きらりぼし|山形県

キラリボシ

庄内生まれ!新品種の菜の花

概要

東北農業研究センター(岩手県盛岡市)が開発した新品種の菜の花で、他の菜の花と比べて色が濃く、甘味が強いのが特徴である。

毎年9月中旬に種を蒔き、発芽した苗を10月下旬からハウス栽培用と露地栽培用に分けて植え付け、翌年2月にハウス栽培から収穫を始める。収穫出来る大きさまで成長すると、ハウス栽培と露地栽培とでは味だけでなく見た目にも違いが現れる。ハウス栽培は露地より気温の高いビニルハウスで冬を過ごすため、葉脈の間隔が粗くなるが、露地栽培では寒い冬を雪の下で過ごすので、葉脈の間隔がギュッと詰まって細かく、甘味や栄養価が高くなるのである。
一方、ハウス栽培の特徴は、歯触りが柔らかく、露地よりも出荷が2ヶ月ほど早いことだ。

地元では、新たな楽しみ方を模索中で、地域内のレストランや学校給食などに積極的に取り入れられている。
今後の躍進が楽しみな食材だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山形県庄内鶴岡酒田新庄山形市・蔵王・天童米沢
別名 菜の花
2月 3月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP