に、「直ちゃん」と「株式会社おぐら」の関係者や料理研究家などによる「チキン南蛮発祥の地宣言シンポジウム」を開催している。

  • 話題のB級グルメ

    形・味の進化を続ける必食B級グルメ

    1992年、西橘通りの居酒屋で賄い料理として出されていたものを商品化したというのは既に有名な話。現在では一躍有名になったが、発売当初から現在に至るまでに様々な努力と工夫が込められている。まずその形だが、誕生した当初三角形だったおにぎりを食べやすさを追求して俵型に変更。また、添えられる野菜には肉とタレの味を更に美味しくするという使命があるものの、野菜の種類や形状によって苦味が出たり彩りが悪くなったりという問題が多発。そこで、元祖にくまき本舗では焼肉店でも使用されているサンチュを採用するようになった。味のレパートリーも醤油のほかにチーズやコチュジャン、塩など増え続けており、今後益々の進化が期待できそうだ。

PAGE TOP