ちぢみな|山形県

ちぢみ菜

酒田の在来野菜で、かつお菜と共に春を告げる野菜として知られる

概要

酒田市亀ヶ崎地区で育つ「ちぢみ菜」は、一般に栽培されている「ちぢみ菜」とは違いだいこんの葉のようにギザギザの切れ目が入っているのが特徴だ。その味わいも青野菜独特のクセがなく、ほのかな甘味が特徴で、さっと湯がいておひたしにしたり、そのままドレッシングなどをかけて楽しむ人が多い。
冬の寒い期間を露地で育てることにより、一層甘味が増すということで、一部の栽培農家の間では昔ながらの路地栽培にこだわっており、地元住民の貴重なビタミン源であり、春を告げる野菜という昔ながらの姿を今に伝えているのだ。
その採種や労力の問題が多いことから、栽培農家が減っているが、「地域で昔から栽培されていた伝統野菜を自分たちの代で絶やすわけにはいかない。この素晴らしい遺産を後世にも伝えていかなければならない」と意気込む地元の方が、今もその味を守っている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山形県庄内鶴岡酒田新庄山形市・蔵王・天童米沢
3月 4月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP