このページは2014年1月のリニューアルよりも以前に掲載していた内容です

食文化と豆知識

 

埼玉

春は山菜、秋はキノコ類と意外な一面も。意外な名物料理も多い

年間通じて晴れの日が多く、平野も広いため、野菜の栽培が盛ん。もともと水田が少なかったため、コメよりも、うどんやサツマイモを食べる文化が育まれた。加瀬のうどん、川越いも、草加せんべいなどの名物がある一方、近年はゼリーフライやすったてなどご当地B級グルメが盛り上っている。

埼玉県TOPページへ戻る

ニッポン食の歴史紀行

日本の食文化探訪 だし編

埼玉の食文化を探求する

  • 食材の魅力

    江戸庶民に愛された「川越のさつまいも」

    江戸時代の天明や天保の飢饉で、庶民の生活を救ったのがサツマイモ。江戸には、新河岸川の舟運で運ばれ、陸路を使うより短時間で運ぶことができたため、新鮮で味もよく評判になった。焼き芋にするサツマイモも川越からのものが多く、広く江戸庶民に愛された。今でもその名残から、サツマイモをつかったスイーツなど江戸情緒あふれるお菓子が販売されている。

  • あの名物の謎をひもとく

    埼玉を代表するB級グルメ

    ゼリーフライは、もともと日露戦争の時に中国から伝わった野菜まんじゅうがルーツ。おからに、じゃがいや長ネギなどを入れて、衣をつけずに、油で揚げ、ソースにくぐらせたコロッケのようなもの。昭和のはじめ頃、行田にたくさんあった足袋工場で働く、女工さんのおやつとして人気があったそう。フライの名前はフライパンで焼くからフライと呼ぶ説と、布の産地だったことからの布来(ふらい)という説があるそう。

  • お菓子の街~川越~

    小江戸 川越はお菓子屋さんがいっぱい

    川越には菓子屋横丁と呼ばれる昔ながらの町並みが残る。色とりどりのガラスが散りばめられた石畳の通りには30軒ほどのお菓子屋が並んでる。歩いていると焼き団子の香りが漂ってきてついお店の中へと誘われる。店内には昔なつかしい駄菓子がたくさんありノスタルジックな雰囲気に包まれる。

PAGE TOP