ほんじょうぞうくらこひやおろし|青森県

本醸造 蔵子 ひやおろし

手造りにこだわる六花酒造の創業時から親しまれる伝統のブランド

概要

昭和47年(1972年)に弘前の3つの名門蔵元「白藤」「白梅」「一洋」が合併し誕生した六花酒造。その中のひとつ「白梅」の時代から製造される、歴史と伝統あるブランド“蔵子”。厳選された青森県産米のむつほまれと、白神山系地下伏流水を原料に醸造される、濃醇な甘口でやわらかな味わいの本醸造原酒です。
その“蔵子”を火入れ後、酒蔵でひと夏じっくりと寝かせたものが「冷卸(ひやおろし)」です。ひやおろしとは、冬に醸造された新酒の鮮度を保つため、春先に加熱殺菌し貯蔵。蔵と外気の温度が同じくらいになったころ出荷される昔ながらの保存方法。寝かせることで、お酒の香りが増す上に、やわらかな飲み口に磨きがかかり、まろやかでとろりと熟成されたお酒に仕上がります。常温、または熱燗で飲むのがおすすめです。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 青森県弘前
1月 2月 9月 10月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP