このページは2014年1月のリニューアルよりも以前に掲載していた内容です

食文化と豆知識

 

長崎

中国やオランダなどの食文化の影響大!鯨料理や、壱岐牛の飼育も

鎖国時代も海外との交流があったおかげで、舶来の料理を日本でアレンジしたメニューが数多くある。ちゃんぽん、卓袱料理、トルコライスなど長崎ならではのオリジナリティ溢れる多彩な料理が魅力。

長崎県TOPページへ戻る

ニッポン食の歴史紀行

日本の食文化探訪 だし編

長崎の食文化を探求する

  • 食のルーツをたどる

    大皿でみんなでわいわい!卓袱料理

    大皿に盛られたコース料理を、円卓を囲んで味わう形式をもつ宴会料理の一種。長崎は江戸時代、唐人屋敷が整備されるまでは中国人と日本人が市中に雑居しており、互いに招きあい、食事をする機会も多かったと考えられている。1つの大皿を囲む食事は今では違和感のない形式だが、当時の日本ではひとりひとりに膳が出されるのが普通。さぞや珍しかったことだろう。異文化交流が一歩進んでいた長崎の文化を感じながら楽しみたい料理だ。

  • 話題のB級グルメ

    ご当地バーガーの火付け役 佐世保バーガー

    今や全国区の佐世保バーガー。一つの決まったスタイルが存在するのではなく「佐世保で」「手作りで」「作りおきしない」にこだわったハンバーガーのことを指す。佐世保市内には手作りハンバーガーのお店が20店舗以上あり、バーガーボーイと名づけられたやなせたかし作のキャラクターも誕生。近年ブームのご当地バーガーの火付け役としてもはや全国区であるが、「手作り」で「作りおきしない」ということが美味しいもの作りの基本だということを改めて教えてくれたハンバーガーである

PAGE TOP