さくらます|山形県

サクラマス

庄内に待ちわびた春を告げる魚

概要

庄内に春の訪れを告げる魚、サクラマス。昔から春のお祭りのご馳走に欠かせない魚である。実はヤマメと同じ魚であることを知っている人は少ない。
その美しい名前のとおり、春先にその身体を桜色に染めて川を上ってくる。産卵のためだ。
サクラマスは川で孵化して成長とともに海へと下り、オホーツク海や日本海を回遊した後、産卵のため川へと再び戻ってくる降海型。一方、ヤマメは海には下らないずに一生を川で終える陸封型である。同じ種でありながらその環境によって大きさや形、名前までも全く違ってくるのが面白い。

毎年4月1日から5月31日まで漁が行われる最上川河口周辺でも特に、酒田市新堀地区で獲れる川マスの味は格別だ。なぜなら、雪解け水で溢れ濁った最上川を遡ってくるサクラマスは海にいるサクラマスに比べて身が締まり脂がのってくる。河口から新堀地区辺りにやって来た頃が、身の締まり加減が一番よく美味。

昔はたくさん獲れたという川マスだが、近年は降雪量が少なくなったこと、田植の取水時期が早まったことなどよって、5月に入ると最上川の水位が下がって澄んでくるため、濁り水を好む川マスは遡上しなくなり、その漁獲量が減っている。
庄内に待ちわびた春を告げる魚、それがサクラマスだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山形県庄内鶴岡酒田新庄山形市・蔵王・天童米沢
4月 5月 6月
住所 山形県山形県_全域
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP