きんせいすい|茨城県

金性水

名水百選の水が活きた奥久慈の地酒

概要

八つの谷に、八つに別れて流れ落ちる山水を見た弘法大師が名付けたと言われる「八溝の峰」。そこから湧き出る「八溝五水(金性水・鉄水・龍毛水・白毛水・銀性水)」は水戸光圀公が命名したといわれ、特に金性水を好んで飲んだという。その金性水と同じ名前を持つ酒が、河北酒造が醸した“金性水”。きりっとした飲み口の辛口淡麗のお酒で、水の良さを活かした味が楽しめる。奥久慈地方を訪れた際には、ぜひ味わってみてもらいたい。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 茨城県日立・高萩・奥久慈
別名 珂北酒造の地酒
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP