しみずまぐろ|静岡県

清水マグロ

日本で消費されるマグロの50%が水揚げされる静岡県清水地区

概要

静岡県中部にあるかつての清水市、現在の静岡市清水区は、日本三大美港のひとつ清水港を有する港町である。その清水の名物といえば“マグロ”。日本で消費されるマグロの約半分は清水港で揚がっているといわれ、マグロの水揚げ量で日本有数を誇っている。また静岡市民1世帯あたりのマグロの年間購入金額・購入量も、全国平均数値の約2倍と高く、マグロと繋がりが深い地域といえる。
清水港で行われる清水魚市場には、年間100万人以上が訪れ、活気に満ち溢れた店内では、地元ならではの価格でまぐろを購入できる。
2012年には清水港で水揚げされた新鮮な魚介が食べられる飲食店が立ち並ぶ「まぐろ館」もオープンし、観光客の舌を楽しませているようだ。
また、マグロの油漬けでのツナ缶は清水が発祥の地であり、現在でも清水港の周辺には、マグロを保存するための倉庫や加工工場が多い。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 静岡県静岡市・清水・焼津
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP