はぐろめんよう|山形県

羽黒緬羊

たった一人の生産者が守り続ける高級食材

概要

鶴岡市羽黒地区での食肉用羊の飼育は、昭和50年から始まる。夏は晴天に恵まれる土地ながら、冬は積雪量の多い月山高原で育てられる羽黒緬羊(はぐろめんよう)は、需要がなかなか伸びず、現在は鶴岡市羽黒町の丸山光平さんが唯一の生産者となっている。しかし、庄内のシェフの努力により、高級食材として徐々に注目され始め、都内のレストランにも出荷されるようになってきた。
庄内の名産物のひとつ、だだちゃ豆のさやがエサとして与えられた羽黒緬羊の肉はやわらかく、ステーキで食べるのもおすすめだそうだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山形県庄内鶴岡酒田新庄山形市・蔵王・天童米沢
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP