さかいみなとのせこがに|鳥取県

境港のセコガニ

希少な松葉ガニのメス セコガニは、地元の人なら定番の食材

概要

松葉ガニの水揚げは毎年解禁日があり11月6日~3月下旬の期間限定で、山陰地方の、島根県、鳥取県、兵庫県、京都府などの、境港(さかいみなと)、浜坂港(はまさか)、香住港(かすみ)、津居山港(城崎:きのさき)、柴山港(しばやま)、浅茂川港(あさもがわ)、間人港(たいざ)、宮津港(みやづ)、舞鶴港(まいづる)などの漁港で毎年水揚げされる松葉ガニ。
その松葉ガニのメスは、小さく痛みやすいことから長らく漁港の近くの地元の方しか口にしないものだった。
しかし、その卵と蟹味噌のもつ独特の食感やコクのある味わいはクセなると地元の方は言う。
卵巣部である内子(うちこ)は、鮮やかなオレンジ色をしており、歯ごたえもよく、コクがあってとてもまろやかな味わい。
一方の外子は、おなかの外側にある卵で、プチプチとした食感がやみつきになる珍味だ。
地元の方は、この味わい深いセコガニをカニ汁にして食すことが多い。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 鳥取県米子・大山・境港
別名 こっぺがに せいこがに こうばこ(香箱)
1月 2月 3月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP