はこねせいろくみしまやさい|静岡県

箱根西麓三島野菜

首都圏の飲食店でも使われている人気の高級野菜ブランド

概要

唱歌、箱根八里で天下の険と歌われている箱根山。その西側斜面、標高50メートル以上の三島市三島坂地区周辺、田方郡函南町周辺で栽培されている野菜が、箱根西麓三島野菜である。
箱根山の西麓は、関東ローム層の赤土でミネラル分が豊富な保肥性に優れた土壌に加え、冷涼な気候、水はけのよい傾斜地、南西向きの日当たりのよさで、古くから野菜作りに優れた土地で、大根やごぼう、馬鈴薯(ばれいしょ)、さといもなどの根野菜を中心に栽培されてきた。特ににんじん栽培は、鎌倉時代中期に導入され、精進料理の材料として鎌倉や小田原に送られ、現在でも箱根人参として有名である。
また、やわらかい火山灰土壌を利用し、手掘りで収穫する三島馬鈴薯は、形と味の良さから全国の青果市場において日本一の価格で取引されており、現在では三島市のご当地B級グルメ 三島コロッケの材料としても有名である。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 静岡県伊豆三島・沼津
別名 ハコネセイロクヤサイ
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP