このページは2014年1月のリニューアルよりも以前に掲載していた内容です

食文化と豆知識

 

長野

野沢菜や凍り豆腐などの保存食や、昆虫類の佃煮も有名

代表的な高原地方で、地形の高低による気温差、日照時間の長さなどで、レタス、白菜、リンゴなどの野菜や果物の生産が盛ん。味噌料理や野菜の漬物など加工品が多いほか、昆虫食の文化もあった。

長野県TOPページへ戻る

ニッポン食の歴史紀行

日本の食文化探訪 だし編

長野の食文化を探求する

  • ところかわれば

    ざざむし、食べたことありますか?

    かわげら、とびげらなど水生昆虫の幼虫で、食用となるものの総称。天竜川時上流の伊那地方で漁が行われる。たんぱく質、カルシウム、鉄分が豊富。最近の人は食べないという話もあるが、海のない長野では虫も貴重な蛋白源であり、これ以外にもイナゴや蜂の子が有名。

  • 食材の魅力

    長野県を中心に生産されていて、味噌の全国生産量の約30%を占める米味噌。淡色辛口の米味噌に分類され、山吹色を呈し、光沢がある冴えた色で、やや酸味があり、特有の香気・風味をもっている。大手の味噌製造会社の本社・工場が長野県に集中している。

PAGE TOP