べにざけいずし|青森県

紅鮭飯寿し

津軽の自然の恵みと、北国の知恵が生み出した結晶

概要

飯寿しとは北国の港町に伝承される保存食で、なれずしの一種。新鮮な魚を米麹と野菜で漬けこみ、乳酸発酵させることで、魚本来のおいしさをそのままに保存できると考えられたのが始まり。かつては各家庭で作られ、お正月などに欠かせない郷土料理のひとつです。
津軽地方では麹と酢で漬けるのが主流ですが、この飯寿しは青森県産のもち米と醸造酒を使用しています。もち米を使うことで、よりまろやかな口当たりに仕上がっています。
お米の甘みが魚の旨味を増して、お酢の酸味がさっぱりとした後味で、おかずや酒の肴にぴったりな味わいです。
鮭のほか、にしん、さんま、にしん、はたはた、山菜、たけのこなど、地元で取れる食材でも作られます。

基本情報

ジャンル お土産
地域 青森県下北半島・大間・恐山青森市周辺津軽八戸弘前十和田・奥入瀬白神山地
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP